2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

観客のウケより賞狙いの映画

1 :名無シネマさん:2008/03/10(月) 00:09:02 ID:UKoCkeqz
とにかく重い。まったく面白くない。見ると鬱になる。

2 :名無シネマさん:2008/03/10(月) 00:15:01 ID:afm/kycR

/ ̄ ̄ ̄\
|..        |  ウフ
|:::: ●) ●)|   春になったらね、しんじゃおっかな〜
ヽ:::::::.....∀....ノ
.O^ソ⌒とヽ      
.(_(_ノ、_ソ"キュム

3 :名無シネマさん:2008/03/10(月) 00:23:32 ID:UuqTuC3O
シンドラーのリストはガチ

4 :名無シネマさん:2008/03/10(月) 00:28:16 ID:U/J0QTtC
>>1
>まったく面白くない。見ると鬱になる。
そこはお前個人の感想だろ。
お前の知性の薄弱さから賞狙いだと思い込んでる映画でも
好きで観る観客はいるんだから。

あと、クソスレ立てるな。
これ一番重要な。

5 :名無シネマさん:2008/03/10(月) 00:29:05 ID:m0rApp6T
【中国】映画少林サッカー主演女優などスター三人、無修正写真流出「セックス?スキャンダル」

02-09?冠希裸照事件最新?[?思慧]-37P-
http://car.idol-photo.com/page97.php?tid=13/2008-2-9/63187_2.shtml
http://car.idol-photo.com/page97.php?tid=13/2008-2-9/63187_1.shtml
http://car.idol-photo.com/page97.php?tid=/13/2008-2-9/63187.shtml

02-09?冠希裸照事件最新?[梁雨恩]-40P-
http://car.idol-photo.com/page97.php?tid=13/2008-2-9/63186_2.shtml

02-09?冠希裸照事件最新?[??思]-10P-
http://car.idol-photo.com/page97.php?tid=/13/2008-2-9/63185.shtml

6 :名無シネマさん:2008/03/10(月) 01:15:42 ID:UKoCkeqz
>>4
おもしろいカキコありがとねーー!

7 :名無シネマさん:2008/03/10(月) 01:18:03 ID:QBESDMvy
有名女優のわれめ公開中と聞いて飛んできました

8 :名無シネマさん:2008/03/10(月) 02:11:10 ID:8/gNQazM
観客のウケ狙い映画w
と馬鹿にするなら
賞狙いの映画w
と馬鹿にしてもいいと思う

9 :名無シネマさん:2008/03/10(月) 02:15:14 ID:kdXrfekM
>>1
IDがもう少しでうんこ

10 :名無シネマさん:2008/03/10(月) 12:04:08 ID:Oqzv7ClN
21gとかBABEL、ミスティックリバーとか?
観たら凹む系の映画が好きな人は確かにいるが。

『観ると鬱になる』系スレでよく名前があがってる作品は確かに何か賞もらったり名作と呼ばれてたりはする。

11 :名無シネマさん:2008/03/10(月) 18:26:15 ID:5dej6ebs
賞もらって作品がビッグになったら、DVDの売り上げにも影響する
ということかな・・・

12 :名無シネマさん:2008/03/10(月) 19:13:21 ID:9INQgvL+
為替さんとか…

13 :名無シネマさん:2008/03/10(月) 19:45:36 ID:kUvLlTn1
>>8
それには同意

14 :名無シネマさん:2008/03/10(月) 20:10:23 ID:iN2fESIU
手段と目的が逆になってるような・・・

15 :名無シネマさん:2008/03/11(火) 21:13:52 ID:N/r2twWq
>>6
もっとまともな反論も出来ないのか
そのカキコがお前の知性の薄弱さを証明しているな

16 :名無シネマさん:2008/03/12(水) 02:18:04 ID:V+3cTqqD
「クラッシュ」みたいなのもそんな感じかな。今時どうして人種差別なのかと。

17 :名無シネマさん:2008/03/12(水) 02:42:26 ID:tDqANKXY
茶の味ってどうなの

18 :名無シネマさん:2008/03/12(水) 02:49:54 ID:1OJlXId4
>>16
16 名無シネマさん [] Date:2008/03/12(水) 02:18:04  ID:V+3cTqqD Be:
    「クラッシュ」みたいなのもそんな感じかな。今時どうして人種差別なのかと。






嘲笑

19 :名無シネマさん:2008/03/12(水) 10:37:21 ID:VWTRDdj+
今だからこそ、人種差別がテーマになるんでしょ

20 :名無シネマさん:2008/03/12(水) 10:40:20 ID:Lov/AvO6
芸術映画しか思いつかない。

21 :名無シネマさん:2008/03/12(水) 11:22:02 ID:XAlxPKNU
観たことないが「バベル」

22 :名無シネマさん:2008/03/12(水) 14:51:49 ID:aczjtYZ/
>>1
そういう映画好きなやついくらでもいるだろーが
お前の頭の中はハリウッドか

23 :名無シネマさん:2008/03/12(水) 15:06:50 ID:SOLnB995
まあ関係者的には「賞狙いで何が悪い」ってことなんだろう。何でバカな大衆
に媚びなきゃいけないみたいな。

24 :名無シネマさん:2008/03/12(水) 16:43:02 ID:EfZ+QTFT
しょうですね

25 :名無シネマさん:2008/03/12(水) 17:31:33 ID:m5nOxueB
内輪ウケのオナニー映画はたくさんあるな

26 :名無シネマさん:2008/03/12(水) 18:59:46 ID:y/vutTLc
そもそもアメリカじゃあ映画って割と卑俗な文化だと思われてる部分もあるんだよね。
確かに一部には本格的に芸術指向の映画ってのもあるんだけど、
ほとんどの映画は大衆向けの娯楽にすぎない。
で、ここで言う「賞」ってのは何なのか。
アカデミー賞とかは「いかに大衆向け娯楽として高品質か」みたいなモンじゃないの?
今は多少ズレてきてる気もするけど、本来はそうだろう。
だから客を楽しませることを目標とするなら、
賞狙いの姿勢ってのも別に間違いではないと思うな。

27 :名無シネマさん:2008/03/13(木) 00:09:07 ID:GwYce8pK
>>15
お前の得意の豆知識で>>1にとどめを刺してやれw

28 :名無シネマさん:2008/03/13(木) 02:32:06 ID:6WsGh9cx
>>26
アカデミー賞は確かにそういう部分では
他の映画賞より大衆的ではあるな


29 :名無シネマさん:2008/03/15(土) 01:01:14 ID:13wqVAhk
欝って病気のことで気分を表す言葉じゃない。
欝になるって、お前は映画を観ただけで鬱病になるのかっていう。

30 :名無シネマさん:2008/03/15(土) 16:37:54 ID:+8u/Jwp9
>>26
今は知らないが、むかしは文学作品を映画化したりするとよく批判されたらしいな。
映画は低俗だとか、本来の良さが消えるとかって。
昔の作品についてアメリカでのいろんな批評を見てると、
日本でいう漫画に近い部分もあったんじゃないかなと思う…。

31 :名無シネマさん:2008/03/15(土) 20:40:06 ID:cO6/lOMd
>>29
まだ納得できないわけかw 応援してるぞ。

32 :名無シネマさん:2008/03/15(土) 22:14:24 ID:13wqVAhk
>>1の言うことも場合によると思うよ。
海猿がニューヨークで上映された時には客に笑われたらしいけど。
逆に日本のど田舎の映画館とかでは客が多いんだろうしな。

33 :名無シネマさん:2008/03/16(日) 10:15:16 ID:95GwNxfe
この板にしろレビューサイトにしろ、>>1みたいなアホが多いね。
わからなくていいから黙ってろと思う。

34 :名無シネマさん:2008/03/16(日) 10:23:05 ID:KU2eZC91
頭の良い人間だけ映画を見れば良いって思ってんだよな。

35 :名無シネマさん:2008/03/16(日) 10:25:28 ID:KU2eZC91
何かつまんない映画作っておいて、わからない奴はアホだと。

36 :名無シネマさん:2008/03/16(日) 10:26:20 ID:KU2eZC91
映画作りって楽でいいなw

37 :名無シネマさん:2008/03/16(日) 10:35:57 ID:urygkjFh
確かに TVならつまんなきゃ直接視聴率に反映する
映画だと 芸術が理解できないバカは見なくていいから って開き直れる

38 :名無シネマさん:2008/03/16(日) 18:10:42 ID:hu+GM/tu
だから芸術家気取りのアホが多いんだよ

39 :名無シネマさん:2008/03/16(日) 23:47:59 ID:MtXFluix
実際に高く評価されてるアート系映画に比べて、
お前ら素人が何を言ってもな。

40 :名無シネマさん:2008/03/17(月) 06:34:38 ID:d8m171MH
他人の評価でその映画の評価を決めてるお前が何を言ってもな

41 :名無シネマさん:2008/03/17(月) 13:46:59 ID:FAGjYJoD

長年、映画界から遠ざかっていた監督や俳優が久しぶりに出る映画。



42 :名無シネマさん:2008/03/17(月) 22:28:04 ID:m/fQx6Dq
>>40
自分の狭い見識だけで偉そうに抜かす奴がよく言うよ。
厨はマイケル・ベイの映画でも観てろ。

43 :名無シネマさん:2008/03/18(火) 11:49:16 ID:of+xujYt
日本人は専門家じゃないと批評してはいけない風潮があって
(逆に言えば専門家が評価すればどんなものも評価されるという・・)
何か批判すればすぐ
「素人のくせに偉そうに・・・」
「そんな事いうならお前が同じ物作ってみろ」
という反論になってない反論が帰って来る。

>>42
大切なのは広い見識ではなく深い見識だ。広い見識を持っていても
浅いものなら意味がない。


44 :名無シネマさん:2008/03/18(火) 22:25:10 ID:u4t6GQiz
だけど大抵、色々観てる人は深い作品を好むよね。
知識が無い人間に限ってくだらないものばかり褒めたりするんだよ。

専門家じゃないとって、だからってスナック菓子片手に
ヘラヘラ笑いながら娯楽映画ばかり観てるような素人の
批評なんか当てにならないだろ。
大体、アート系映画を観ると「退屈」「途中で寝た」だけだからな。

45 :名無シネマさん:2008/03/18(火) 23:27:30 ID:AUKDzMm7
たかが映画なのにアートとか言われても…って気持ちも分かるけどさ、
そういうのがあったっていいじゃないか。何を求めるのかは人それぞれだし。

46 :名無シネマさん:2008/03/19(水) 04:08:18 ID:2Qd1WBzC
>>44
「深い作品」なんて曖昧な表現使うのはその映画を対して理解してない証拠だろ
人生について語ってりゃ深いのか?じじいが主人公なら深いのか?
思想や哲学語ってりゃ深いのか?本編よりパンフが分厚けりゃ深いのか?
台詞が少なく顔面アップで表情をたくさんとって、観客に「空気読め」って言ってりゃ深いのか?
「深い作品」なんてどこが良いのかよくわからないが雰囲気が好き☆って奴が使う表現だろ

>>45
むしろアート映画を批判するのは映画に人生哲学だの感動だの
複雑な人間描写だの社会批判だのを求める「深い作品が好きな人」だよ
映像芸術としての映画を「中身の無い映像だけの映画」と簡単に切り捨てる

47 :名無シネマさん:2008/03/19(水) 05:04:10 ID:/Z3qttH8
>>46
中二病って保険おりないんだっけ?

48 :名無シネマさん:2008/03/19(水) 07:06:38 ID:GNPKkkHx
( ゚д゚)………

49 :名無シネマさん:2008/03/19(水) 11:02:37 ID:kI5WPuER
>>46みたいな奴ってたいして映画好きじゃないだろうな。

50 :名無シネマさん:2008/03/19(水) 11:04:52 ID:mzdcX2Ml
かつて日本が大東亜戦争中、「同じ仏教国だから」という
理由だけで羊毛を送ってくれたのがチベットです。
チベットは一貫して中立を守り、日本との国交は変わらず続けられていました。
当時の日支戦線において、支那はアメリカから武器弾薬等をビルマ経由で輸入していましたが、
このルートが日本軍によって絶たれた後、
連合軍側はヒマラヤ越えのチベット・ルートを開こうとたしました。
しかし、先代のダライ・ラマ13世はあくまでも中立を貫き、アメリカ大統領特使の強硬なた
要求にも断じて応じませんでした。
日本との国交を継続していたチベットは、
なんと国際舞台で「敗戦国扱い」をされるようになってしまいました。

それが支那の共産党につけこまれ
みなさんもよくご存知の現在のチベットの状況につながっています。
そして今、中国共産党政府による凄まじいチベット人弾圧が続いています。
日本人としてチベットの人たちに出来ることは何でしょうか?
今こそ我々日本人はチベットの人たちに恩返しする時です。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
http://www.tibethouse.jp/support/index.html

まずは1000円でもいいから寄付しましょう。
まずは今すぐ出来ることから!

中国政府による武力弾圧の犠牲者(ショッキング注意)
http://www.tchrd.org/press/2008/pr20080318c.html


51 :名無シネマさん:2008/03/20(木) 04:32:18 ID:kDbGcLtq
論破されてどうしようもなくなると、>>49みたいなことを言い出すw

52 :名無シネマさん:2008/03/20(木) 04:39:50 ID:tIii9ryN
映画は鏡

53 :名無シネマさん:2008/03/20(木) 05:04:20 ID:Sfu0WgIx
ジェーン・フォンダが親父のオスカーの為に作った映画ってなんだっけ。
いや、ぐぐれば出てくるけどマンドクサ。

54 :名無シネマさん:2008/03/20(木) 07:43:49 ID:Z92h57VL
「深い映画でした☆」と言う奴ってどこがどういいのか
具体的に言わないよね

55 :名無シネマさん:2008/03/20(木) 09:06:13 ID:ml8HH73A
最近の北野作品にはがっかり

56 :名無シネマさん:2008/03/20(木) 17:22:54 ID:vLuFaRhP
>>51
意味不明な長文書くだけで論破とか言えるなんてよっぽどアホですね。

戦争映画でも、ウインドトーカーズみたいな戦争、差別肯定の映画を観て
戦争が悪いどうこう言ってるような奴らだからな、お前らアホなミーハーは。

57 :名無シネマさん:2008/03/21(金) 00:47:10 ID:/33Ov2uc
見たことないけど

「アミスタッド」

58 :名無シネマさん:2008/03/21(金) 03:31:43 ID:IVWivILO
>>56
ならもっとましな反論すれば?
深い作品とは何?
映画に人生哲学だの感動だの
複雑な人間描写だの社会批判だのを求める「深い作品が好きな人」が
映像芸術としての映画を「中身の無い映像だけの映画」と簡単に切り捨てる
事についてはどう考えてるの?


59 :名無シネマさん:2008/03/21(金) 16:56:36 ID:XlSUeK8I
>>58
どの映画を言ってるのかわからないからかなりあれだが。
そもそも名作で映像だけは良くて内容はスカスカなんてのも
観たことがない。

60 :名無シネマさん:2008/03/21(金) 18:10:56 ID:IYse6elN
論点はそこじゃなくね?

61 :名無シネマさん:2008/03/23(日) 01:09:19 ID:VEcrzalH
>>59
その言わんとしてることは良くわかるが、それなら「ゴッドファーザー」って
あれ何を言おうとしてる映画なの? マフィアの抗争を描いただけで深い
テーマなんて無いけど名画だと思うが。

62 :名無シネマさん:2008/03/23(日) 09:54:38 ID:k05JEWrW
>>61
そんな質問した所でどうせ
感じ方は人それぞれ〜とか言われておしまいだと思う。

ていうか賞狙いって難しくね?
結局はその映画を見た人(観客)がその映画にふさわしい賞を決めるわけだけど、
賞狙いということはそれを判断する人(見る人)に受けるよう作るわけだから
結局は観客狙いになるんじゃないのか?
ただ、どの観客の受け(審査員なのか一般大衆なのか)を狙うかどうか、
というだけなんじゃないかな。

書いてて何が言いたいのかよくわかんなくなってきたw

63 :名無シネマさん:2008/03/23(日) 15:24:02 ID:oYXYUBIJ
まぁ 今年公開の大いなる陰謀とかなら賞狙いっていうのは明らかに分かるけど


64 :名無シネマさん:2008/03/23(日) 18:48:34 ID:VEcrzalH
マッドマックス2は実にテーマの現し方が上手いと思った。あれは観客も
評論家も審査員も文句無い映画だったと思う。

65 :名無シネマさん:2008/03/23(日) 22:41:57 ID:ZqI1KRMc
>>61
そもそもゴッドファーザーが賞狙いと思ってる時点で・・・
充分に娯楽的だと思うけど。
マフィア映画だからって単に暴力ばかりを描くわけじゃなく、
きちんと家族愛やそういうものも描かれてるからいいんだよ。
重厚な映像にドラマ。
娯楽としても芸術的な評価でもゴッドファーザーは最高だろうな。

66 :名無シネマさん:2008/03/23(日) 22:52:13 ID:4eOIH74X
カンヌグランプリをとった河瀬直美の「殯の森」が
こうだってあちこちで言われてたよな

見てないけど

67 :名無シネマさん:2008/03/24(月) 01:54:04 ID:DVpP8agk
>>65
いや、ゴッドファーザーを賞狙いとは思ってない。

68 :名無シネマさん:2008/03/24(月) 20:32:54 ID:M8cNXEB9
あの〜

大日本人


まだでてませんが・・・大本命w

69 :名無シネマさん:2008/03/24(月) 21:24:05 ID:godP9wYa
そもそも映画に限らず、賞というものは、その分野において評価に値する
優れた功績を讃え、芸術文化の発展や質的向上を目的とするためのものですから。

真に優れた芸術作品というものは、一級のエンターテイメント作品のそれと
同じように、人こそ違えど、多くの人達を惹き付け感動を与えるものなのです。
観客に大いにウケる娯楽映画も、メジャーでなくとも映画祭等で賞を受賞し
賞賛を浴びる芸術(or作家)映画も、その創造性と構造の源泉は全く一緒なんです。

70 :名無シネマさん:2008/03/24(月) 21:53:24 ID:Gm0vCAP2
映画の賞なんて日本の文学賞よりあてにならん気もするけどなw

71 :>>69続き:2008/03/24(月) 22:00:15 ID:godP9wYa
勿論芸術・作家作品というのは、娯楽作品のそれと比べると
鑑賞者に対してある水準以上の読解力、時には知性を要求されます
(これが娯楽作品が見下される傾向を生む要因の一つでもあります)。
私も多くの娯楽映画と同様に、芸術・作家映画も好んで観ますが
如何せん、自分の理解が及ばないことは多々あります。

しかし、そういった印象によって芸術・作家映画を「賞狙いだ」と一喝し
その存在意義を否定するのは、娯楽/芸術映画、また大袈裟に言えば映画に関わらず
鑑賞側としての想像力に欠く薄弱な意見でしかありません。なぜなら、
"娯楽映画でも同様の結果はあり得る"という点を見過ごしているからです。

72 :>>69続き:2008/03/24(月) 22:11:27 ID:godP9wYa
>>70
その印象もあながち間違いではないと思います。
私も近年その傾向は少し感じています。
(良い例が日本某デミー賞とか、TVドラマ邦画の辱めもない海外映画祭出品とか)

特に日本は主な需要が国内に限られているために、娯楽映画に重点が置かれていました。
これは決して悪い傾向では無かったと思います。
巨匠と呼ばれる監督達は海外で正当な評価を受けていましたし、
国内需要の映画も娯楽と作家性の両立がある程度機能していたと思えます。

73 :名無シネマさん:2008/03/24(月) 22:17:37 ID:UwRYtKkW
ダージリン急行は 賞狙いで作って
実際には 賞に絡む事はまったくなく 
信者しか居ないので観客には大うけという
特殊パターンになると見た

74 :名無シネマさん:2008/03/24(月) 22:17:45 ID:Gm0vCAP2
>>72
そんな長文かかなくてもw
芸術も娯楽のうちなんだけどな。
要は狙いすぎなのが見てる側分かって
シラけるのが良くないってことじゃないかな。

75 :名無シネマさん:2008/03/24(月) 22:46:10 ID:godP9wYa
>>74
>要は狙いすぎなのが見てる側分かって
>シラけるのが良くないってことじゃないかな。
そうですね。
映像芸術表現の場はある程度開拓されつくしていますから
芸術・作家映画も既存の慢性的な生産過程に乗ってしまう感がありますね。

また、それとは少し違いますが、最近海外での宮崎アニメ評価や一部の作家映画の
成功を受けて、質的充実の無く活気も無い邦画が、国内の娯楽映画やTVドラマに
慣らされた観客の知識なきところを、宣伝と態度で上手くだましながら
それによって得られる名声と利益のために、海外映画祭等へ出品しています。
こうした傾向も間違いなく、あるべき評価の場への不信感を産んでいると思います。

あああぁぁぁぁぁ言われたそばから長文スミマセン>>74

76 :名無シネマさん:2008/03/25(火) 00:48:11 ID:vW0TKDry
芸術も娯楽のうちか。
もともとは大衆向けの娯楽だったり惰性的な文化だったものが、
いつの間にかしかめっ面して批評される芸術品にされてるケースって多いよね。
「観るものに知性を要求するから」とか言ったところで、
大衆に理解できる感性やエンターテイメント性が欠けているなら大衆娯楽の王様である映画としては、
本質的には失敗作と言ってもいいくらいだと思う。
本来はしっかりと万人に受け入れられるような娯楽性に富んだ作りをした上で、
観るものに深い感動を与えたり、創作者にインスピレーションを与えられるような映画こそ賞を与えられるべきだと思うし、
実際アカデミー賞なんかはその通りに受賞してきたと思うな。
>>1の文章が曖昧なのでアレだけど、重い内容でも上手くそれが一つの娯楽として調和していれば大衆から支持されてるでしょ。
それを「やらない」のか「できない」のかは分からないけど、
個人的には絶望的に娯楽性を捨てている映画が賞をとったりするのは残念だよ…。

77 :名無シネマさん:2008/03/25(火) 09:23:45 ID:yvte/Hrq
>>76
>個人的には絶望的に娯楽性を捨てている映画が賞をとったりするのは残念だよ…。
もの凄い同意だわ。それを知性や教養のせいにしてる映画の多い事多い事

78 :名無シネマさん:2008/03/25(火) 10:05:53 ID:Gv6jTWN0
つーかミケランジェロもモーツァルトも充分に職人的であったし、
見る者、聞く者を驚かせよう、夢心地にさせようといった一種の娯楽性を重んじていたよね。
フランダースの犬でおなじみの、あのルーベンスの教会の絵は拝観料を取っていたというし、
日本の仏像なども客寄せ的な性質を否定することは出来ないだろう。
これらは堂々の芸術作品であるのに、どうして娯楽映画が芸術に成り得ないのかが判らんよな。
もちろん娯楽性を拒否した作品が悪いとは言わないが、だからといって娯楽映画を
目の敵にするのはやめてもらいたいね。所詮同じ穴のムジナ。大差ないよ。
結局、マスコミニケーションの発達と共に一部の評論文化が歪んだ価値観を産み、
それに感化され踊らされた人々が、自分の行いを修正出来ずにここまで来てしまったのだろう。
映画芸術にあれこれと議論した己の青春時代を美化し、尊いものと思い込んでいる。
だから彼らが好んだ傾向の作品は絶賛し、そうでないものは否定する。
彼らは「前衛」などといった言葉を好むが実はそうじゃない。時代遅れ。
実態が伴っていない幻想ですな。まったく迷惑な存在だよ。

79 :名無シネマさん:2008/03/25(火) 22:46:39 ID:4fkXzNn0
娯楽作品も当然大好きな立場で言いますけど、>>76さんの意見を読んで思ったのは
もしかしてこれは個人の趣向の問題なのではないですかね。

>>76さんの意見を読んでいて気になった一節がありまして、
>本来はしっかりと万人に受け入れられるような娯楽性に富んだ作りをした上で、
>観るものに深い感動を与えたり、創作者にインスピレーションを与えられるような
>映画こそ賞を与えられるべきだと思うし
賞の受賞等による評価を得たいわゆる芸術/作家映画も、同じように観る者へ
深い感動を与え、その感性を刺激したからこそ選定されたのではないでしょうか?
それと、そうでない映画を"本質的には失敗作と言ってもいいくらい"だと思い
万人に受け入れられる娯楽性に富んだ作りの映画を"本来"のものと断定する理由も
もう少し具体的に教えてもらえたら嬉しいです。

誤解しないでください、>>76さんの意見を否定しているわけではないです。
>>76さんの考えをもっとよく知りたいので聞いています。

80 :名無シネマさん:2008/03/26(水) 17:08:15 ID:B98u8pcf
 ―┼‐         ノ     /   |  --ヒ_/     /   \ヽヽ    ー―''7
   `」   ┼,   二Z二   レ   /  /´レ' \ ―7 ̄}  |  ー-、   /
 (__ (|フ)   (__ノ  _ノ  ∨`  ノ  /  /     _ノ    \_

    ─┼-        /   |   ‐┼-   |     ー|―
    ─┼─ |   \ レ  /   ̄Tー  /      ノ -─
   (二フヽ  \/    _ノ   (二フ\  ヽ_ノ   / 、__

     i';i
    /__Y
     ||真||                   /⌒彡
  _ ||露||         /⌒\     /冫、 ) ・・・・・・。
  \ ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ `./⌒ i `  /ゝ    _,,..,,,,_
  ||\`~~´  (キムチ)       \( >     ('\\  ./ ,' 3 `ヽーっ ・・・・・・。
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄\`つ    ⌒ _) l   ⊃ ⌒_つ
     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                `'ー---‐
( 'A) ・・・。 〃∩ ∧_∧        <⌒/ヽ___
/(ヘ)ヘ    ⊂⌒(  ・ω・) ・・・。  <_/____/ zzzz・・・
         `ヽ_っ⌒/⌒c


81 :名無シネマさん:2008/03/26(水) 17:37:47 ID:jvuQvTXs
上げたって誰も読まないよ

82 :ガルダス:2008/03/26(水) 18:10:14 ID:N3UM1bPi
自主制作で、モーションコントロールカメラ使ったり、
サンダーバードみたいな、模型のコマ撮り(内容はガンダム・・かな)
してる、ニコニコ動画じゃ叩かれっぱなしだが、購入者の意見聞くと
DVD特典のメイキング褒めてる人はいる。ま、人それぞれだ、「ガルダス」
             ↓
      http://gurudass.xxxxxxxx.jp/

83 :名無シネマさん:2008/03/26(水) 18:17:16 ID:R3Opsxua
>>68
大日本人がつまり賞狙いだと言いたいわけ?

84 :名無シネマさん:2008/03/26(水) 21:01:31 ID:r+QwEY4b
日本アカデミー賞ならとれるんじゃね
面白く無かったが

85 :名無シネマさん:2008/03/29(土) 14:10:14 ID:GzGhitcC
>>71
>娯楽映画でも同様の結果はあり得る"という点を見過ごしているからです。

それは確かに正論だわ。

86 :名無シネマさん:2008/04/07(月) 22:32:37 ID:HKReq80R
娯楽とか芸術とか言いますけど、結局は主観と多数決でしょう。
だから、私に言わせれば、
難しい言葉にすりかえないで、何でも好き嫌いで決めればいい、と思いますね。

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)