2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【木曜時代劇】風の果て【佐藤浩市】其の二

1 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 11:31:36 ID:OnrUSnZc
NHK木曜時代劇 『風の果て』
2007年10月18日20時放映 全八回

【原作】藤沢周平
【脚本】竹山洋
【音楽】岩代太郎
【テーマ曲】「天に捧ぐ」 演奏:ケイコ・リー・小松亮太・宮本笑里
【演出】吉村芳之・大関正隆
【公式サイト】
ttp://www.nhk.or.jp/jidaigeki/kazenohate/index.html

2 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 11:34:50 ID:???
     ,、 //
    ,,,,Vヘ' /l
   r{()} }/ム               _           /⌒丶.    , -,
   ゝYYトリ//‐''_       _____/::}     ___{___:::::\/:::::l
   ゝ(_).l,// /イ   _,. "´,. -―- 、ヽ/    /         \:::ヽ-、::!
     | |// ´ィン 〃l__/     _}::\ /          l::::::ヽiノ
    ////    /        {::::::::::::{           __」:::::::::l
     !_ /    /            |::::::::::ノ‐- 、  ____  _}::::::::::::l
    / }|     l           ヽ::::::{'⌒ヽi  /-―‐-、} }::::ト、:::::ヽ
   ノ ノlri     l      ,. =― _/:イ/ヘ世エl  徒ァ¬  {::::::l}}::::ノへ._
.  l {/ヽ.    、≧=、 /r≠i劾 i/ l { {` ノlll  `  ̄"" j::::::{ソ'´/  } \
   〉´ /`l     ハ気iハ    ´  { { rヘ. ゝー_      }::::::j /  /   `丶、
   }  /´i   { /ヘ |        />ゝ _----一'  {_彡´  /        \
   |    イ/    {{ ヘ L.-‐   ,  〃    `丶、  / /  / /     . -―  \
   l   {ヘ      ,  ´ \'t;;;;;'''´ /l          ` く /    / /    /      丶
   |   ハ∧.   /     \__ ヘ  ,        丶  ヽ   / /  /        l  ヽ
  |  ヘ V_)   l     r、     \\  _  _  ヽ  ヽ. / / /             |   i
    、  V   |    } l _ ´丶、  ン }/ _)/lヽ、  \/ , ´           | .:
   ヘ   V     l   ヽ,{ ヽゝ\   { rf´ /,.' /'l、丶  ∨                |/::
    ヘ   V   l    トヽ `\ \  } ノ'  {/ / !l  丶 /             |::::
    ヘ   V  |     ヽ 丶  ` ヽ{ /, ,  // j   V      .::::       |:: 
     ヘ   、  |      l'、_     ヽ.  /,   { /   /  .:::::::::::::::          l

3 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 11:37:36 ID:???
    (´・ω・)>>1おつでごじゃる
   .ノ^ yヽ、
   ヽ,,ノ==l ノ
    /  l |
"""~""""""~"""~"""~"

4 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 11:52:00 ID:???
>>1

貼っとくね

【出演】
桑山又左衛門(上村隼太・桑山隼太) / 佐藤浩市・福士誠治
野瀬市之丞 / 遠藤憲一・高岡蒼甫
杉山忠兵衛(杉山鹿之助) / 仲村トオル・斎藤工
藤井庄六(三矢庄六) / 野添義弘・杉山俊介
宮坂一蔵(寺田一蔵) / 三浦アキフミ

桑山満江 /石田えり・安藤サクラ
宮坂類 /涼風真世
ふき /平淑恵・佐藤仁美
桑山孫助 /蟹江敬三


5 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 11:52:31 ID:???
前スレ
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/kin/1192538680/

6 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 18:45:13 ID:eopqh/AZ
原作を汚したNHK死ね

7 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 19:32:48 ID:???
あと少しで放送だ。ワクワク

8 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 19:56:22 ID:???
今早めにNHKにチャンネル合わせたら・・・・・変なもん見ちゃったorz
国谷・・・
今夜は満江とふきのがんづけバトル


9 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 20:44:14 ID:???
正味41分間、今回もあっという間に終わったな
なかなかよかった

>>8
おっ、おい、国谷に何があった?
もったいぶらずに教えてけれ

10 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 20:46:50 ID:???
佐藤浩市は毎回よく泣くね。

11 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 20:47:42 ID:???
今までの最初っから見たいのだけどどこかにうpされてないだろうか?

12 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 20:48:31 ID:???
蟹江とーちゃん演技よかったなあ

13 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 20:51:54 ID:???
エンケンがいて大成功だなこのドラマ

14 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 20:52:24 ID:???
市之丞のお陰なんだけど報われないな
そういや庄六が消えちゃったんだけど・・・

15 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 20:53:30 ID:???
若者たち→佐藤浩市→蟹江敬三 演技がすごい。まるで本当の人物かのようにリアル。

16 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 20:55:35 ID:???
キュイーン

っていう効果音にちょっとorzってなった

17 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 20:55:41 ID:???
第2回までの不評が嘘のように消え失せたな

18 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 20:57:35 ID:???
過去スレみたが、不評だったのは第3回あたりまでだった

19 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 20:57:50 ID:???
>>1
乙の果てぇぇぇ〜 ふぅ〜うぅ〜

20 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:00:08 ID:???
今日は比較的原作に忠実にやってた。
そうなると面白い。

しかし、ふきより蟹江パパの愛人?の方が全然若いのは違和感。

21 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:01:33 ID:???
第二回まで不評だったんだ
最初からおもしろいがな

22 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:05:25 ID:???
仲村トオルの悪っぷりが凄いね。
若い頃は爽やか風味だったのがだんだん本性を表して来た感じ。

23 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:05:37 ID:???
>>21
ちなみに前スレ
ttp://com-nika.osask.jp/bbs/bbs.php?http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/kin/1192538680/

24 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:05:40 ID:???
やはり佐藤浩市が出て来た前回から、それまでと一変して良くなったな。
はっきりいって、大根若手の3回分がもったいなかったよ。


25 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:06:33 ID:???
>>9
スレ違い御免 NHKクローズアップ現代 テーマは「おやじバンド」
国谷がメッチャ若作り→ブーツを履いてミニスカート→腰掛けてテーブル無しでゲストと向き合い
膝と膝の間がぁ〜〜〜〜 以下実況板レスの一部 ↓

ミニスカw  ひざだしスカートいいねえ  裕子タンのブーツ( ; ゚∀゚)=3ムッハー  国谷さんエロい
膝頭 エロイ  見えた!  国谷タンの足ハァハァ・・・  これは私を見てチンポこすってという事なのかな?
やん ちら見 ふともも  国谷のトライアングルゾーンが((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


26 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:06:44 ID:???
来週は涙無しには見れないだろうな

27 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:08:04 ID:???
>>24
おじさま方って若くて美しい者たちに厳しいのですね。

28 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:10:16 ID:???
今回のタイトルでもある「政変」って
一体何がどうしたという話なんだ?
説明が短くてようわからん
要は派閥抗争か?

29 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:11:33 ID:???
予告で仲村トオルの天下も次回に終わっちゃうのか


30 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:13:10 ID:???
>>28
いままでの筆頭家老の黒田が失脚てことでそ


31 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:18:19 ID:???
>>25
サンクス
声を上げてワロタ
あぁー見たかった〜

32 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:20:54 ID:???
>>27
技術もなければ魅力も出せない役者に厳しいだけ。

33 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:24:38 ID:???
番組終わったばかりで今日の感想を書くのならともかく
ID出ないのをいいことに、
しつこくもう終わった回の若手を叩いてる奴ってなんなの?
こいつらは10代20代も佐藤浩市らでやれば満足なのか。

34 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:30:09 ID:BwyHplIF
>>24 役どころは地味だがYoung庄六は抜きん出て上手かったと思うけどな。
   おっさん庄六ももちろんイイ。

ざくろ屋のシーン見ててなんか頭の隅にひっかかるものがあったんだが、
趙行徳とツルピアだった。敦煌、19年前か・・・
中川安奈 相変わらず声ワリイ。

35 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:31:19 ID:???
>>29
ありがとう
そうすると、杉山忠兵衛は、前々話くらい(30歳前後)で
すでにその黒田とやらと覇権争いをする地位にあったということか?
忠兵衛の出世があまりにも早いので話が見えなくなっていた

36 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:31:23 ID:dWpbO8fE
>>33
由実かおるが20代の役をやってるのに違和感がない人たちなのでわww



37 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:31:40 ID:???
>>33
そうだそうだ。
今の若手に時代劇で名演技やれと言っても無理。
今回の若手たちはまだましだと思うよ。


38 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:32:18 ID:???
かつてのマドンナの後に満江が映ったらなんか笑ってしまった

39 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:35:04 ID:???
長女も生まれてたんだな
なんだかんだいっても子供を作ってるじゃんww
仲がいいんだよ



40 :35名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:37:15 ID:???
すまん、レス相手まちがえた
>>29ではなく
>>30だった

41 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:41:53 ID:???
>>34
あの当時二人はデキてたんだよね〜

42 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:45:33 ID:???
満江の思考パターンがあまりにも現代風で萎えた。

43 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:46:44 ID:???
>>42
満江だけ原作と別人の竹山オリジナルだから。

44 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:53:47 ID:???
>>42
それを言うなら庄六もそうだぜ
ある意味市之丞もそうだ



45 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 21:58:39 ID:???
現代風というか、婿養子を取ることを前提に育てられたからじゃなかべ?
今日は母親の方がまともに見えた。
しかし年食った我が儘お嬢ちゃん役には石田えりは不向きな気がする。

46 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:00:36 ID:???
今日、若い頃の隼人達がずらっと映ったじゃん?
あー、過ぎし日々だなあー、初々しいなあ、なんて思っちゃったよ。
そう感じさせたことで、若手時代は成功だったんじゃないかな?

それにしても、ふきが若手の時と性格変わってない?
あんなにカラカラした印象じゃなかったんだけどさ。

47 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:06:10 ID:???
>>39
子どもをつくるのは義務だったんだと思うけど。
家を存続させるために、何がなんでも子どもは必要。

48 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:11:38 ID:hVHlPWLB
家存続の為に婿をとったんだし。

49 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:12:47 ID:FW5S2Ccf
斬り合いの果てに帰って来た夫にあの飯草w
ケケが斬られば良かったのに
なんであの斬れた袖を掴んで泣かせないの?
嗚呼ぁ〜
それだけでいいのに
ホントにケケ氏ね!



50 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:13:55 ID:???
しかし昼間の二人を見てて夜のことを想像すると・・・・・
笑える


51 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:22:10 ID:???
始めのほうで佐藤がふきを相手にぼやくシーンはよかった


52 ::2007/11/15(木) 22:25:59 ID:hVHlPWLB
今回は野瀬がよかったな。


53 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:34:01 ID:???
>>46
オレは蟹江と福士?の回想シーンでがっかりだった。
だってやっぱ福士はちっとも佐藤浩市のイメージじゃないんだもん。

むしろ、仲村トオルの家で出てきた回想シーンの高岡がすごい佐藤浩市ぽかった。
もうちょっと若い頃の配役を考えてくれればよかったのになあ。

54 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:34:24 ID:???
>>37
>今回の若手たちはまだまし
いや、このドラマの若手はありゃちょっと酷すぎ。
前スレを読めば、どんなにみんな失望したかわかりそうなもんだ。

55 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:35:34 ID:???
>>37
同意。不慣れながらもよくやったよ
彼らもいいトシになれば、技術もあって魅力も出せるようになってると思われ

56 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:37:06 ID:???
今回ヴァンプのルイが出なかったな

57 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:38:40 ID:Q1eXhUR9
広大な土地開発を一手に請け負う商人とは・・・
近代資本家のような感じだな。
開墾がなってそこを耕す小作たちは従業員のような扱いになるんか。
又左衛門も資本主義の担い手のような気がする。


58 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:48:05 ID:oGELqz2E
泣く子と本間様には勝たれまい。の本間様だからなぁ。
羽太屋は。

59 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:48:39 ID:???
あの商人先週も出てたよね?
でもなんで出てたか覚えてない

60 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:53:11 ID:???
飢饉対策の米の買いつけか藩借金の一本化
だったと思う。

61 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:58:48 ID:???
ひとクセ、ふたクセもありそうな商人だったよねぇ

62 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:58:58 ID:Q1eXhUR9
執政になった杉山忠兵衛は、
「金はすべて羽太屋が出す、失敗してもお家の損にはならない、うまくいけば年貢が入る」
という話に乗りやがったな。

自作農主義の崩壊。
やがて搾取されるものが増え、流民が出て、封建制度そのものを破壊することになって


63 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 22:59:30 ID:???
前スレにどれだけ権威があるかは解りませんが 
少なくとも酷すぎといった印象は受けませんでした 
むしろもう少し見たかったですね

64 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 23:00:52 ID:???
>>63
若手役者のことかい?

65 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 23:02:50 ID:???
うん、堀部がいい感じだった。
大商人という貫禄はなかったけど
クセはありそうだった。

66 :65:2007/11/15(木) 23:04:35 ID:9DTDINnf
61に対してね。

67 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 23:08:16 ID:???
提灯を持って先導してた侍とか隼太を迎えに来た侍とか
台詞が無くても印象に残る演技してたな


68 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 23:10:23 ID:???
これの若手が酷過ぎなら夏雲トリオはどうなるという話

69 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 23:12:20 ID:???
>>68
粘着アンチは放置汁

70 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 23:13:06 ID:???
堀部、最近立て続けにドラマで見掛けるなあ。
相棒今シーズン初回の重要ゲスト、もといぶっちゃけ犯人役も堀部だったし。

71 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 23:17:12 ID:AyvkYpBb
あの嫌味なサラリーマン課長のような中米はいったいなんだ
ほんまにスタッフは原作読んどるのか

72 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 23:20:49 ID:2JUDnikh
本間さまにはおよびもないが、せめてなりたや大名に!
海坂藩ではみんなが認めてること。

73 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 23:26:12 ID:2JUDnikh
本間さまにはおよびもないが、せめてなりたや大名に!


74 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 23:31:57 ID:???
夏雲はドリマックス制作のNHK時代劇の最底辺。
あれと比べてマシ程度なら、大河に出ると例によってボロ糞に叩かれるぞ。

75 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 23:34:58 ID:???
>>74
福士大河に出るの?

76 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 23:41:25 ID:???
堀部はまだセリフの言い回しに深みはないけど
将来は楽しみにしている。
めっちゃ腹黒い役や底抜けにいい人の役や、色々できそう。

77 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 23:48:56 ID:UlgPWLJe
夏雲は論外、あれと比べるなよ、
でも風の果ても初回はグダグダで、誰が誰だかわからなかったが。


78 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/15(木) 23:59:35 ID:???
今日も面白かった!

満江が原作よりもうざいのは流石ケケ。

ラストの風の果ての由来から佐藤の「親父!親父」、蟹江の「またざえもんを…」で涙腺が(';ω;`)

次週(6回)はいよいよ杉山落としか。でもこのペースだと最終回とその前の週が心配だな…ケケの創作で転ばなきゃいいのだが…

79 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 00:10:16 ID:KWor8aG5
今でも誰が誰か見分けるのに時間が掛かるよ。
現代の企業社会・公務員社会の問題に安易に置き換えられるような脚本
なのは好きでないな。

80 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 01:01:42 ID:???
今録画見終わった
来週が待ち遠しくてたまらん

81 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 01:11:04 ID:???
今回の測量士、何だか飄々としていて面白かった

82 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 03:27:39 ID:???
測量士が作った絵図面みて
蟹江が「天才だな…」と呟く場面が良かった

83 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 03:59:29 ID:???
測量士以外のやり取りは興味なく見てしまった…。
蟹江敬三が居なくなるなんて益々見たくなくなりそう。
なぜかお爺さんの域に入ってるのに何時までも男の魅力を感じてしまう。

84 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 04:57:47 ID:???
>>67
>提灯を持って先導してた侍
あいつ絶対悪者だと思ってた。
紛らわしい演出してんじゃねーぞ!w

85 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 05:59:40 ID:???
>>78
第七話で原作分は終了します。
最終第八話は、竹山さんのオリジナルストーリーです。
乞うご期待。

86 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 06:38:12 ID:???
>>84
まさにKYだなw

87 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 06:47:47 ID:???
>>74
大河にはつい最近相当すごいのが出たがご存じないか

88 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 08:36:31 ID:???
殺陣がなぜか馬の骨風味なのがorz

89 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 08:57:59 ID:???
>>87
寅棒丸のことかー!!

90 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 08:59:52 ID:???
寅棒様は期待の若手でござりまする
リキヤの後を継ぎまする

91 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 09:06:06 ID:???
寅棒様までいけばあれは一種の芸かとw
ここの若手はそこまで棒ではなかった気が…

92 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 09:43:58 ID:WOdBL9fz
寅棒様は出家の身なれば、顔にも声にも感情を一切出さずに
人と対面する術を会得なさっておるのです。

93 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 09:46:45 ID:???
蟹江父は時間と病気の進む通りに老けていって、出演者の中で唯一自然なお姿であった。
臨終も淡々として体温が感じられない様子が良かった。

94 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 09:49:45 ID:???
野瀬を登用しようと努力したとか言い訳しているシーンを見てたら、忠兵衛が、出世して嫌な奴になったかと思ったがそうでもない。
「郡奉行ふぜいが」って言っちゃったあとの気まずそうな沈黙もよかった。

頭はいいが、脇が甘いお坊ちゃんってイメージかなあ。


95 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 10:03:48 ID:???
>>94
次回予告で見せた半泣きの顔にも坊ちゃん臭が。

96 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 11:32:28 ID:???
羽田屋はシャイロックみたいになったらヤダな。
満江を見ると、あれ蝮は?と思ってしまう。同じく野瀬はおぶん(ry
蟹江父がもう出ないのが哀しい。
最期は隼太、「おやじ!」って呼んでて敬愛から親愛に移ってたようで良かった。
(前回まで様か殿をつけてたような?)

97 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 12:01:30 ID:???
最後に一言、「羽田屋が引き受けました!」って言ってあげてほしかった・・・

98 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 12:34:16 ID:???
11/15木
*9.3% 20:00-20:45 NHK 木曜時代劇・風の果て
15.6% 19:00-20:54 NTV モクスペ「交通警察秋の大捜査線"凶悪逃走車を追え"」
10.9% 20:00-20:54 TBS うたばん
15.2% 19:04-20:54 CX* ワールドカップバレー2007女子「日本×アメリカ」
13.2% 20:00-20:54 EX__ 木曜ミステリー・京都地検の女
*7.5% 19:57-20:54 TX__ TVチャンピオン2

99 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 13:08:05 ID:OJOcf4G3
「お上」にお伺いをたてる云々という台詞が良く出てくるけど、幕府のこと?
いちいち幕府の裁可を仰いでるってことは、ここは天領なの?

100 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 13:12:48 ID:???
>>99
ゆとり乙

101 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 13:17:57 ID:???
('A` ) プウ
ノヽノ) =3'A`)ノ ヒャー ←>>100
  くく へヘノ


102 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 13:24:55 ID:???
あの質問じゃゆとり言われるわ。>>100も気の毒にw

ここで言う「お上」てのは、単に殿様のことだよ。

103 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 13:41:14 ID:???
俺も殿様かなとは思ったけど、殿様なら「殿」と呼ぶ場合がほとんどだし
殿様では意味が通らないところがある気がして聞いてみたんだよ。

>>102
101は俺じゃないよ。時代劇に詳しい人ばかりが見てる訳じゃないんだから、
質問者をいちいち小馬鹿にするのはどうかと思うがな。

104 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 13:43:22 ID:???
>>98
視聴率また微妙に下げてますが
こんないいドラマなのになんでみんな見ないのでしょうね。

105 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 14:10:17 ID:???
1話から続けて見てないと理解できないからじゃないかな。
見てるのはほとんどが固定ファンだろうし、視聴率は上がらないかわりに
大きく下がることもないと思う。
むしろ再放送とかで見直されることを期待したい。

106 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 14:23:31 ID:???
ハゲタカなんてもっと視聴率は低かったのに、クリスマスにまたもや再放送するしな。

107 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 14:24:23 ID:???
この調子で行くと次回が杉山の失脚で、その次が野瀬との果し合いって感じ?
最終回は何だろ。派閥抗争に敗れておかみの命で隠居とか。

108 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 14:25:46 ID:???
ハゲはコアな視聴者の反応や業界での評価が高いからなんじゃないの?
見てなくて言うのもなんだが。

109 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 14:29:37 ID:???
>>107
戊辰戦争にて又左衛門討ち死、
と語る石田えりのモノローグで終わり。

110 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 14:30:15 ID:???
>>103
黙れゆとり

111 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 14:43:26 ID:???
>>109
なにその藤沢周平テイスト

112 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 14:45:17 ID:???
>>106
イタリア賞受賞きねんだからな
やっぱり賞もらうと別格なんだな

113 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 14:49:25 ID:???
なぜ市之丞と果たし合いなどせねばならぬのか
それを聞きたくてウズウズしているのだが
おまえらぁ!
絶対に教えるでないぞぉ!

でも
その答えのヒントになるようなことがこれまでに出てきたか?

114 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 14:52:26 ID:???
>>113
つヒント:ふきのとう

115 :113名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 15:01:27 ID:???
>>114
ま、まさか、アノふきが関係してるのか???
・・・と、かってに妄想して待つことにする
ありがとお

116 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 15:03:59 ID:???
>>103
実際は殿さまを上様や、どこの家か忘れたがお館様って呼んでる所もあったらしいね。

117 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 15:31:45 ID:5SKUHMri
>>109
つりだと思うが、時代がちがうよ!1700年代の半ばに奥羽地方に
大飢饉があった。戊辰戦争はその100年後。

118 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 16:10:33 ID:???
>>103
それでいくと、幕府の方がよっぽど意味が通らんな

119 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 16:15:45 ID:hJABKoHP
>>99
お上ってのは、自分の主君、あるじのことをそう呼ぶ。
直参なら将軍家、大名の家臣なら殿様がお上なわけだ。
公家衆は天皇がお上。

>実際は殿さまを上様や、どこの家か忘れたがお館様って呼んでる所もあったらしいね。

室町の守護大名から続く由緒ある家などはそう呼んだ可能性もあるだろう。
お館様の周囲をある種独立した小領主たちが守る構成。
江戸幕藩体制とはちょっと違う感じ。






120 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 16:23:29 ID:hJABKoHP
つーか、隼太を迎えに来た目つきの悪い小柄の武士は誰?
杉山家の家来?それとも杉山の下僚?
家来なら陪臣なんで殿様の直参である隼太への口のきき方が横柄すぎるが?
杉山の下僚なら隼太と同格だからいいのかもしれんけど。



121 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 16:47:51 ID:???
>>111
それをいうなら山田テイストだろw

たそがれのラストも、
藤沢:家路の途中、病気から回復した妻が向かいに来る
山田:官軍に鉄砲で撃たれて死亡


たしかこんな感じ

122 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 16:55:44 ID:???
東北人の粘りとしたたかさ、武士の志と体制身分制の中の葛藤その表現として今一な脚本だな。
主人公の感情や性格をあらわす手段として、小黒達への安易な抜刀や、
帰宅後の妻女への口調など見苦しい。
江戸時代でも人の生き様は変わらないのに・・・、現代でもそんな事を一大事を成し遂げる人は
しないでしょ?
脚本家の人間観が垣間見える。
何よりは又左衛門の役者がミス、人を指揮し事業をなすリーダーシップを感じさせない。
どちらかといえば李氏朝鮮の両班ドラマにぴったりの俳優だな、見てて胸糞悪く嫌悪感がわいた。

ともかく脚本なのか演出なのか演技なのかむやみやたらと乱暴短慮な性格に描かれて不快ですし、
演技する又左衛門役の俳優の目が陰惨かつ執拗な性格を現して思わず書き込まずには居れないほど
嫌な思いをしました。

原作を若いころ読んで感動でしばし茫然とした者には、不満だ。

123 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 16:56:40 ID:???
ふきが地味〜で年増の風情を漂わす演技をすればするほど
隼太とのエロ〜スを感じてしまうのは漏れだけか(´・ω・`)

124 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 17:00:27 ID:???
>>113
番宣で市之丞役のエンケンが市之丞の心境を推察して語っていた



125 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 17:19:29 ID:???
>>122
前にも隼太役に関してよく似た書き込み見たけど同じ人?
それともパクリ?www

126 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 17:22:13 ID:goadzJzu
>>104同感です
でも、このスレの書き込みでは、評価する内容のが明らかに増えてきてます
よいものはよい、少しでも広まってほしいですね

あと、作り手の戦略として、芸術祭参加やら賞をとるとかして番組、あるいは局の
イメージアップに役立つことを理由として予算を獲得する場合、
また、DVD化して販売することで収支をまかなうことを計算してるかも
それなら、内容が重要になるから視聴率による批判を免れやすくなる

毎回観終った後、しばらくはなにも話せなくなる感じになってしまう
こんな思いを、もっと多くの人に味わってほしいな



127 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 18:24:52 ID:???
映画だって興行と評価は別モンだし

128 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 19:12:53 ID:???
>119
そういやあ足利氏の流れを汲む喜連川藩なんぞでは御所様と呼んでたんだっけか。

129 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 19:51:48 ID:???
>>84
オレも思った、思ったww

130 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 21:01:06 ID:vLMdzZlW
浩市はさすがに巧い。ケレンミよりも演技で魅せる殺陣だった。
トオルの「貴人に情無し」非情な目と、甘い誘い口説が良かった。

石田えりは表情がワンパターンなのが鼻についてきた。
安藤サクラの初々しい硬さの方が味があった。
平淑恵はさすがに巧い。太地喜和子と共通する大らかな抱擁感が魅力。

131 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 21:03:13 ID:???
今でも宮中では天皇をお上と呼ぶ

132 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 21:03:28 ID:bap/gjIg
お上=藩主


133 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 22:37:35 ID:???
うちも蟹江さんみたいな義父だったらなあ・・・

134 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 22:41:42 ID:LDBk83kU
中米の人相が悪すぎじゃ

135 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 22:56:48 ID:???
忠兵衛の妻の着物のすそが左右にびろーんと開いてるけどあれの意味は?

136 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 23:13:42 ID:???
親父どのが最期に見た夢の話に落涙した。
出世なんかどうでもいいと思って生きてきたのに
最期の最期で出世している自分の夢を見るなんて・・・

137 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 23:14:36 ID:???
>>133
苦労しとるんか? 。・゚・(ノД`)・゚・。

138 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/16(金) 23:44:02 ID:???
蟹江と福士て似てない?

139 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 01:23:17 ID:???
蟹江と朝潮親方なら似てる。

140 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 01:27:28 ID:???
婿入りする前、「きれいな目をしていらっしゃる」
隼太が年を経て世にもまれて出世して行くに従い
目つき・人相が悪くなってきてるのがこわい。
代官就任以降は特に。

141 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 01:31:37 ID:tZr5oJHf
>>135
見た目には、大奥の番組みたく、なんか身分が高そうな感じがして、はやたの妻なんかと
だいぶ違う印象
ドラマの演出上身分や格の違いを印象付ける効果はあると思うが・・・
くわしい方よろしく

142 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 02:18:09 ID:???
リアルに再現したらお歯黒とか眉とかがすごいことになるから着物で表現が限度なんだろう

143 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 03:35:53 ID:???
>>135
女性の着る裾長の引き摺り着物の事かな?
長裃と違って、着流しは左右広げないとドリフのコントみたいにズッコケになるぞw

どんな人が着るのかと言えば
まあ武家の他に豪商の内儀、あと女将、芸者や芸事のお師匠さんなんかも着ているよね。
でも浮世絵なんか見ていると、そこら歩いている人でもフツーに着ているみたいだから身分に関係ないのかな
と言いつつ、江戸時代も長く風俗も変遷があるからよく分らん。

144 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 04:47:22 ID:???
>>125
たぶん丸々コピペだと思うよw

145 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 04:56:31 ID:???
えらくカッコいい殺陣が撮れてたとオモタ
斬る音が普段他の時代劇で見てるのと違ってた

146 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 04:59:35 ID:???
>>123
ザッツらいとw

147 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 08:54:24 ID:???
>>140
それがまさしくこのドラマのテーマではなかろうか
若き日の夢を必死で追ううちにだんだんと腐臭渦巻く権力の快さに浸ってゆく


148 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 09:03:41 ID:cGmFhiv1
小藩の家老の妻ごときが日常も偉そうに引き摺りか。
花魁のなんとか太夫かと思ったよw

>なぜ市之丞と果たし合いなどせねばならぬのか
>おまえらぁ!
>絶対に教えるでないぞぉ!

原作読んでないから想像だけど、
隼太にしてやられた忠の字がお役復帰かなにかを餌に市之丞をけしかけるんでないか?
若い頃ツレだったあの三人が殺し合いまで始める非情なリーマン社会を表現するテーマにも合致してないか?
まあ、妄想だけどねw



149 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 09:26:59 ID:???
人によって程度は違うだろうが出世(権力)を望まぬものはいないよな


150 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 09:27:38 ID:???
原作読んでないから想像だけどそれは違うだろー

151 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 09:43:09 ID:???
忠兵衛にけしかけられて又左衛門を斬るのなら
わざわざ果たし状など送りつけないだろ

大出世した又左衛門を妬んでのこととも思えん
市之丞はそんな男ではないはず

果たし状を送ったということは市之丞的になにか大義名分があったはず


152 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 10:20:44 ID:???
>>145
いやあの音はあかんやろ…思わず吹いたぞ

153 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 11:08:46 ID:???
リアルな音の方がちゃちなんでないすか?
ピストルだってリアルはパンパンらしいし

154 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 11:46:32 ID:???
>>152
このドラマの雰囲気と合わないよね。
なんでチャキンチャキン鳴らすのか。
変な効果音も入れてたし。

155 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 14:08:27 ID:???
引き摺る=ぞろびく
はまる=いぼる

さて、どこの方言かわかるかな?

156 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 14:48:26 ID:???
九州

157 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 15:42:13 ID:???
>>151

>果たし状を送ったということは市之丞的になにか大義名分があったはず

清左衛門残日録に、市之丞みたいな人物が登場する回があって、主人公の清左衛門を殺そうとする。
その人物は、大出世した(しかも家庭円満な)清左衛門を妬んでそうするんだけど、

>市之丞はそんな男ではないはず

まさしくおっしゃるとおり。
原作では触れられていないこの部分を、ドラマではどう表現するんだろう。
スタッフが「もう一つの『清左衛門 残日録』を描きたい」と言っているってことは・・・。

158 :151:2007/11/17(土) 16:29:16 ID:???
>>157
>清左衛門残日録に、・・・

金井奥之助のことね
妬みから清左衛門に殺意を抱き後ろからこっそり突き落とそうとした
市之丞は正々堂々と果たし状を送りつけたのだから妬みが動機とは思えんからね






159 :151:2007/11/17(土) 16:41:22 ID:???
番宣では市之丞との果し合いがクライマックスのようにあったが
原作を読んでないのでそのあたりが楽しみではあるw


160 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 17:21:14 ID:???
テーマ曲はスパニッシュ・ケルトの影響があるような感じがしますね。
カルロス・ヌニェスあたり。
「海を飛ぶ夢」を思い出しました。

161 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 17:41:40 ID:???
ふきは上村家の女中→足軽の後妻→ざくろ屋の女中となるわけだけど、
足軽の未亡人が商家の奉公人になるなんてことは珍しくなかったんですか。

つか亭主の先妻の子が一人いたはずだから、普通はその子が
元服したのちに嫁を迎えるか、婿養子を取るんじゃないですか。

江戸時代足軽の家というのは家中身分に比べるとかなり流動的だった?

162 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 17:42:49 ID:???
誰か1話からニコニコにうpしてくれよお

163 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 18:10:33 ID:???
ふきは一度嫁に行って失敗したんじゃなかったっけ

164 :113名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 18:35:43 ID:???
>>148>>151>>157>>158
なるほど、どなたの見解にも一理あるように思う
なんせ、想像するのは全く自由だからな
たとえ、ふきを挟んだ三角関係のもつれから・・・
というような推測でもよいと思う
ひょっとすると、作者は、
「 なぜ市之丞と果たし合いなどせねばならぬのか 」
という問いの答えを読者あるいは視聴者に預けているのかもしれん

おれは、前々回(4話)で一応決着したかに見えた一蔵のことが
根底にあるとにらんでいるのだが、一方で、長年の友である二人が
そんなことで何年も経った後に殺し合いなんかするか?という疑問もあり
未だ頭の中で???が点滅している

159が書かれているが
こういうのを推理想像するの楽しいもんだ

「みんな忘れるなよお!
 その答えを知ってても
  ゼッタイに教えるでないぞぉ! 」

  ↑風に吹かれてのメロディで♪

165 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 19:52:01 ID:8mdwVHrV
オーNO!!
木曜見逃したことに今日気付いた。
どなたか動画見れるトコ教えてくだされ〜

166 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 20:08:36 ID:1OX2gkR4
もともと家柄の違う杉山が出世しても当たり前なので嫉妬も湧かない。
しかし、自分よりも格下で腕も劣った上村隼太が筆頭家老になると、
なぜか? と疑問と妬みが湧く。それが人というもの。
老い先が見えてくると、長年の疑問と妬みを抑えきれなくなって、
果たし状になった。
分かれ道は、桑山の養子になったことか? 一蔵の討手になったことか?


167 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 20:13:44 ID:???
>>164
>たとえ、ふきを挟んだ三角関係のもつれから・・・

そ それだけはぜってーありえん
もしそうだったらこのドラマが一気に陳腐化しちまうよぉ
「市之丞逝ってよし」の嵐が吹きまくるぞ



168 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 20:17:37 ID:???
そうか!又左衛門が類に手を出したんだ!

169 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 20:23:16 ID:???
またざ、いちのじょう、杉山との三角関係じゃね?

170 :167:2007/11/17(土) 20:27:46 ID:???
>>168
「類は友を呼ぶ」と言うからな  市之丞の友は又左衛門

う〜〜〜む ありえるかも







んなわきゃねぇだろww





171 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 20:37:39 ID:???
>>161
足軽=御家人=同心=御目見え以下=領主に謁見出来ない身分
それでも武士の範疇なり、禄米として玄米を幕府なら200俵以下と食料として一日あたり
玄米を最低辺で男は5合X360日貰えた、これは扶持米といい何人扶持と数え、格が上がると
10人扶持とか貰えるが家族分ではなく家来分だった様だ。

200俵貰えたのは頭クラス、普通は20俵から50俵程度で貧しいから内職OKだった、官舎として
棟割り長屋に居住、公式には袴を履いてはいけない身分。

勝燐太郎は曹祖父?が金貸し検校の賤民身分で御家人株(実際は息子を町役人とかの養子から御家人
の養子になる)を買い、父の小吉は御家人だが燐太郎の時代に旗本の養子になり陸軍奉行まで出世した。
株の相場は200両で現在の2-3千万に相当する、町役人にも相応の謝礼は必要だ。

因みに庄六は20石ながら前回に袴を着用していたから御目見え武士、領藩によっては何石以下
は内職OKだったらしく、想定は間違いではないと見ている。

俺の母方も幕府の御家人だったが維新の頃か内職が本業となったらしい、尤も祖父は次男で長男と
喧嘩分かれし、長男の家系も途絶えてしまい口伝でしかないが。

172 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 21:18:29 ID:???
>>171
録画したの溜め込んでて、ここ2話ぐらいまだ見れてないんだが
ここでの足軽は中間小者の上でチョンマゲは武士と町人まげの中間ぐらいで
脇差ぐらいさしているのかな?・・・そんなのを想像していた。

将軍家御直参の御家人と又者だっけ?では
まだ大きな隔たりがあるような気もするが、どうなんだろうな・・・

173 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 22:00:05 ID:8mdwVHrV
だれかニコ動ウプウプしてくれ

174 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 23:28:50 ID:???
マタ者とは陪臣(直参の旗本の家臣のこと)城(江戸城)に上がることは可能ながら脇差は差せない、
取り上げられる(吉宗が紀伊から連れて来た陪臣が幕閣に出世したこともある)
御家人(江戸時代は足軽とは呼称しなかった)は原則的には城内に上がれなかった、極小数が庭掃除し
ながら探索し上司の旗本に専用の出入り口にて報告、あとは門番の仕事程度か。

例外として尾張では不寝番の旗本の下に何人かが配置され城内で指示されて仕事をしていた
との記録がある(元禄御畳奉行日記に記載)

江戸時代も末期になると深刻な人材不足に陥った、天保の頃以降だったか記憶は曖昧ながら
昌平講の試験で一般町人身分から(学者だが)推挙され幕府閣僚になったのは川路聖謨。
賤民に近い扱いだった漁民から幕臣に成ったジョン万治郎もいた。

余程の特技と時代の要求が交錯すると例外だらけになったのも江戸時代。




175 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/17(土) 23:59:31 ID:???
1話撮り逃して、2話と3話見てる。
藤沢周平の原作読んだけど、手間も金もかかってていいね。ハイビジョンの高解像度
でも安っぽさが無いし。
原作のなんともいえない世界が再現されてるよ。



176 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/18(日) 00:29:23 ID:???
けけけ
図書館で藤沢周平の解説本?を3冊借りてきた 文庫本な
原作は読まないw

上で話題になっとる又左衛門に市之丞が果たし状をつきつけた動機にもふれとる
ネタバレになるかもわからんから書かない!


177 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/18(日) 08:42:42 ID:???
ドラマ内で誰かが37歳って紹介あったから
みんなだいたいその年齢なんだろうけど
ふきさんだけは50歳超えてるように見えるね

178 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/18(日) 09:51:49 ID:???
>>177
平淑恵を佐藤仁美に脳内変換してドラマを鑑賞すべし



179 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/18(日) 11:52:00 ID:Ww+eubVY
どなたか動画アップしてくれませんか

180 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/18(日) 12:21:47 ID:???
>>179
くどいぞ

181 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/18(日) 12:34:30 ID:???
ふきは60代だろー

182 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/18(日) 13:57:12 ID:???
佐藤仁美は35歳くらいだと思ってたが、けっこう若いんだなw

183 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/18(日) 16:35:03 ID:6IhTOJxM
筆頭家老の忠兵衛の家ですら千石しかない小藩。
隼太も市之丞も100石以上の家出身だし下級武士ではなく上士だろ。
屋敷もそこそこ立派だよ。



184 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/18(日) 16:52:55 ID:???
>>161
先妻の子が元服前なら足軽家の次男が家を継ぎ
子のなかったふきはその家から離れ縁は切れる。



185 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/18(日) 19:00:09 ID:???
>>174
万次郎だよ
そして漁民が賤民というのは賛同しかねる
漁民→武装漁民=海賊=倭寇そして水軍
誇り高き大日本・・・スレチ失礼

186 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/18(日) 19:29:31 ID:ofEan7VX
>>183
役の手当てみたいなもんは付かないの?
忠兵衛の父が筆頭家老から失脚しての禄高が1000石でそ
忠兵衛が筆頭家老に就任したら役職の手当てはつかないのかな

桑山家180石は又左衛門が筆頭家老に就任しても180石のまま?


187 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/18(日) 20:01:38 ID:???
>>183
隼太の実家は下士じゃないのかな。(100石くらいがちょうど境目くらいだけど)
兄貴が、養子に決まったときに「これからは隼太殿って呼ばないとならなくなるな」って言ってたから、
桑山家とは、別の階層だと思う。

>>186
出世することで家の禄高自体が上がる場合もあるし、役職手当みたいに不足分だけ在任中だけ加増されることもある。
藩が大赤字の時代だから後者だと思うけど。
例えばその藩で家老が1000石クラスって規定があれば、200石の家の者が出世したら800石を追加で貰って、家老を辞めたら元の200石に戻る。


188 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/19(月) 10:05:25 ID:???
ふきさん・・・。
女は3界に家なしって、昔はほんとだったんだろなぁ。
それに比べて、現代女性の・・・略。

189 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/19(月) 11:45:14 ID:???
中村トオルの嫁役に奥貫薫さん出てたね
こちらは順調にパワーアップしてるな

190 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/19(月) 11:52:08 ID:???
>>189
奥貫さんきれいだった〜!
もっと出演場面増やして〜!

191 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/19(月) 12:11:54 ID:???
桑山家は女が強いとか、NHKに出てた沢田あやこがしゃべってたけど、
先代のオヤジも隼太もいいたいこといってるじゃん。
隼太は若い頃から威張ってたし。

桑山家も隼太の次男が跡継ぎになるから、やっと婿養子を迎えなくてよくなるな。




192 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/19(月) 12:48:44 ID:???
あの時代なら、いくら女が強いといってもあのくらいが限界なんじゃなかろうか。
中村主水みたいなのが誇張されすぎてると思うけどなー。

193 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/19(月) 13:20:03 ID:???
>>191
ウチは、父方(商人)も母方(職人)も祖父は婿養子だけど
両方とも亭主関白だった。婿養子は妻には威張るものらしいw
江戸時代なら、尚更だったんじゃ・・
だけど舅と姑には低姿勢だったんじゃないかな?

194 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/19(月) 18:24:54 ID:???
結局人によるんじゃないかという超平凡なことを言ってみる

195 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/19(月) 18:59:32 ID:???
>>185
地域と時代によって違うが、江戸期でも関西より西では存在していた。
>>187
100石<180石なだけ、もしくはようやく一人前扱いしてあげるって感じか?

吉田松陰の家なんで僅か6石だった(手取り3石か?)
それでも直接領主に軍学を教授していた。
渡辺華山は代々田原領の江戸家老の家、年間60石だった(貧乏藩だったので
更に減額されたとか)

196 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/19(月) 19:18:55 ID:???
長州みたいなテロリストの巣窟の基地外藩なんて参考にするなよ
甘い汁欲しさにそんなのと手を組んで国を傾ける薩摩も最悪だけどな
時流も読めずに利権を欲しがって反乱起こす芋侍www

197 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/19(月) 21:15:12 ID:???
バカがキター

198 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/19(月) 21:39:00 ID:???
( ゚д゚)ポカーン

199 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/19(月) 22:15:11 ID:???
ハァ?(゚Д゚)y─┛~~

200 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/19(月) 22:16:24 ID:???
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` ) 

201 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/20(火) 00:53:27 ID:???
寝るわ

202 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/20(火) 02:37:24 ID:Dwy8D/P2
ちかタン… (;´Д`)ハァハァ

203 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/20(火) 10:29:10 ID:???
「風の果て、尚(なお)、足(たる)を知らず」

尚(なお)、足(たる)を知らず ←この部分がドラマのテーマなんだろうな



204 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/20(火) 11:03:01 ID:???
足るを知らぬところから、葛藤が生まれる。
その葛藤こそ、すなわちドラマ。

もうひとつの筋は、青春時代の友情と、大人になってからの様々の境遇の違いによる葛藤。
その葛藤こそ、すなわちドラマ。
この放送ではそちらの方の比重も重い。
四十近くなると、学生時代の友人たちはそれぞれ勝ち組と負け組みにわかれている。
これは誰にでもわかりやすい。

205 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/20(火) 12:53:16 ID:???
>勝ち負け
あまりの単純頭に驚いた

脱サラ田舎暮らし
四里四方の物を食し
海山を愛で森と畑に憩う
勝ち負け焉我に何を為さんや

206 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/20(火) 13:07:29 ID:???
いろいろな価値観があるからね。
ドラマでも庄六は出世しないで貧しいけれど
夫婦仲良く幸せそうに見える。

207 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/20(火) 15:10:48 ID:???
いちのじょうをまけぐみとゆーのはいかがなものか

はたしじょうのいみがちがってくるぞ

208 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/20(火) 15:29:40 ID:???
>>207
又左衛門と市之丞の間に勝ち負けの思いは無い
んなこた〜 皆わかっとる

209 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/20(火) 16:36:16 ID:???
エンケン良いね。
目の演技と声が最高。

ところで今週の公式予告、
>殿(柳ユーレイ)
激しくワロタw

210 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/20(火) 19:30:29 ID:???
出世組と非・出世組
一般的な価値観では勝ち組と負け組
ドラマはそういう話にしないと思うけどね
庄六は残り3人にとって聖域かな

211 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/20(火) 19:35:14 ID:???
殿は又左衛門や忠兵衛たちより若いのかな?


212 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/20(火) 21:32:09 ID:???
ぐぐってたら すごい藤沢周平オタのサイトを見つけたw
特に風の果て関連がいい!

「風の果て」の年代とか「風の果て」の5日間とかなぜ市之丞は果し状を出したかの考察とか


213 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/20(火) 21:56:09 ID:???
あの風の音みたいなエンディング
風の果て〜♪ 風の果て〜♪
が耳について離れないときがあります

214 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/21(水) 07:52:30 ID:???
あれバンドネオンはやめたほうがよかったな
ラストで頭に浮かぶのがアルゼンチンの大草原じゃな
それでも安易なヴォーカル入り主題歌よりはましだけど

215 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/21(水) 08:55:21 ID:???
>脱サラ田舎暮らし
>勝ち負け焉我に何を為さんや

あまりの陳腐な例に驚いた。

216 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/21(水) 09:14:50 ID:???
>>212
サイトのURLも貼らずに「サイトを見つけた」とな AA略


217 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/21(水) 11:26:30 ID:???
このドラマの裏のテーマは、綺麗な嫁をもらうと不幸になる、ってことだよ

218 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/21(水) 18:19:59 ID:???
裏テーマは太蔵くんだ

219 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/21(水) 21:49:40 ID:???
これ終わると次は何?
また原作モン?

220 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/21(水) 21:58:47 ID:???
鞍馬天狗で野村マンサイ

221 :212:2007/11/21(水) 22:45:59 ID:???
>>216
ほい
ttp://www.j-real.com/ta-san/fjsw/sub7.html


222 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 02:20:22 ID:???
>>148
武家の奥方なら江戸末期までは皆引き摺ってない?
水周りなどの家事は使用人がやるし。

223 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 08:57:00 ID:mze7Qeet
放送日あげ

224 :本日:2007/11/22(木) 11:08:10 ID:???
22:50〜23:00 NHK教育 視点・論点
「藤沢周平の日本」 出演:松本健一
(深夜4:20〜4:30 NHK総合 再放送)

225 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 18:27:19 ID:???
いよいよ今夜が最終回か

226 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 19:21:59 ID:???
お引き摺りさんてそういう意味か

227 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 20:49:40 ID:???
原口とか小谷とか花岡とか堀田とか和田とか山之内とか奥村とか誰が誰やらもう
んで来週果し合いなら最終回は何やんの?

228 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 20:53:56 ID:???
めっさ面白かった!
あっという間に終わったよ

229 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 20:59:40 ID:???
これ見て、太閤立志伝久しぶりにやってる
派閥争い面白いお(^ω^ )

230 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 20:59:48 ID:???
今日のラスト、ようわからんのだが・・・
まだ、桑山が家老・忠兵衛にとってかわった訳ではいよな?

231 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 20:59:56 ID:???
柳ユーレイが良かった

232 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:01:45 ID:???
涼風真世 でらエロス

市之丞 はやっぱり嫉妬があったのか
そりゃそうだよな
出世を望まぬ奴なんていねぇよなぁ


233 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:02:09 ID:???
これって再放送してないんでしょうか?

234 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:03:32 ID:???
また泣いてしまった

235 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:04:05 ID:???
>>230
忠兵衛失脚は間違いなかろう


236 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:07:44 ID:???
仲村の演技がどうもね
首席家老どころか不良高校生のなれの果てにしか見えん

237 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:10:11 ID:???
>>236
地で首席家老の貫禄が無いな



238 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:13:21 ID:???
中村に比べて、佐藤ばかりが老けていくw


今回、4人の友の生き様の違いが…せつないのぉ

239 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:14:34 ID:???
あほな質問かもしれんが
ラスト、藩主退出後、桑山を残して重役が次々と出ていったのはなぜ?
あれで忠兵衛の負けを表現したのか?

240 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:14:37 ID:???
市之丞は出世したかったんだな
そういうことには興味ナスって顔してたのに

てことは激しい嫉妬の果たし状だったのか


241 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:19:52 ID:???
市之丞は来週、わざと負けて死ぬのかなぁ?
忠兵衛は、その内切腹かなぁ? さびしいなぁ
二人の末期の言葉が また泣かせるんだろうなぁ
悲しいけど、待ち遠しい(想像)   BGいいねツタヤレンタルまだだろうね

242 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:20:20 ID:???
涼風真世 (・∀・)イイ!!

平淑恵  (・∀・)イイ!! 

243 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:23:18 ID:???
>>241
来週はタオルを用意しとくか

244 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:25:21 ID:???
すみません
どなたか、最初10分のあらすじ教えてください・・・

245 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:25:54 ID:???
>>240
桑山の義父も死ぬ間際になって自分に出世欲があることを思い知るから。
市之丞もある種悟りの時期が来て泣いたのではないかと思う。
人生を登る事ができたものはともかく、そうでない人間にとって自分の中にある出世欲を認めることは
自分が人生に敗れたと悟ることでもある。
桑山の義父には跡継ぎがいたが、市之丞にはまさに何も無く引き換えるものが無い。
嫉妬であると同時に、認めることで自分を滅ぼす現実を自覚をしたと言うことじゃないかと思うが。

246 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:30:10 ID:???
>>245<人生を登る事ができたものはともかく、そうでない人間にとって自分の中にある出世欲を認めることは自分が人生に敗れたと悟ることでもある。


……ふ、深いのぉ

247 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:33:45 ID:???
感動しすぎて本気出しててごめんねw

>>239
まあそういうことかと。
10年前に起きた大黒の失脚のいきさつを調べなおせとも言っているし
うやむやにしていた過去の事件を再び表にしたと言う事で忠兵衛の失脚はお上の意思だとも取れる。
だから「はめられた」と言っているし、事実上政治の場で失脚したということかと。

来週が楽しみだ(・∀・)ノじゃあね〜

248 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:36:00 ID:???
杉山忠兵衛が御前評定でふきのことを元「婢」と表現してた
そこはNHK的にはGJと評価したい

249 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:36:38 ID:???
>>239
あほな答えかもしれんが
重臣のほとんどは杉山派だったので、杉山もうアカンと悟ったとたん
さっさと見捨てた、って感じに思えた。
騒動の時4人を逃がしたのを知っていたヤツは一番に出ていったし。

250 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:36:39 ID:???
>>245
>自分の中にある出世欲を認めることは自分が人生に敗れたと悟ることでもある。

わかる 俺にはわかる
しかし人生に敗れたとは残酷な言い方だなぁ


251 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:46:15 ID:???
忠兵衛がはめられたってのは、誰に対してだろう?

小黒の件は、屋敷から逃がしたのは忠兵衛の策としても、その後の無謀な行動は自業自得とも言える
(対策取っているとしても殺されるリスクもあるわけだし)
見ていたら軍用金の銀の流用のほうが大きい問題と感じたので、この策を忠兵衛に授けた人間を指しているんと思うのだが。

・羽多屋
・お上or一門の二人
・桐の間の長老

あたりかね、可能性があるのって。


252 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:46:42 ID:???

>>250 ヾ(′ー`)ヨシヨシ

253 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:47:11 ID:???
仕事の実績だけで郡代クラスから
中老さらに家老になった人なんて
いたんでしゃうか?
殿様とウホッならよくあると思いますが(´・ω・`)

254 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:51:18 ID:???
>>253
単に実績だけではなく、忠兵衛が上層部の反対派を一掃した結果人材不足になったことも一因。
人材の払底はしばしば有意の人物を発掘するものだ。

255 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:52:51 ID:???
お上とお中老にはめられた〜だね

杉山は桑山がお中老に呼び出されたことを知ってたし
お上にはめられたのなら、この先は反論しても無駄と悟ってがっくり諦めた  こんな感じか?

256 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:54:21 ID:???
>>244
最初のシーンは殿が開墾された太蔵が原を又左衛門の案内で視察に来る
殿は上機嫌で又左衛門たちに褒美をあたえる




257 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 21:58:27 ID:???
>>254
ありがとうございました
小藩だしある程度動かしやすいところは
あったんでしょうね
派閥争い激しいし


258 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 22:07:57 ID:???
>>253
殿が実績を評価してるからでしょ
そもそも太蔵が原の開墾を隼太にやらそうとしたのは殿(用人を通じて)なんだし
郡奉行に昇進させたのも殿の意向だし(忠兵衛の腹は違ってた)
郡代、中老になったのもたぶん殿の意向かと


259 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 22:13:31 ID:???
>>239
>>249
なるほど・・・
あれ見て、なぜか
当時の藩主は絶対的な存在なんだなと改めて思うた

260 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 22:50:57 ID:PQLLwNcY
教育テレビ始まったよ

261 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 22:52:17 ID:???
>>256          ありがとうございます!

262 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 22:59:19 ID:???
お猪口と徳利両手に持って、いそいそと庄六の待つ部屋に入る又左衛門。
この後のシーン、今回いちばん泣けた。

263 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:01:58 ID:???
反日ブサヨが藤沢周平を勝手に解釈しとる NHK教育視点論点

264 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:03:53 ID:???
10分番組だったのか
柿剥いてる間にオワタ

265 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:06:27 ID:???
柿なんて
皮ごと食えば良いのに…

266 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:08:24 ID:???
>>262
俺の人生は庄六だろうけど
それでいいよ
庄六のかみさんもいい奴だ
賄賂だって、、泣けるぜ

267 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:10:35 ID:???
最終回どうすんだ?
ケケ炸裂しないだろうな

268 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:10:48 ID:???
NHK教育視点論点
ナニ、この番組
ドラマ映像とか作家の写真とか出てくるかと期待したのに
ずうっと松本健一つぁんを写し放し
えらく偏向した話しをしてるようだし

269 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:23:47 ID:???
>>262
廊下イソイソは、なんか佐藤のビールCMかとオモ…

いや、思ってないない。

270 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:26:07 ID:???
>>266
庄六は自ら出世を断ってたんだな…
なんか、らしくていいよ庄六…

(これで隼人の失脚の原因が庄六の策略だったら…オソロシス!)

271 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:38:15 ID:???
ちゅー兵衛も孫ざえもんも市之丞を役職につけないのはなぜ?

272 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:44:49 ID:???
>>270
忙しいなか、自ら自分の酒持っていって、一緒に酒を酌み交わす(泣)
これが杉山にあったら・・・・。

273 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:47:06 ID:nYTYp+Ox
自分は藩の置かれている厳しい状況や執政入りしてから
の桑山又左衛門の生活の変化をドラマでも描いて欲しか
ったです。原作では困窮した百姓が城下に強訴におよん
だり、中老就任祝いとして豪商達から百両単位で賄賂を
贈られていたのに・・・。


274 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:48:51 ID:hiL1PeQg
途中までは泣ける話だったのだが終わったあと腑に落ちない

忠べえが鉛銀を勝手に処分したとしても、自分で使い込んだのでなく
藩の借金返すためなら、
建前上はともかく実質的にはそう悪いこととは思えないのだが
桑山は、いつもの集まり(評定?)でそれをもちだしても押さえ込まれるから、百姓の
ためとかごねてわざわざもっと大勢が集まる会を開かせるように計らい、
そこで爆弾発言をぶつけた
鉛銀がどうとかは別に百姓には無関係なことで、桑山は百姓のためとか言うのを
忠を打ちのめすための方便に使った、
そのずるさの方が印象深かった
ということかなあ


275 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:49:46 ID:???
>>253
その藩内部の機構、名称、器の大きさにもよると思うが
実際は家老って言っても色々あるみたいだね。

間違っているかもしれないが
忠臣蔵でお馴染みの播州赤穂藩浅野家の場合、改易の直前はというと
大石内蔵助(筆頭家老、代々家老)
安井彦右衛門(江戸家老、一代家老)藤井又右衛門(江戸詰家老、一代家老)
大野九郎兵衛(仕置家老、年番家老)他年番家老が2〜4名ほど

この大野って人はお取り立てだったような・・・

でも筆頭家老職まで上り詰めるのは、
この物語みたいに本人の能力以上の余程の何かの事情が有るのかもw

276 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:52:05 ID:hiL1PeQg
>>273
そうなんですか
だったら、最後のシーンも桑山がはめたってことでいいんでしょうか?
違ってたら、よければおしえてください


277 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/22(木) 23:55:33 ID:???
>>227
ちと整理してみた。

原口・小谷=藩主親族、お偉いさん
マタザ・ハヤタ=佐藤浩市
チュウベイ=仲村トオル
松波・山内=杉山派
堀田=元大目付
奥村=現大目付
和田=無派閥中老


こんな感じかしら('・ω・`)

278 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 00:12:56 ID:???
>>274
>建前上はともかく実質的にはそう悪いこととは思えないのだが
いつの時代も権力闘争では建前がすべて
其のカネはいざと言うときの軍資金に使うためだ、、と言う正論には勝てないな






279 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 00:15:20 ID:???
正論で攻撃されると辛いわな


280 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 00:23:32 ID:kA8erCd/
>>278
レスありがとす
ってことは、あの桑山の怒りは本心からではなくポーズというか、忠の非を
周りに印象付けるための作為なわけですね

そうか、これまでの回の、民のため土地を開墾したいという思いとか、昔の友に
なめられた屈辱感とか、観てるこちらの心がひりひりするような切実な正直な感情とは
明らかに異質だから、ぴんと来なかったのかな

桑山の変質を端的に表現してるということですかね

281 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 00:23:33 ID:uPrC/oS2
原作ではきちんと忠兵衛と又左衛門の政策面の違い(農政や藩の債務整理の方法)
が書かれていたのに、ドラマはそこを省略しすぎのような気がします。原作、原
作としつこくてすいません。


282 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 00:24:14 ID:???
相手が重箱の隅どころか
捏造に近い言い掛かりをつけて
こちらを潰しに掛かってきたんだ
それ相応の言い掛かりでやり返さないと
やられるだけになってしまうだろ?

それと上でも誰かが書いていたが
上や藩主親族は杉山の独裁を心良く思っていなかった
だから黒田家騒動を調べさせたり、それとなく桑山の
調査を後押ししていた
鉛銀の話がすんなりあの場で通ったのも、もともと
上の意向があったからで、杉山も瞬時に悟ったから
「計られた!」と叫んだんだろう

283 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 00:31:20 ID:kA8erCd/
>>281
原作読まない怠惰な者には、いろいろ示してもらえたらありがたいですよ

まあ、映像は小説に比べてべらぼうに金がかかるし時間(分量)にも制約があり、
自分のような小説読みもしない層までも考慮するためにあらゆる面で妥協を強いられます
そこらへん、スタッフの苦労や苦悩も思いやってすこし寛大な眼で見てやっていただければ
よいかな、


284 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 00:42:06 ID:kA8erCd/
>>282
自分なら、やましいことはないのだからわれ関せず、と平然としていたらよいのでは、
と思いがちなのですが、そうはしてられない、
食うか食われるかしかないってことですか?
うーん、でも、無心でいればよいような感じが捨てきれない、
やはり防衛というよりは桑山自身に権力闘争への意欲がうまれたんではないですかねえ
なお、原作に詳しく書いてあることだったら、むだな疑問ですいません

285 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 00:46:26 ID:uPrC/oS2
>>282さん
自分も同じ考えです。
あの会議に藩主の出席を求めたのは又左衛門だし、藩主や連枝の有力者が
創藩以来の名門である前家老の家を一族滅亡にまで追い込んだ忠兵衛を快
くは思ってない状況下で、鉛銀の不正流用の暴露すれば失脚に追い込める
と考えていたのだと思います。だから忠兵衛は叫んだんだ思います。

286 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 00:52:48 ID:???
杉山は、 武市半平太みたいだな

287 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 01:02:02 ID:kA8erCd/
>>285
だとしたらやはり自己防衛というよりは狡猾で戦略的、攻撃的ですよね
憬れの女を忠にとられ、ふきにそのやるせなさをぶつけ、タイゾウガ原に思いをはせ、
桑山の人柄にほれこみ、市蔵に何もしてやれぬことを苦しみ、横暴な小黒に立ち向かい、忠に屈辱を味わわされつつじっと耐え、
いちのじょうの苦しみを知って自分を恥じつつ涙し、といった純粋な桑山像と、どうも
つながらないのですが、ドラマではあのシーンが桑山の変容を表してるわけですかね

それとも、つながらないのは自分だけで、皆さんから見たら違和感なくつながってますか?

288 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 01:04:28 ID:???
>>283さん
281と同じ者です。そう言って頂けると嬉しいです。そうですよね。色々と制約
の多いドラマ制作陣の苦労も考えずに我が侭を言い過ぎました


289 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 01:07:46 ID:???
>284
ただ悠然と構えていたら確実に潰されると思う
罪をでっち上げて陥れられる可能性もあるし
向こうが対決姿勢に出た時点で、何もせずに
やり過ごすのは無理でしょう

290 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 01:14:43 ID:???
>>287
又左衛門は別に清廉潔白な士じゃないよ
太蔵が原の開墾を夢見た若い頃の隼太も又左衛門であり
出世を願い権力を心地よいと感ずるのも又左衛門でしょ


291 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 01:16:04 ID:???
>>287
潔癖性で正義感が強いのは良くわかった

が、そういう視点でこのドラマを見ていると
人の心の動きや政治のやり取りといった暗部を
読み解く事は出来ないだろうというのも良くわかった

292 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 01:17:22 ID:???
藩主、一門が杉山派を
快く思ってなかったんだな
で白羽の矢が又左にたったと


293 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 01:22:46 ID:???
最終回はテレビオリジナル脚本らしいけど、
いままでの余韻ぶち壊して欲しくないなぁ。

294 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 01:23:27 ID:???
逆に考えれば
又左は杉山一派追い落としの為に利用されたとも言える

そもそも黒田一族があれほどの仕置きを食らったのも
藩主一族が見放したからだろう
恐らくその当時の杉山の重用は黒田一族に対抗してのものとも思えるし

そうなると、第一話であった又左の失脚シーンも、恐らく藩主側から
用済みと見なされたからだろうな…

295 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 01:24:20 ID:kA8erCd/
>>289
レスありごと
ではあなたはあの桑山の行動に共感できたってことですね
やはりそれが普通かなあ

ただ、自分としては、あの純粋だった桑山なら、自分は潔白だからとほうっておくか
、直接忠を諌めるという選択肢もあるんじゃないか、
自分から同じ穴の狢で相手の追い落としはかるとは、ってどうもひっかかる

頭で、理解できる、ではなくて、ほんとに心から感情移入できましたか?確かめさせて

それとも、桑山の変容って、ずっと前から少しずつおきてきてて、自分が気づかないか
無視してたのかな?

ああ、ちょっとこだわりすぎかな
ただ、みなさん、頭で理解できる、ではなくて、感情で、共感できましたかね、それが知りたい

296 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 01:34:04 ID:???
>>295
又左衛門と忠兵衛を善と悪というふうに見てはいけないでそ





297 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 01:34:46 ID:kA8erCd/
皆さんのレス読まずかきこみすんません
 でも、若い時は、筋を通し出世棒に振った蟹江桑山にひかれたり、小黒息子に
立ち向かったり、結構熱血でしょ
それが、どういうふうに、291の言われるような、暗い動機で動くようになるのか、
なったのかが知りたいのですが
そもそも原作ってそういう話じゃないのですか?そうなら失礼
あと294さん、失脚してたとは、わからなかったっす、びっくり

298 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 01:44:30 ID:???
>>287さん
自分には若き日の荒野の開墾を夢見てた上村隼太も執政桑山又左衛門も同じ人物
物だと違和感なく考えれます。又左衛門は貧しい下士の次男坊から郡奉行がやっ
との桑山家の養子に行き、苦労を重ねながら開墾を成功させて執政まで昇進しま
す。千石の御曹司である忠兵衛とは違い、並大抵の苦労ではなかった筈です。そ
の地位を奪われそうになったら、豪商などからの付け届けの金を遣い、孤立を避
けるなど入念に下準備をして対抗すのが普通だと思います。長文になってしまい
すいません。




299 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 01:49:26 ID:kA8erCd/
>>296
忠は若くから一貫してるでしょ、市蔵脱藩の際とか
又は、市蔵の時とかでも、若い頃は徹しきれないが善への指向が強かったと思いますが
それが忠と同じ感じになってきた 

だから、正義とかもちだすのは弱者強者の強がりでだれだって権力がほしいんだ、欲
に生きろ、って藤沢先生が言ってるわけでもないでしょ

正義とかに燃えてた若者がどうして、どのように変わってきたのか、がわからん
見落としてるのかなあ、原作嫁ってことですか?

300 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 01:56:14 ID:kA8erCd/
>>298
れすありがとす
そうですか、やはり違和感ないですか、それが一般的なんですかね
自分の深読みがはずしてるのかな、
なんか長々ひっぱり恐縮でした
世もふけてきたし、この件はここらでとめようかと思います
みなさんありがとう



301 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 02:05:14 ID:???
二人の友人関係は、忠兵衛が藩主の意向である又左衛門の中老昇格に反対して
自分の縁戚を据えようとした時に既に終了していたんだと思う。又左衛門も、
この事実を知って忠兵衛の上士意識というか、腹の底を知ったみたいだし。




302 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 03:20:33 ID:???
>>295
桑山が純粋だとか、おまえはこれまで何を見ていたんだw

出世欲があることを親父殿に見透かされたり、
杉山に嫉妬していることをふきに愚痴ったり、
家に嫁さんがいるのに昔の女を囲って仕事帰りに通ってたり、
ただの普通のおっさんだろw
杉山から自分がいいように利用されてるだけってことも自覚してたし

303 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 04:05:19 ID:???
>>295さん
小説では又左衛門は領内の豪商や豪農からの賄賂を私利私欲の為に消費せずに、家中の
借金で困っている有能な藩士に融通したりして、忠兵衛派に対抗して味方を増やすのに
遣っています。それも不純ですか?また又左衛門自身も自らの権勢欲に気づき自省して、
忠兵衛との政争に正義あったのかを自問していますよ。又左衛門は純粋ではなかったか
もしれませんが、それなり倫理観を持った人物だと思います。



304 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 04:11:38 ID:oc0NBmYY
忠兵衛失脚への又左右衛門はだんだん積もって圧してくる雪をある日払った竹みたいなもんじゃない?
でももう元の真っ直ぐだっ竹には戻れない。
急に変わった訳でもなければ昔と同じ訳でもない。月日や人との交わりは人をゆっくりと変えるもの。
だから桑山家に入らなかった場合の人生を体現したような友と戦うんだよ・・・・
本質が一番似通う二人だったから。

305 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 04:50:53 ID:???
忠兵衛は権力を得るにつれて、隼太(又左衛門)を信頼のおける友というよりは
ただの重宝な手駒として見るようになってたよな。
例えば小黒落としの件でも、友だと思ってたなら自分の仕掛けた罠について説明してただろうし。
又左衛門が今回そのからくりを知って驚いたのは、例え政治で対立しようとも、いいように使われてると感じても、
忠兵衛を友だと心の隅では思っていたからじゃないだろうか。
これまでの忠兵衛の態度(自分を軽んじる発言とか)によって少しづつ溜まっていた不信感が
小黒落としで手駒につかわれた、と確信したことで爆発したんだろう。
これには家格の差を当然とする忠兵衛と、実力で対等の立場に立とうとした又左衛門との
越えがたい意識の差もあったんじゃないかとも思うな。

306 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 04:59:21 ID:???
道徳的に正しいことで政治的に正しいものはない。 D・オコンネル   

307 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 05:55:55 ID:???
実際問題、杉山派と対立した又左衛門に残された防衛手段て杉山派を追い落として藩政
の実権を握る以外に選択肢て残っていたのんだろうか?健康問題を理由に隠居とかかな。
でも、それは執政に抜擢してくれた御上の期待を裏切る事になるし、在職中の事を理由
に忠兵衛に訴追される可能性が残る。結局、又左衛門には忠兵衛を失脚させる以外に残
された道はなかったんじゃないだろうか?


308 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 06:56:32 ID:c7AKcjjH
結局、忠兵衛は公金横領は、してなかったんだ。。
そんなに失政とゆうほど、悪い事してない
友を利用したとか不当な手段で、小黒をつぶしたとか、あったけど
又、そんなにつっかからずに郡代のままで、市之丞を召抱えて
いっしょに、飄々と生きていけば
よかったのに。やれやれ


309 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 07:18:26 ID:???
風の果て〜〜
風の果て〜〜

昨夜からずっと脳内再生

310 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 07:23:29 ID:???
>>308
藩祖が軍事費と使途を限定して残した鉛銀を他の用途に使ったのは大ポカ。
この時代祖先の言葉は非常に重く、現藩主ですら逆らうことができないことが多いぐらいだ。
首席家老とはいえども臣下が背いたのは大問題。
指摘されなければ問題にならなくとも正論を唱えればそういうことになる。

311 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 08:02:51 ID:???
>>294
1羽見逃したからなあ
又座も失脚するのかえ?

312 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 08:07:44 ID:???
>大野九郎兵衛(仕置家老、年番家老)他年番家老が2〜4名ほど
>この大野って人はお取り立てだったような・・・

そうだよ、新規召しかかえだよ。
禄は確か650石ぐらいだったと思う。
元禄の頃から各藩で経済通の人間が新規採用されるようになる。
忠臣蔵もまあ、経済問題なんだろうね。

大野は大石と違って一代限りの家老。
浅野家改易後は、さっさと見限って討ち入りにも参加していない。
忠義という意味では、代々の家臣はやはり大切なんだろうな。

313 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 09:00:07 ID:Cb0OSx5R
ドラマでの又左衛門の人格。
今回の6話の中で十数年くらい時がたってるからその中で色々あったのだろう、と勝手に納得。
どうやって出世したかとか、全く書かれてないよね。だから心の変化も全くわからない。

そもそも、隼太は若い頃からすでに原作とは人格が別なので
これを混同しながらドラマを見ると混乱するわな。

314 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 09:11:20 ID:???
風の果ての主題歌、歌詞は手を抜きすぎではないか。

風の果て〜風の果て〜
なお足るを知らず
風の果て〜

こればっかじゃん
でも水路に水が流れる景色はなんかいい。



315 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 10:45:48 ID:???
>>311
原作は読んでないが
第一話で又左衛門は失脚してないでしょ 
批判の声があるのはわかっているが、俺は負けんぞと言ってたし


316 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 10:52:18 ID:???
来週果し合いをしてしまったら、最終週はそういうオリジナル展開だろうという予測でしょ

317 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 11:36:40 ID:???
レス読まずカキコ。
今回も面白かったが内容の把握はわけわからず。
どんどん出世したり年数飛んだり登場人物増えたり。

とにかく仲村トオルが悪いことしてて
それを佐藤浩市がとがめたってことぐらいしか理解できなかった。

後、これだけ登場人物出てくるんだったら
もっと丁寧に公式で20人ぐらい登場人物(相関図)紹介してほしかったなー
それぞれの敵・味方がまずわからんからなー
チラっと出ただけじゃこいつらの顔の認識できねー
でも凄いドラマだお!

318 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 12:04:48 ID:???
今昨日録っといたの見てここに来た。
今回も泣けたよ〜&ここでも皆が熱く語ってるのがとってもうれしい。
会社でもハゲタカに引き続きロビー活動展開してて(w、
見てくれてる人が増えてるんだけど、原作読んでない人や
時代劇見慣れない人には結構質問される。
そろそろ民放みたいに、スタジオパークかどっかで
クライマックス前に!これまでのおさらい&FAQ風の果て!
みたいなのやってくれてもいいのにね。


319 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 12:07:41 ID:???
10年くらい前に小説を読んだからか、面白く見れた。
テレビだけだと確かにわからんかもな。



320 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 12:13:38 ID:5kmWsDDU
ドラマから入ったクチなんで、最終回まで見てから原作読もうと思ってます。
現実のオレは庄六だなあ。

321 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 12:20:31 ID:???
>>221のサイト内から

「風の果て」の年代表
ttp://www.j-real.com/ta-san/fjsw/suuhen19.html

↑かなり詳しく調べてあるよ 又左衛門の年齢と履歴


「風の果て」の五日間
ttp://www.j-real.com/ta-san/fjsw/suuhen191.html

↑これは次回のネタバレになるかな?
又左衛門が市之丞から果たし状を受け取った日から対決の日までの行動まとめ



322 :321:2007/11/23(金) 12:26:54 ID:???
上のサイト「風の果て」の年代表は
又左衛門の年齢とか役職とかが原作の根拠も含めて調べてある
ここまで調べ上げてるのはすごいな


323 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 13:19:10 ID:???
>310
先祖の言葉に背いたってのも十分痛いが、
武士のタテマエからすると、
武備に充てるべき資金を他に流用したっていうのも
かなり重大だった気がする。
3代の遺言が「我が藩に危急のことあらばこれを使え」
みたいな内容だったら批判されなかっただろうにな。

324 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 13:19:42 ID:VksR5V8C
>忠べえが鉛銀を勝手に処分したとしても、自分で使い込んだのでなく
>藩の借金返すためなら、
>建前上はともかく実質的にはそう悪いこととは思えないのだが

この辺、たぶんわかりにくい人が多かったように思う。
たとえば江戸期を通じて取り潰された大名は多かった。
国防の義務を負わせた幕府の要請に応えないと、難癖つけられて、あの程度の藩など吹っ飛ぶ。
杉山の失策はお家の一大事になりかねんということ。
ただごとではないよ。

また幕府は大名の借金には比較的寛大だった。
幕府に借金を申し込む大名もあったほど。
米の経済が、急速に進行する商品経済や金融資本に対応できてなかったから、
幕府とて大いに苦しかったという話。

さらに言えば、封建時代だから先君、先々君の遺言・家法は絶対的なもの。
これを否定すると、当代の殿はおろか、おのれ自身(千石取りの杉山家)をも否定することになる。

最後に。
ちゃんとした時代劇ってのは難しいね。
水戸黄門みたいにめちゃくちゃならいいんだけど・・・






325 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 13:35:21 ID:???
庄六が草鞋のお守りを昇進祝いとして差し出したシーン、
なんだかしらんが、とてつもなく泣けた。

326 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 13:43:32 ID:???
>>320さん
現実の自分は剣の出来ない市之丞です。頑張ります。

327 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 13:46:18 ID:???
>>326さん
現実の自分は女のいない市之丞です。頑張りようもありません。

328 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 13:54:13 ID:???
>>327さん
現実の自分は剣も出来ず女もいない市之丞です。どうしようもありません。

329 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 14:05:44 ID:???
この藩のモデルと考えられている実在の藩は譜代大名の中でも名門だから改易
はなかったとしても、軍資金を使い込んで軍役を果たせなかったとしたら幕府
から咎めたてられる可能性はあるよね。藩の体面もあるし、財政が苦しい中で
減封処分とかになったら最悪だよね。

330 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 14:14:44 ID:???
>>320,326-328

オマイラ…(涙)

331 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 14:16:27 ID:???
うん。
譜代の格別の家ならまず取り潰しはないな。
けど、軍役を果たせなかったら知行をわたくししていることになるし、
殿様が千代田の殿中でどんな嫌味をいわれるかわかったもんではなく大恥をかくことになる。
家臣は切腹もんだろう。

でも、このドラマは面白いな。
殿様が独裁権をふるうのではなく、家臣が藩政の責任をすべて負うことになっている。
だから藩主や連枝は直接行動ではなく間接的に意志を伝える。
この微妙な呼吸にリアリティがある。

332 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 14:28:32 ID:???
>>331さん
江戸時代の殿様は最終的な裁可権を持っているだけで、余程、個性的な殿様以外は実務は家老に一人していたイメージ
があります。

333 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 15:08:43 ID:???
展開が速すぎて、整理し切れてないが、杉山は既に主席家老なのか?
隼太もトントンとイキナリ出世したが、まだ杉山は上なのだな。
あんな少人数で、政治を可決してるのはチョット違和感感じるけど、
当時はあんなもの?

334 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 15:13:37 ID:???
おまえら、自分が庄六だの市之丞だの言っておるが、
一蔵に比べれば、はるかにマシジャマイカ。

335 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 15:15:07 ID:???
最終回とか言ってる人いるけど、もう放送終わった地域があるって事?

336 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 15:25:27 ID:???
仲村トオル(ナカムラトオル)1965年9月5日生まれ
佐藤浩市(サトウコウイチ)1960年12月10日生まれ

5歳も佐藤浩一のほうが年上だから、やはり違和感がある。

337 :335:2007/11/23(金) 15:26:45 ID:???
なんだ、先走って最終回の早読みか…。やっとHDDで見終って、展開が面白くなってきて感動にふけってるのにビビッタよ。

338 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 15:45:15 ID:???
>>334
じゃあおれ隼太のパパでいいや・・・

339 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 16:09:10 ID:???
最終回、オリジナルストーリーでケケ暴走、視聴者おいてけぼり、そして伝説へ…

340 :335:2007/11/23(金) 16:11:15 ID:???
いいねー。(TT)独身で連れそう相手も居ないやな。
自営手伝いっつっても無職と言っても過言では無いし…。
>>326-328市之丞の♀版だわ…。
でも、類に子供出来たら、もう少し考え方が変わりそうなもんだが。
それも二重苦か。

341 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 16:35:13 ID:???
>>340さん
宮坂家の子供て一蔵に似るか、類に似るかで凄い差を感じる…。
でも一蔵の脱藩がなければ一之丞の苦悩はなく忠兵衛の走狗になって汚れ仕事
をすることもなく穏やかに暮らしていたんだろうか?

342 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 16:44:16 ID:???
けけけ
「殿」がユーレイだなんて
こいつ生きてたのかよ。

堀部圭壱の商人にしても
やたら「死人顔」がめだつ。

全体に画面が暗く、不吉なドラマだな。

343 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 17:06:49 ID:???
仲村トオル下手糞だったなぁ。他に俳優さんいないの?
佐藤浩市は渋いねぇ。原作は?藤沢周平!へぇ〜。
昨日、久しぶり時代劇を堪能したぜ。
しかも政治劇ときてやがらぁ。異色の時代劇だね。
来週も楽しみ。

344 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 17:39:53 ID:5kmWsDDU
あの年代で佐藤浩市とタメ張れる俳優って、誰がいるだろ?
渡辺謙じゃ強すぎるかな

345 :335:2007/11/23(金) 17:43:35 ID:???
仲村トオルは、20年前のビーバップハイスクールから全然成長してねえな。
連ドラでも思ったけど。ミポリンに渇入れてもらえ。

346 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 17:48:56 ID:???
つ中井貴一

347 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 18:00:45 ID:48ETAxm0
蝉しぐれは秘剣村雨のシーンの度に失笑してしまったが
これはそうゆうシーンが無いから良いな

348 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 18:06:20 ID:???
>>346
それじゃ壬生義士伝…。

>>344
ケンワタンビとは炎立つで共演してたよね。
あの佐藤はよかったなー。

349 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 18:15:17 ID:g3cnF4uc
渡辺兼が、演技うまいとは、どうしても思えない
あの大袈裟な言動は、炎立つでしか生きてない。
ラストサムライでも、御家人斬九郎でも、いまいち


350 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 18:19:44 ID:5kmWsDDU
よし、村上弘明で。

351 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 18:24:37 ID:???
>>344
渡辺謙は佐藤よりひとつ上で同年代だな。
渡辺謙の場合、江戸の経済官僚というより戦国武将だろう。

中井貴一の場合、佐藤とそのまま入れ替わってもなんの違和感もないと思う。
来週、突如として又左衛門が中井になってても俺はふつうに観るw

しかし40代後半のいい俳優って、案外少ないぞ。


352 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 18:33:24 ID:???
それじゃ村上とまた年齢差を感じるぜぃ

353 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 18:35:27 ID:???
真田広之でいいぞ佐藤と仲いいし

354 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 18:41:14 ID:NtjiMca6
ミキプルーンタンで良いよ

355 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 18:43:23 ID:???
つ 段田安則

356 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 18:52:06 ID:???
渡辺謙さんは確かに、経済官僚というより君主の方がしっくりきますね。自分として
は中井貴一さんは又左衛門というより門閥家老の聡明な御曹司の忠兵衛の方が似合っ
ている気がする。

357 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 18:56:08 ID:???

中井はおもさげながんす〜と言い出しそうだから却下
40代半ばの頃の山崎努とか緒形拳とかで見たいものよ

358 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 18:57:37 ID:???
自分も中井貴一で又左を連想はしなかったな
あのいかにも端然とした切れる侍を演じられる
貴一は忠兵衛だと思う

つか、仲村トオルと顔立ちも似ているし
あのまま青年役仲村トオルから中年役として
入れ替わっていても何の違和感も持たなかったろう

359 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:04:40 ID:???
忠兵衛に貴一、賛成


360 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:12:49 ID:???
ところで原作にない最終回があるという事ですが、又左衛門が失脚したりする
んでしょうか?どの様なストーリーになるか皆さんの予想など聞かせて頂けな
いでしょうか。御願いします。

361 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:17:39 ID:???
>中井貴一さんは又左衛門というより門閥家老の聡明な御曹司の忠兵衛の方が似合っ
ている気がする。

禿同。ご本人も育ちいいし、ふぞろいのリンゴたちのお坊ちゃん的イメージあるし。


忠兵衛は榎木孝明とか辰巳琢朗なんかもよさそうな・・・



362 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:22:10 ID:???
又左衛門は西田敏行で

・・・・まったく違うテイストになるであろう

363 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:31:48 ID:???
>又左衛門は西田敏行で

お家乗っ取りを企む悪家老のイメージだぞww


364 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:33:28 ID:???
親父が津川雅彦になりそうだな。

365 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:36:20 ID:???
おまえら、中井貴一をちゃんと見とらんな。
いつまでも坊ちゃんイメージではないぞw

366 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:37:16 ID:???
仲村トオル、悪くなかったぞ。
むしろ佐藤浩市の方が役に合ってない気がする。

367 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:37:49 ID:???
三国連太郎でもいいかも<親父

368 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:38:20 ID:???
原作どおりの悪妻、満江役で岩下志麻・・・

ありかもしれん

369 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:38:30 ID:???
仲村トオルの演技がどうとか言われてるけど
島津久光あたりを地でやれそうな感じ。

 蝉時雨をレンタルで観た時思ったんだが
時代劇は配役の位置?で決まるんじゃないかと
もちろん演技が大切なのは当たり前なんだが
 村上と勝野があの役をやったから難しい説明もなく
すんなりと悲劇が納得できたと言うか

370 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:44:33 ID:???
西田敏行、津川雅彦、岩下志麻、んでもって殿様役に梅雀
脚本はジェームス三木かw

371 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:48:01 ID:???
中井貴一はヤダ!! 二世タレントばっかりになる。
あとどうせ二世なら香川照之の方がマシ。
知名度的に唐沢寿明か阿部寛、真田広之で我慢するよ。

372 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:49:59 ID:???
香川、いいね!
香川なら又左も忠兵衛もどちらも出来そうだ

>>370
今回以上に青年時代とのギャップが生まれそうだw

373 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:51:35 ID:???
ポジション的には秀吉役者だな忠左衛門は

374 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:53:38 ID:???
>>370
分かってるじゃないかw

375 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:55:12 ID:???
忠左衛門てだれよ

376 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 19:56:19 ID:???
又兵衛とか?wwwwww

377 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 20:02:57 ID:???
一六役は津川敏行でぜひ

378 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 20:04:39 ID:???
風の果ての果てと
果たし合いは、
なんかかけてるのかな原作者やっぱり

379 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 20:09:36 ID:???
庄六の家は20石となってるけど、お目見え以下か?
内職に精を出すというより、又左衛門の新田開拓で半農半士の郷士のような感じだな。
この藩は最下級でも石取りなのか?


380 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 21:05:45 ID:???
>>370さん 御目見え以下がどうかはその藩の規模や事情によって変わってくるから一概
には言えませんよ。

381 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 21:14:31 ID:???
杉山が慣例に反して借金返したのがなぜまずいかは上の方の解説でわかったけど
諮りもせずに勝手に借金返済した理由は?


382 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 21:50:21 ID:???
>>295
隼人って若い時からそんなに純粋なヤツだったかなあ。
自分はそんなにいい人間と捉えていなかった。
友情に感動しつつも保身することを捨てきれないというか
非常に人間臭い。
郡代就任(だったっけ?)の話を妻から聞いたときの、いやらしい笑いったらw

383 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 21:55:39 ID:???
>>381
慢心ではないかと。

384 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 21:57:33 ID:???
忠兵衛が赤いタートルネック着とるwww

385 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:00:43 ID:???
>>383
慢心で借金を返す、かなあ?
勝手に借金増やすんならわかるんだけど。

386 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:03:28 ID:???
>>324
やっぱお殿様に使用許可のハンコもらわなかったのが
まずかったんじゃね?

387 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:05:42 ID:???
>>385
「城下敵なし、筆頭家老の俺様がこの借金まみれのお家の
 借財を減らしてやるのに、一体なんの不服があるというのか。」

こんなところじゃないかと愚考しておりまする。

388 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:07:05 ID:???
>>336
30過ぎたら皆おなじ

389 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:10:44 ID:???
>>359
よし!今から撮り直しにGO!

390 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:12:07 ID:???
きいっちゃんはカッパとタヌキと遊んでる姿がいちばん輝いて見える

391 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:15:42 ID:VA/Oa8aC
杉山は切腹するのか?

392 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:21:28 ID:???
藩の内部では隠していて、商人にはちゃんと返しているって動機が判らないといえば判らないんだよね。
又左は、初めてその話を聞いていたとき「驚いていたから、借金の利息は払えていない(だけど、それは責任問題にはならない))って認識していたわけだ。

正式な手順なら、執政の会議て話を出して、お上の許可を得て流用なんだろうけど、
利息を滞納して商人からゴネられた(新しい借金が断られたとか)けど、それを反対派に知られると自分の落ち度になるので
「鉛銀を使っては?正式な手続きをしている時間はないので、お上には内密に話しておきます」とか言われてつい乗ってしまったってことなのか。


393 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:24:04 ID:???
>>378
風の果た試合?!
洒落にもならん
下らぬ事を申すでない
・・・ハッ!
お主ケケ山かっ?
犬HKもお粗末よのぅ


394 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:26:52 ID:???
>>390
武田信玄やってた頃、あれこそ真のお館様よ、といつも書かれてたなw

395 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:27:20 ID:eqj92Oyr
最近忙しくて見てないので、話がどうなったか知りたい。

396 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:27:34 ID:???
>>384
自分が藩政を全て取り仕切ってる、誰かにお伺いを立てる必要はない、
とか思っちゃったんでは?

>>295
皆の憧れの女性が友人に嫁いだ夜に酔っぱらって(?)ふきに手を出したり
そのふきに一言の挨拶もなしに婿入り決めたり、
最初から純粋でもなければ大して立派な人間でもなかったと思うよ

大体、年を重ねても変わらずにいられる人がいるか?
出世すればそれだけ権謀術数も身に着けなきゃならないわけで

397 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:31:34 ID:???
>>395
>>321

398 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:39:27 ID:???
>>392
自分の落ち度になるのが嫌だったというのはあると思います。
でもあの時点で忠兵衛に「反対派」はいないのでは。
他の執政のことはすべて自分より格下と見ていたでしょうし、
お上には機を見て打ち明ければ良いと考えていたのでは、と思います。
慢心、驕り、油断、そうしたものが忠兵衛にはあったのではないでしょうか。
商人の口車に乗せられたのかどうかは、わからないですねえ。
軍資金としての鉛銀のことを商人が知っているのであれば、
案外そうかも知れません。

399 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 22:48:36 ID:???
>>398ですが、
よく読むと「商人の口車」云々は、私の勝手な解釈でしたね。
お詫びします。

400 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 23:47:21 ID:???
杉山派がわが世の春を謳歌してるみたいなこと言ってたけど
その具体的な話はなかったからぴんと来ない

401 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 23:51:58 ID:???
ルイがまったく老けメイクしてなかった
ヴァンプのヴァンプたるゆえんか
ふきはバトンタッチ後から老けてたけど
又左衛門に出してもらった店ってずいぶん大きいのな


402 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/23(金) 23:58:56 ID:???
江戸時代の武士は平和な時代になってもいざ戦いが始まったときに備えて
家老級から平侍クラスまで、それぞれがみな禄高に応じて戦支度のための軍資金を
持っていたという話を聞いたことがある。

当時の話だが、ある浪人が困窮のあまり餓死しても糊で封をした軍資金には
手をつけてなかったとか。

だから藩レベルでもいくら経済的に困窮しているからといって
秘蔵の軍資金に手をつけることは当時としてはタブーだったんじゃないの。

まず何よりも戦士であるはずの武士団が、いざという時にいくさができないんじゃ
存在価値なし。

杉山も公然と軍資金を転用しようと言えば、一同に反対されるのが
わかっていたから、密かに流用したとか。

403 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 00:06:28 ID:???
上のほうで詳細に解説してるな。
無駄な書き込みしたようだ。
>>402についてはスルーしてちょ。

404 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 00:13:02 ID:QmF8VYkd
なんか盛り上がってますねえ よかったよかった
自分の疑問についてもいろいろと教えていただきありがとうございます
要するに資本主義の浸透した現在と違い当時は、まだまだ財政や経済より
武士の建前やらがずっとずっと重視されてたってことですね、なるほど

あと、バレー見てた奴に今日話を聞かせてて気づいたのは、
小黒失脚の夜、実は小黒らが襲ってくることわかってて(仕組んでて)又や市
を護衛につけたということが、又の怒りを燃えさせたように描いてあったこと
斬り合いした又にしてみれば、
「てめえ、俺や市が切り殺されてもかまわんと思ってたな」と自分の命にかかわることだけに
決定的だった、ということかな、と思った

まあ、これ以上は原作読んでみるべきでしょうね
小説では10のエピソードで丁寧に描写されることを、ドラマでは例えば
一つのエピソードで端的に表さねばならなかったりするのもよくあることだし

こうや












405 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 00:26:53 ID:???
これ以降、独り言は手短にたのむ。

406 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 00:33:23 ID:???
藤沢周平は「霧の果て」という物語も書いている




これ豆知識な

407 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 00:37:23 ID:???
いや要らんだろその知識

408 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 00:51:16 ID:???
>>406
やっぱり果たし合いがあるのか?

409 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 00:57:08 ID:???
六話の冒頭で、藩主がくれたタバコ代(しみったれた褒美だなあ)の盆を
郡奉行の桑山が押し頂いて開墾従事者(普請組?)の一同にむかって
「喜べ、藩主様より…」と叫んだ時に、
庄六が進み出て礼を述べていたけど、
ということは庄六はあの小集団の中では頭格だったのかな。

原作ではどうでした?

410 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 01:20:08 ID:???
>>400さん 
忠兵衛は小黒派を屠った政変以来、執政職やその他の要職を自派で固めて藩政
の実権を完全に掌握してたし、表高十二万五千石(実高十七、八万石)の筆頭家
老には領内の豪商、豪農など見返りを求める者達が富を運んできたろうし、そ
の金が更に人を集めて権力を強固なものしたのではないのでしょうか。

411 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 01:32:32 ID:???
煙草代って言っても50両ぐらいはいただけたんだよ。

412 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 01:34:57 ID:???
次回果し合いをやるようだけど、
筆頭家老といえども、そんなことをやったら咎めを受けることになるでしょ、普通は。
立会人もいなかったようだし、市の丞を斬った後はとんずらかな。

部屋住み身分とはいえ、家中の者が斬られたわけだから、大目付も調べるだろうし、
これが原因で桑山も失脚とか。

413 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 01:41:46 ID:???
>>412
双方が承知した上での果し合いは合法。
立会人や審判人は必須ではない。

414 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 01:45:36 ID:???
>>409さん
原作ではあの場面に庄六は登場しません。御上が太蔵が原の開墾の成果を又左衛門
聞き、御忍びで開墾地を視察して後日、タバコ代という名目で五十両が開墾人夫達
にあたえられた。そして収穫の時期にもう一度、御上は開墾地をお訪ねになった直
後に又左衛門の郡代就任の人事が発表された事が書かれています。


415 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 01:49:44 ID:???
あの鉛銀の件は、桑山が羽太屋と癒着してるって杉山が攻撃したのに対して、
杉山はそれよりもはるかに悪質に上方商人と癒着してるじゃないか、と暗に主張したのではないのかな。
藩の軍資金を勝手に使ったのが武士として不心得、っていうのが表の攻撃理由で、
裏の理由としては上方商人との不明朗な関係。桑山は自分のことについてはある程度はっきり申し開きが出来たけど、
杉山は何とも弁明できなかった。まあ、殿様の婉曲な態度による後援もあったけど。

あと遅レスだが、>>262のシーンは杉山の婚礼のときのシーンとかぶる気がした。
杉山は藩のお歴々が祝いに来る中で昔の仲間のところにあんな感じで来ていた。
そのときは5人いたけど、今は2人になってしまった、と。

416 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 01:51:01 ID:???
414と同じものです。読みづらい文章でスイマセン。

417 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 03:39:41 ID:???
しらんかったけど、これ藤沢周平得意の「海坂藩(庄内藩酒井家モデル)」らしいな。
雅楽頭を世襲する家ではないけど、酒井一族といえば井伊とならんで幕府大老を出せる格別の家。
徳川の譜代筆頭だから転封はあっても取り潰しはないな。

地方藩といえば、白石一郎の福岡藩を舞台とする作品も面白そう。
なんか金印が出たときの話だけ読んだことがある。

418 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 09:02:14 ID:???
海に面してる藩だとは思わなかった
てっきり内陸で荒地が広大な面積を占めてるとばかり

419 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 10:28:39 ID:???
>雅楽頭を世襲する家ではないけど、酒井一族といえば井伊とならんで幕府大老を出せる格別の家。
左衛門尉家(四天王の酒井忠次の家)の嫡流ですね。


420 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 12:13:46 ID:???
この藩主は又左衛門らより若そうだけどしっかりしているな
小黒派と杉山派をうまく使って競わせるやりかたは賢いよ
お飾りの藩主ではないな

だから藩主にとって小黒を潰してしまった忠兵衛はけしからんってわけだね


小黒降ろしをたくらむ忠兵衛に待てと言ったり
時が来て自ら政変を起こして小黒を引き摺り下ろしたり
今また又左衛門をそそのかして忠兵衛を失脚させる









421 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 13:14:21 ID:???
>>413
同じ藤沢原作の武士の一分だとバレて怒られたら切腹する覚悟で果たし合いやってたけど

422 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 13:35:23 ID:???
柳ユーレイいいじゃないか、殿様役まったく違和感なかったよ

423 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 13:39:44 ID:???
原作では大目付(だったかな?)を呼んで果たし状を見せ、
「この勝負受けようと思う」とあらかじめ断りますので・・・。
次週の放送でそこまで描写するかどうかはわかりませんが。

424 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 13:41:07 ID:gPS6+gic
みんなの豆知識が面白いぞ!
ありがとう。時代劇ファン!



425 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 13:42:52 ID:gPS6+gic
ところでどうやったらID:???になるん?名前をsageにすればいいの?

426 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 13:44:39 ID:???
>>425
半年間ROMれ。



それが嫌なら、メール欄に必ずsageと入れろ。

427 :sage:2007/11/24(土) 13:51:47 ID:???
テスト

428 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 14:17:27 ID:???
>>425にフュジャネイザンを教えなくていいのか

429 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 14:37:57 ID:???
>>428
比較的良スレと思われるこのスレに
そういうネタはやめたほうがよいと思うが、いかがか?

430 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 14:47:26 ID:???
>>429
なに良識派ぶってんの、すかした寝言は自分ちでやっとくれ、と思う

431 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 15:17:05 ID:???
なんの話してるんだ?

432 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 15:44:28 ID:???
木曜日夜8時までに帰れんorz


DVD化キボン

433 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 15:46:58 ID:???
>>432
録画汁。

434 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 15:59:51 ID:???
お互いに悪相になったと笑ったが
佐藤の方がより深みのある悪相で、中村とエンケンの顔は狂気染みている
でも中村トオルは無理してるなぁ…。

435 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 16:20:47 ID:???
>>421
映画は知らんがあれは原作では闇討ちのようなもので、正規の果し合いではない。

436 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 17:09:37 ID:???
あの時代は私闘は厳禁だろ。
んなもん認めてたら世が乱れるわ。

437 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 17:31:20 ID:???
私闘厳禁だから正規の果し合いをするわけで。
仇討ち同様に形式にのとっていれば問題はない。
正式な果し合いの申し込みから逃げたら、臆病者と嘲笑される。

438 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 17:45:04 ID:9H/PhWHc
じゃあ野瀬は果たし合いを殿に申請して許可してもらったん?
桑山を討つ大義名分が有るのか…

439 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 17:49:59 ID:???
果し合いは仇討ちと違って許可はいらんよ。
当事者が同意していればOK。
この場合、市之丞が書面で申し込んで又左衛門が受けるのだから形式的に問題はない。

440 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 18:33:07 ID:???
そう言えば市之丞に陰扶持が出ている云々の話がないけど、
ドラマではどう処理するんだろうか。

441 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 20:06:02 ID:???
>>440
次回でしょ
又左衛門が果たし状の動機を探るうちに出てくるんじゃね



442 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 21:10:34 ID:???
陰扶持を貰っていたとしても、非合法的な活動(暗殺とか)はやってないですよね?
護衛などで襲撃者を撃退したことはあるけど。
藩士として取り立てるのは無理でも、杉山家の家士として取り立てるのはダメだったのかね?

出世した桑山家に新たに雇われた家士が今回出てきたけど、あの人みたいな感じで。

他藩の話だけど、必ずしも陪臣だから貧しいとか身分が低いとかないみたいだし。
(有力な家に仕えて実権を持てば役得で裕福だし、下級藩士とはどっちが上かと争論が発生したりしているので、必ずしも直臣>陪臣ではないようです。)

かつての友人に仕えるってのが、野瀬の方で無理だったのかな。

443 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 21:13:05 ID:???
実況する訳じゃないけど
「点と線」脚本ヶヶかよ…(--;




444 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 21:53:25 ID:???
故・杉山義法が脚本を書いていたら、さぞや男臭い風の果てになっていただろうに・・・

445 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 22:24:13 ID:???
>>417
という事は時期的には柳ユーレイのお殿様は
さしずめ老中酒井忠寄の息子か孫あたりになるのかねw

446 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 22:26:30 ID:tGBNsDHQ
>>440さん
原作では市之丞は小黒派の書院目付(反対派の動静を監視していた)と政商を暗殺
していた疑いが濃いですよ。また非合法な活動ではないですが、その書院目付と
共に働いていた男が政変後に脱藩した時には、上意討ちの追手になっています。
市之丞は忠兵衛の政治活動の暗部を担った人間だったんだと思います。忠兵衛に
市之丞を取り立てる気があれば政変の際の論功行賞で庄六程度の禄高で登用する
のは出来たはずですから。


447 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 22:28:25 ID:???
先週杉山は野瀬を何か役つけようとしたが出来なかった旨を言ってたけどなんで?
桑山は庄六に今よりいい仕事に異動させようかってこと言ってたのに
何で野瀬には何にもしないの?

448 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/24(土) 22:32:39 ID:tGBNsDHQ
すいません。>>446です。あの文章は440さんへのものではなく442さんへ
のものでした。駄文すいません。

449 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 00:26:27 ID:???
>>447
市之丞が野瀬家の当主だったら出世させることも出来ただろうけど、部屋住みの身分だからね(庄六は当主)
出世にはまず別家をたてなければならないが、大きな手柄が必要だろうな


450 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 00:34:21 ID:???
>>447
tv見てる限りでは、
杉山は昔の仲間を気にかけてる、とも、気にかけてるんだぜ、というポーズとも
とれる感じ
桑山は、かつては野瀬との心の結びつきは深かったが、桑山の出世につれかえって
こじれてしまい、桑山が申し出ても素直に受けなさそうだった
ってとこだが、446にも書かれてるように
原作にはもっといろいろ深い事情があるみたいだなあ


451 :もうそう聴こえてショウガナイ:2007/11/25(日) 01:01:07 ID:TeOzl5+s
風のハゲ〜 ふぅん〜う〜

風のハゲ〜 

452 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 01:39:58 ID:???
>出世にはまず別家をたてなければならないが、大きな手柄が必要だろうな

脱藩した一蔵を討ち取り、
用人の牧原を暗殺しようとした三人を斬り、
上意で新筆頭家老の警護をして小黒の倅と使い手の叔父を討ち取っているんだから、
一家を立てるために必要な手柄は立てているんじゃないの。
現に桑山は小黒の家士一人討ち取っただけで郡奉行になったわけだし。

類との同棲がうわさになって上層部の顰蹙買っていたとか。

453 :449:2007/11/25(日) 02:14:21 ID:???
>>452
それはすべて裏の仕事でしょ
藩の仕事ではない

>上意で新筆頭家老の警護をして小黒の倅と使い手の叔父を討ち取っているんだから
これも正式な依頼ではない(原作でははっきり書いてあったはず)
一蔵の件だって志願したのであって任命されたわけではない
そもそも部屋住みは藩士ではないからそんな仕事請けることすらないんだよ
市之丞の出世の一番の近道は修行して剣士として名を得ることだっただろう
上士の子弟だったら殿様の小姓という道もあったかもしれないが


454 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 06:39:01 ID:???
五話の前半の容認牧原の警護の件は裏の仕事だけど、
牧原自身が三人ぶった斬った野瀬を見て、あれは野瀬か?
と桑山に確認してたじゃん。牧原は主命で参勤交代への随行を
遅らせたわけだから、恐らく後でそのことは藩主に伝えてる。

一蔵の追っ手に加わったのは自主参加だが裏の仕事ではない。
三話で杉山も言ってたじゃない。他の三人はすでに家を守る立場にあるが
野瀬はまだ部屋住みだから、守らなければならない家はない、
一蔵を討てば恩賞や殿からお褒めの言葉もあるだろうって。

五話の後半で小黒の倅ら三人の襲撃から筆頭家老になりたての杉山を
守ったのも、城中の控の間で野瀬自身が桑山に藩から呼び出されて
来たと言っている。つまり後の二つは表の仕事。

原作でどうなのか知らんが、このスレはドラマのスレでしょ。

455 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 07:07:36 ID:???
人斬り市之丞

456 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 07:09:00 ID:???
それに五話の最後の方で桑山が筆頭家老になった杉山に郡奉行抜擢の
御礼に訪れたとき
杉山自身が約束通り野瀬に一家を立てさせようと手を尽くしたがうまくいかなかった、
心苦しかった、と桑山に話している。
つまり功績的には野瀬は一家を立てるための条件を満たしていたということ。

にも関わらず野瀬が新たに家を立てる合意を、
他のお偉いさん連中から取り付けられなかったのは
何らかの障害、反対が存在したからと考えるのが自然だと思うが。

それが女の問題なのか、財政負担が増えるからなのか、他に理由があるからなのか
その辺はわからないが、少なくともドラマじゃそういう感じで描かれている。

457 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 07:12:28 ID:???
むしろ裏仕事で使っている野瀬が城勤めをすると困るわけで。

458 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 07:31:06 ID:???
その点では手駒として使ってきた野瀬に働きに見合った恩賞を与えずに
置いといて、造反されても困るわけで。
杉山からすれば、なんだかんだ言って結局桑山も手ごま扱いだったわけだが、
こっちにもいちおう郡奉行という見返りは与えている。

まあ原作の方ではトラマに出てこなかった政商暗殺や
別の脱藩者の追っ手としても使われているそうだが、
例えば同じNHKでドラマ化された
藤沢作品の「三屋清佐衛門残日録」なんかでは
金井やら犬井彦乃丞やら、平松与五郎やらといった
家督を相続した一家の当主が普通に裏仕事をやらされている。
こっちはドラマ・原作両方ともそう。

459 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 09:37:21 ID:???
果し合いつーか、西洋でも貴族には決闘があったな。
確かフランスでは名誉を傷つけられたとき、手袋を脱いで相手の顔を叩く。
これが決闘申し込みの果たし状にあたる。

しかしなんだな。
気に入らん相手に果たし状をつきつけて、断られたら臆病呼ばわりすれば相手を貶めることができるんだから、
江戸期においてそんなに果し合いなどがあったんか?
戦国や江戸初期の武芸者でもあるまいに、藩の重役が果し合いなどに応じていいわけがないと思うが。


460 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 09:54:48 ID:???
>>456
杉山が桑山に言った「市之丞をとりたてようと手をつくした」云々はマユツバだね
少なくも熱心に手を尽くしたとは思えん


461 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 10:06:23 ID:???
市之丞みたいな暗い影を落とした部屋住みを取り立てようと運動することなど、
誰も気が進まないだろう。
あとあと面倒に巻き込まれることにもなりかねんし。
なんのかんのいいながら桑山自身、中ろう、家老と長く執政を勤めていてもなにもしてやっとらんし。

一度人を斬ったことで地獄行きなんだよ。
小黒らを嬉々として斬っていたようにも感じるし、類も斬ろうとしていた。
最後は桑山に果たし状か・・・


462 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 10:14:58 ID:???
>>459
明治に決闘罪ができるまで果し合いはしょっちゅうあった。
喧嘩をすれば私闘として処罰されるが、
果し合いなら相手をブチ殺してもお咎めなしの便利なシステムだもの。
もっとも重役クラスが行うのは珍しかっただろうけれど。

463 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 10:27:18 ID:???
>>460さん自分も同じ考えです。
政変の際に小黒派から取り上げた禄があったはずだから市之丞に三人扶持とか
五人扶持の禄高で野瀬に別家を立てさせる事は忠兵衛の力で可能だったはず。
周りも政変に伴う人事異動として大して問題にはしなかったはずです。忠兵衛
と市之丞が道場の同門という事を知ってる者なら疑問にも思わなかったと思う
います。忠兵衛は旧友を厄介叔父のまま手駒にしとくつもりだったんだと思い
ます。

464 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 10:55:06 ID:2tAcVDg7
>>459
腕の立つやつは気に入らんやつを切り放題だな

465 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 11:13:12 ID:???
その代わり乱発すれば評判が悪くなって出世できんわな。
さらに遺族にも敵討ちをする資格があるし。

466 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 11:14:47 ID:???
原作では忠兵衛は又左衛門に市之丞に陰扶持を与えているのを御上であるという
ふうに吹き込んでいる。だから又左衛門も市之丞が生活の困らない程度の陰扶持
を御上より貰っていると考えていたから市之丞が出世しなくても疑問は感じなか
った。原作の忠兵衛はもっと老獪な政治力がある。

467 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 11:17:01 ID:???
だね。さらに言えばたそがれ清兵衛や隠し剣鬼ノ爪のように、
「あの乱暴者を討て」なんて命令が下ることもあるわけだ。


468 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 11:18:52 ID:???
>>467>>464-465へのレス

469 :厄介息子:2007/11/25(日) 12:52:36 ID:???
又左衛門は筆頭家老を退いた後も桐の間出仕の年寄として処遇されるのだろうか?
又左衛門は貧乏藩士の次、三男の希望の星なんだろうな。

470 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 13:48:37 ID:???
最終回では、すべてを裏で操っていた黒幕が庄六であったことが暴かれます

471 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 13:51:30 ID:???
でも周りから見たら又左衛門て太蔵が原開墾の功績と旧友の忠兵衛の引き立て
で執政まで昇進したのに、恩人の忠兵衛を失脚に追い込んだ謀略家なのかもし
れない。

472 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 15:30:10 ID:???
原作では忠兵衛が羽太屋の新田開発の請負を喜ばない理由の一つは、杉山一門
の金主である城下の古くからの豪商達が、新興の羽太屋の成長を喜んでいない
という事情もあったんだし、又左が執政入りした直後に反杉山派入りを誘われ
たこととか、もっと権力闘争の張り詰めた部分や又左と忠兵衛の政策の違い二
回ぐらいに分けて丁寧に描いて欲しかったな。


473 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 16:10:43 ID:???
>>471
ドラマでは忠兵衛の引き立ては郡奉行まででしょ
郡代昇進は殿の意向かと、忠兵衛は別を推すつもりだったんじゃね?
だからあわてて忠兵衛は妻を桑山家へ行かせて杉山派入りの工作をしたと思われ

執政入りも忠兵衛が特別引き立てたとは思えない
殿の意向を忠兵衛が察してのことだと思う


474 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 16:34:56 ID:???
>>473
ええー!?
忠兵衛の妻が桑山家へ出入りするようになったのは
忠兵衛の差しがねだったのか!?
オレは単純に妻が、昔はあんなに皆さん仲がよろしかったのに…と
思った末の行動だと思ったじゃねーかー。

475 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 17:05:22 ID:VnADXHdo
>>472
同感です。

476 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 17:06:37 ID:???
>>474
ちゃんとドラマ見てたのか?
佐藤が説明セリフでブサ嫁に解説してただろ

しかし昇進祝いに藁で編んだアクセサリー持ってくるような
しみったれた友達とか最悪だよな

477 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 17:15:38 ID:???
自分も妻の自発的行為と思うがなー
旧友をうまいこと使ってる一方で忠は孤独なんだ
又に遊びに来いと言ってたじゃん
あれはたぶん本心から言ってる
そこらへんを妻は感じて杉山家と懇意にしようとしてるんだと思う

478 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 17:17:09 ID:???
>>476
それはあくまでも又左衛門の解釈
おめー友達いないだろwww

479 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 17:29:22 ID:???
結局その妻を杉山は利用したけどな

480 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 17:46:29 ID:???
いままで来訪したことのない忠兵衛の妻が
別に用事があるわけでもないのにわざわざ出かけてきたんだよ
それも筆頭家老の妻が郡奉行の家に
四方山話の後で郡代内定を言う
夫の忠兵衛が又左衛門を引き立てたと言わんばかりじゃないか
そのことを又左衛門は察知したのさ



481 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 19:06:47 ID:???
>>480
執政の奥方が身分の違う者の家にほいほい通えないってのがあるんじゃないの?
出世することがわかって、奥方同士の付き合いを始めることで、夫同士も仲良くなれないかとか考えて、初めて訪問したと。

旦那のほうなら、道場での友とか、仕事での付き合いとか身分違いの家に通っても言い訳できるんだろうけど。


482 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 19:30:43 ID:???
マタザは今でもフッキーとはエッチしてるの?

483 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 19:34:45 ID:???
原作におぱいをもみしだく描写はあった。

484 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 19:37:23 ID:???
>>478 それはあくまでも又左衛門の解釈

うん。又佐はそういう風にしか解釈できない人間
または旧友との関係がそうなっているという表現なんだと思った。

485 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 19:43:44 ID:???
>>483
さすがに平淑江でそれは想像したくないぞ!
佐藤仁美なら歓迎する

486 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 19:48:55 ID:???
もみしだく なんだかエロいな

ぐぐったらエロいエロい
「揉みしだく」でぐぐったら一番上、、、、最後まで読んでしまったよ

487 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 20:01:52 ID:???
すごいな
俺はうんこのあたりで無理だった

488 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 20:24:32 ID:???
>>473さん
431です。確かに又左の郡奉行昇格は忠兵衛の政変による人事でしょうけどもと
もと、桑山家は百八十石で郡奉行までは何もなければ昇進出来る家柄。でも郡代
は三百石の家でないと昇進出来ない役職で農政に関してはかなりの権限がある。
だから又左の郡代昇進は抜擢だったんでしょうけど、殿様の意向ということ知ら
ない人間からみたら又左の郡代や中老への昇進は忠兵衛の引き立てによる人事だ
にみえたはずです。忠兵衛も自分の人事案が殿様に否定されたなんてカッコ悪い
から自分のひきによる人事で顔をしてたとおもいます。

489 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 20:33:19 ID:???
>>478
でも又左がそういう解釈を出来たから執政府内部の権力闘争を生き残り、筆頭
家老まで登り詰める事ができたんだと思います。悲しい話ですか…。

490 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 21:04:42 ID:???
>>489
>でも又左がそういう解釈を出来たから

社会に出て会社勤めしているとそういう派閥の匂いに敏感になるもんだな
自分よりはるか上の地位の妻が我が家に遊びに来て四方山話のついでに昇進の内定を漏らすように告げる
それだけで自分を派閥に囲い込もうとしているとピンとくるもんだよ


491 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 21:53:27 ID:???
>>442
陣笠議員と派閥領袖クラスの政治家の秘書の関係みたいなものなのかな?でも正式
な藩士と陪臣では格式が歴然と違うと思います。

492 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 22:05:55 ID:???
今日、録り溜めていた1〜6話を一気に見た。
若いころの野瀬市之丞=高岡蒼甫がちょっと佐藤浩市に似ていて、
福士誠治はぜんぜん似ていないため、頭が混乱した。
隼太と市之丞は表と裏のような存在なのかな、と思ったり。
で、おじさんになってからの野瀬は誰がやるんだ?
と思ったら遠藤憲一で、これは納得。


493 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 22:26:40 ID:???
>>491
野瀬の場合は、厄介叔父のままと、家老の家臣として仕えるのとどっちがいいのかって話では?
杉山にしても、家臣にしてやるが恩を売れるでしょうし。

>>446さんの話だと、原作だと暗殺など杉山の家臣がやったという証拠が出ると不味い仕事もしていたようなので
その場合は陰扶持だけ与えておいたほうが杉山としては使いやすかったのでしょうけど。


494 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 22:58:10 ID:???
>>476
>しかし昇進祝いに藁で編んだアクセサリー持ってくるような
しみったれた友達とか最悪だよな

忠兵衛並に嫌な奴だなw

495 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 23:15:48 ID:???
>>476
>しかし昇進祝いに藁で編んだアクセサリー持ってくるような
しみったれた友達とか最悪だよな

便宜目当ての豪商達の賄賂や猟官運動の藩士から付届けより、旧友が呉れる藁で編んだ
アクセサリーの方が真心が篭っていて普通は嬉しいよ。それに庄六は旧友の引き立てで出世す
るのを潔しとしない立派な人だよ。三矢家は三十石の暮らしが楽なわけがないのに…。


496 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 23:26:08 ID:???
いちの丞ってやっぱり兄ちゃんの家に住んでるの?
兄嫁はいやだろうな・・・広い家ならともかくも

497 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 23:27:39 ID:???
庄六は別に友の引き立てで出世することにこだわっているのではなく、
単に自分に相応な居場所は、今の身分だって悟っているんじゃないのかな。
贅沢はできないけど、大好きな嫁さんと庭の畑を耕す時間のある生活に満足する人なんだよ。
また出来た野菜を友に届けるのも好きな…なんていいヤツなんだ、庄六 。・゚・(ノД`)・゚・。

498 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 23:32:34 ID:???
ああそうそう、足るを知るって普通は肯定的な意味で使われるよね。
庄六はその意味での足ることを知ってる人物として描かれてるね。

499 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/25(日) 23:54:49 ID:???
なんかこれ小林正樹の映画をカラーにしたような雰囲気のドラマだな。
良いよ良い時代劇だよ。

500 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 01:03:59 ID:???
おいおい、杉山はギリギリまで又左を自分の側に引き込もうとしてただろ。
家老になったときも「たまには遊びに来んか」とかいって。
それを避けてあくまで杉山派入りをこばんでいたのは又左だよ。
反発はする、お上の覚えはめでたいでは、つぶそうとするのは当然だろーが。

女房が遊びに行ったのも、むろん杉山の指示。
女房のほうは昔の友として仲良くしてほしいという願いがあったから喜んで命にしたがってたようだけど。

だいたい当初の開墾の問題はもとより、ことあるごとに杉山に反発してたのは又左だよ。
杉山はときに又左を排除しようとしたり、懐柔しようとしたりしたが、又左は屈せず、
ついに御前会議の場で最終対決となったわけだ。



501 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 03:31:12 ID:???
で、>>500は、どれに対するレスなんだ?

502 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 05:19:04 ID:zsw1qNMj
ふきに店を持たせたことで、御上もいる席で嘲笑されにゃならんのか。
家老ともなれば若い妾の一人ももってしかるべきだろうに。
若い頃一発やっただけで死ぬまでつきまとわれるんかい。
何様のつもりだよ。
女はそれほど偉いんかい。

503 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 06:35:11 ID:cVyyue3W
俺も昔、お金が無くて親友の結婚式にも出られなくて
お祝いをあげることも出来なかったよ。
友人は「祝いなんか要らないから遊びに来てくれよ」って
言ってくれたんだけどね・・・。
その友人も一昨年にガンで亡くなりました。

作り話だけど。

504 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 06:35:57 ID:???
風のハゲ〜 ふぅん〜う〜

風のハゲ〜 


505 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 07:36:28 ID:???
ふきに店を持たすって小料理屋程度と思うじゃん
あんな立派な料亭とはね

506 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 10:05:42 ID:???
 風の果て.... 12.9__11.0__*8.6__*9.7__*9.3__*8.9__

507 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 10:14:12 ID:???
仲居として働いていた店をそっくり買わせたわけだから。

508 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 11:41:45 ID:???
だれか先週のうpしてくれ・・・・・・・・・・・・。。。。。。。。。

509 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 12:59:30 ID:???
>>507
ざくろ屋と卯の花は別でないの

510 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 13:33:29 ID:???
ふきたん嫌いじゃないけれど、原作の描写じゃ「不思議に老けない」みたい
なのに、役者が代わった時に「おかーちゃんですか!?」つーくらいに
又左より老けた雰囲気だったのでびっくりした。

TVを追うようにして原作読むと凄いぞ。オススメ!

511 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 17:16:32 ID:???
そういう設定ならずっと佐藤仁美でよかったんでねー?
映像の場合、演技はなんぼよくても年齢はどうにもならんもんだ。

512 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 17:24:39 ID:???
>>505
自分が又左衛門に取り入ろうする下心があれば、ふきの店を頻繁に使って金を落とす。
そしてふきに取り入って、又左衛門に近づく機会をうかがう。

513 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 17:36:29 ID:???
>>512
おぬしもワルよのぉ、フッフッフッフ

514 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 18:11:16 ID:???
でも原作では書かれてなかったけど又左が政権を維持していくのは難しそう
だよね?忠兵衛のように長年培われてきた門閥、閨閥という政治的背景はない
し、下士から破格の出世したから上士層から反感もある。いくら豪商達からの
献金をばら撒いて派閥を作っても限界がありそう。政権奪還を狙う杉山派との
暗闘は続くんだろうな。


515 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 19:03:27 ID:???
>>500さん
御上や連枝達が又左を執政に抜擢した理由て、杉山派が暴走するのを抑える
為に杉山色の薄い又左を執政府に入れて執政府内部のバランスをとろうとし
たんじゃないの?なら又左が杉山派に入会するのは難しかったと思う。忠兵衛
も又左の中老昇格の際に楢岡家(女房の実家)の当主を推して反対しているし。
懐柔策も表面的な部分だけで、実際は自派に逆らわない限り放って置くつもり
だった気が自分はします。長文すいません。

516 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 21:39:35 ID:???
>>515
小黒の家は潰されたかも知れないけど、与党だった連中はそこまでひどい処分受けていないと思うんだけど
彼らや中立派ってのが上層部にいない(もしくは統治能力に欠けるとお上達は思っている)から、
傍からみると杉山派でおかしくない(若い頃からの友人で、小黒派追い落としにも自ら参加している)桑山に対して
杉山の動きを教えて、杉山派と距離を置くようにしむけたんでしょうね。

原作だと、杉山失脚したけど、安定した桑山政権が樹立されたわけじゃないんですよね?
(後日譚が描かれてないから、すぐ失脚するかもしれない)

TVだとその辺の出来事も少しは描いてくれるといいけど。

517 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 21:51:53 ID:???
桑山が必ずしも清廉潔白な人間ではないのがいいね。
ときどき悔恨もしてるけどそれも不徹底だし。


518 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 21:57:24 ID:HSXlviSx
忠兵衛の門閥をバックにした政治力に対抗するには御上からの威光と現役執政の人事権
を含めた権力をフルに活用して杉山家以外の門閥の支持を取り付ける必要があるよね。

519 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 22:05:35 ID:???
俺なら大目付と町奉行のポストは腹心で固める。

520 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 22:14:06 ID:???
レベルとしては県政というより市政って感じだなー
市役所を舞台とする派閥争い

521 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 22:29:22 ID:???
そういえば藤沢周平の小説のモデルの藩=小藩っていうイメージだったけど、
庄内藩ならそんなに小藩でもないよね。東北だと仙台、会津、秋田藩の次くらいでは?

522 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 22:38:20 ID:???
>>520さん、こんな感じですか?
御上(藩主)=市長 藩主一門=保守系市会議員 筆頭家老=助役 執政=部長級職員
てとこですか?門閥を学閥とかに読み替えるとしっくりきますか?


523 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 23:33:05 ID:???
>>521
気候風土地形のモデルと考えれば石高はあんまり関係ないのでは?

524 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 23:44:05 ID:???
原作では表高十二万五千石で実高十七、八万石の譜代の藩ですよ。

525 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 23:52:53 ID:???
家老が千石程度だから
もうちょっと小さい藩の印象になるな

526 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/26(月) 23:55:31 ID:???
結構大きいね、やっぱり小藩っていうなら10万石未満じゃないと

527 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 00:10:56 ID:???
>>516さん
原作では忠兵衛は政争に敗北して御役御免、隠居を命じられた上、禄二百石削られて
八百石で隠居しています。市之丞からの果し状が届くのは政変から半年後という設定
です。

528 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 00:14:47 ID:???
20万石超の藩なんてそう多くはないからね… 20家くらいか
子規が十五万石の城下かなと(たぶん誇って)うたっているから
十数万石なら結構大きいほうだよね

529 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 00:21:50 ID:???
でも、小藩(五万石未満)の権力闘争はスケールが小さくて面白くないと思う。
せめて城主じゃないと陣屋の中での権力闘争なんて…。

530 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 00:53:27 ID:???
でも、忠兵衛て敵に回すと恐い存在だよな。きちんとした政策立案能力を持ち、
謀略にも長けて暗殺も厭わない非情さもある。門閥という政治的基盤もあり、財
力も蓄えている。こんな奴が政権奪還を虎視眈々と狙って爪を研いでるのかよ。

531 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 01:11:15 ID:???
木曜時代劇〜風の果て(8)「尚、足を知らず」 <終>
12月6日(木) 22:00〜22:43
12月8日(土) 3:15〜3:58
又左衛門(佐藤浩市)と市之丞(遠藤憲一)の果たし合いが始まる。
幾度か斬り結び、二人は激しく喘いでもつれる。
又左衛門は老いを、市之丞は死病を自覚。やがて決着し、市之丞が倒れる。
「よくやったさ、二人とも」と息絶えた。
二年後の夏。若い執政が又左衛門に反旗を翻し、隠居との噂が駆け巡る。
忠兵衛(仲村トオル)は辞めたいかと挑発。
又左衛門には「隼太は隼太のままでいろ」と諭した、
市之丞の声が頻りに聞こえている。

532 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 04:24:38 ID:8miNGqQW
この作曲家って、いつもパクリばかり。
それに似たような曲しか書けない。
なんでこんな奴使うんだ。
パクリ、パクリ。才能なし!


533 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 04:30:04 ID:???
>>528
とある江戸後期の武鑑から引っ張った各地の城、表石高ランキングだとw

金澤、鹿児島、仙台、名古屋、若山、熊本、福岡、廣嶋、萩、佐賀、
水戸、彦根、鳥取、津、福井、岡山、徳嶋、高知、若松、久留米、
久保田、盛岡、松江、大和郡山、米澤、高田、松山、小倉、姫路、鶴岡、で

173家中、ちょうど30番目に酒井家14万石が位置するらしい
ここには陣屋格の小名は勘定に入っていないみたい

ちなみに鶴岡の次が
原作の家よりちょっと少ない高松と柳河が同順位の12万石だって。

>>529
陣屋なんて1万石程度なら家来数も4〜60人ぐらいじゃないのかな?
それで江戸やら国許に散らばせたらw

534 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 08:54:13 ID:???
譜代家康の家来筋で将軍にもお目見え資格あり
国政参与
外様殿様以外お目見え無し
国政にもそとざま(外様)
石高だけで比較すること自体無意味だよ

535 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 09:05:43 ID:???
>>525
忠臣蔵の浅野家筆頭家老の大石が、確か1500石だった。
赤穂浅野家は5万石程度。

にしても4千数百石の吉良家はやたら家臣が多かったな。
あれは上杉家から応援の警固に来てたんだっけ?

536 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 10:55:08 ID:???
又左は一代家老ですか?それとも桑山家自体が執政の家格を得たんですか?原作
をみると足高の制とかは一切書かれていなかったんですが、百八十石→六百三
十石への加増て筆頭家老にならなくててもすごい栄達ですよね。

537 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 11:08:58 ID:???
>原作をみると足高の制とかは一切書かれていなかったんですが、

だったらわかわるわけないだろ

538 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 11:36:52 ID:???
>>535
上杉家も警戒してたんだがな…
上杉家自体が
30→15万石に減封なってるし
財政火の車だから江戸での人数増員なんて
厳しかったんだろな

539 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 12:07:28 ID:???
そういや今冬はどこも忠臣蔵系はやらないのかい?

540 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 12:09:55 ID:???
>>516さん
小黒家老は太蔵が原の開墾失敗や政策的な失点も痛かったけど単純馬鹿息子の
暴走が致命的ですよね。それが無ければ、禄を削られた上での隠居程度の処分
で済んだだろうに…。名門だし。息子が思慮深い人物で能力があれば忠兵衛が
失脚後に桑山派と組んで復権という道もあった気が個人的にはします。

541 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 12:27:51 ID:???
忠臣蔵は幕府の裁定に不備があったとしても短気な暗君が暴走した結果を逆恨み
した不逞浪人が老人の家を襲撃した話し思えないです。あの時代の付届けは普通
のですし。浪人達も再仕官とか色々と打算的な考えもあったと思います。実際に
不逞浪人の子孫は名門として仕官しやすかったらしい。それに不忠臣とされた他
の家臣達には迷惑だったと思います。

臣は迷惑な話ですよね。

542 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 12:35:02 ID:ZzWy3W0/
小黒の馬鹿息子って、若き日の隼太たちが太蔵が原で汗水たらしているとき、
偉そうに見回りしてたやつだっけ?
青春時代はチラ見だったからよくわからん。

543 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 12:45:09 ID:???
>>542
そうだよ〜!

544 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 12:54:27 ID:???
思慮深くて能力があれば他の藩士にあんな態度はとらないか。忠兵衛の小黒潰し
の計略には馬鹿息子の存在も織り込み済みだし。

545 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 13:13:19 ID:???
てか小黒失脚の政変を起こしたのは藩主自身でしょ?
忠兵衛が小黒家を潰してしまったのは想定外だったろうけど


546 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 14:13:22 ID:???
失脚したって家が潰れるわけではない。
執政に加わるような名門はお上と共に藩を支えていく上流階級だから、
現政権の失政や代替わりがあればまだ浮上する。
なので徹底的に大黒家を潰した忠兵衛はお上に嫌われ、
又左衛門による忠兵衛追い落としにOKが出た。
もっとも息子の代にはまた復権するんだろうけれど。

547 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 14:24:36 ID:???
でも多分、小黒家を潰して浮いた禄は又左の加増分になってるよね。小黒派
が瓦解してたことにより、又左は執政に昇進できたと思われる。逆縁だが小
黒家老は又左に栄達の機会を与えてくれたことになるな。

548 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 14:57:18 ID:???
特に大黒息子のおかげだな
息子が激情型の性格でなければ蟄居中に抜け出して忠兵衛を襲撃するはずがない
あの襲撃がなければ大黒家も存続していただろうし

549 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 16:06:31 ID:???
考えてみれば、太蔵が原で威張りくさっていた馬鹿息子と、
隼太たちは一触即発だったな(隼太はとめてたか?)。
結局は時を経てやはり衝突し、斬り殺されたわけだが・・・

550 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 16:40:25 ID:???
小さかったり大きかったり馬鹿息子も大変だな

551 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 17:17:32 ID:???
大黒摩季にあやまれ!


552 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 18:01:17 ID:wVStAJ64
忠兵衛はなぜ小黒家を一族滅亡まで追い込んだんだろう?権力の座から引き摺
り下ろすだけで良かったと思うのだが…。親父が失脚させらた事をそんなに恨
んでたのか?執政の権力を使って動静を監視して間接的に締め上げるだけでも良
かったのに。


553 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 18:35:52 ID:???
婚儀の晩にも「いくら俺でも小黒だけは我慢がならん」といって祝賀に訪れた
小黒の総領をシカトしてたような。
今度は自分が「いくら俺でも杉山だけは我慢がならん」と言われる立場に
なったわけだし、何世代にもわたる憎悪の連鎖にけりをつけたか。

四人も逃がしておいて忠兵衛の帰宅時の警護がたった四人。
うち腕の立つのが三人だけって、忠兵衛も結構危ない橋渡った。
ひとつ間違えれば自分が討たれたかも。

554 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 18:37:22 ID:???
原作では忠兵衛は政変時どのへんのポジションにいたのよ。
組頭ぐらい?

555 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 19:48:24 ID:???
大黒息子の中の人ってすごくいい人っぽいw

556 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 20:58:22 ID:???
さあ、今日は下巻を読むぞ。
中老になったあたりから始まるんだな。
まあ、こっからがドラマ進行ともリンクしてるし面白いよ。

557 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/27(火) 21:15:03 ID:???
>>553まさん、自分も同意いたします。確かに忠兵衛も危ない橋を渡ったと…。
ただ、原作では忠兵衛を護衛していた又左と市之丞以外の二人も一刀流と直心流
の免許取りです。それに最悪、又左達を見捨てて逃げても小黒家を改易に追い込
む事実は手に入ったと思います。

558 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 00:47:48 ID:???
ところで、又左の甥っ子てどんな毎日を過ごしているんだろう?自分は百二十
石の平藩士なのに叔父は筆頭家老なんだもんな。どの部署にいるか分かんない
けど周りから変な目で見られたり、気を遣われたりするんだろうな。



559 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 01:20:27 ID:???
こういうのってそんなに珍しいことなのかな?
180石とか120石ってわりと堂々たる上士のような気もするし、
江戸後期になるとそれくらいの階級から有能な人を抜きん出て家老にする、
っていうのはそう珍しくはないのでは。
幕末ということでやや事情は違うが、吉田東洋、河合継之助、高杉晋作などが
藩を代表するような地位に就くことについて、「身分」がどうこうって点で
そう問題にはなっていないように思う(むしろ政治的立場の方が難があったかと)。

560 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 07:31:15 ID:???
このスレでちょくちょく出てくるのが無性に気になってるんだけど
小黒のことを「大黒」って言ってんのはなんか理由があるのか?


561 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 09:16:21 ID:???
>>559
そうだよ。
とくに元禄あたりから経済官僚が重視され、軽格どころか新規採用で家老まで昇った例もある。
ただ、この藩は譜代で奥羽のがちがちの保守主義だからヒエラルキーがよほど厳格だったということも考えられる。
実際、仙台や庄内など、のちの奥羽列藩同盟の藩は門閥主義の弊害が出たからな。

土佐や長州は西国の外様だし、だいいち維新の原動力となるほどの開明性のあった藩だから、極例だろう。
また長岡の河井は藩を乗っ取ったような感がある。


562 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 09:42:04 ID:???
>>559
>吉田東洋、河合継之助、高杉晋作
例に挙げた人たちは皆その家中だと、家柄は良いと思うんだが。
高杉自身は部屋住みだっけ。

>>561
土佐はどっちかというと身分格差が激しいほうだし、長州は幕府と対立して上層部が戦死したり切腹した後で
革命起こして高杉達が主導権奪ったようなもんじゃないのかな。

能力と藩主個人との関係で、低い身分のものが急激に出世するという例は意外と多いのではないかと思います。
古くは元禄の柳沢吉保あたりから、幕末の西郷・大久保などまで。

ただ能力主義で人材を抜擢する風土なり制度が整っているというわけではないのでは。

563 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 12:03:52 ID:???
>>560
「O」の打ちすぎによる純粋なタイプミスだろ。

564 :560:2007/11/28(水) 16:31:01 ID:???
>>563
「こぐろ」と「おおぐろ」でタイプミスはないだろう、と思ったから聞いてみたんだが
じゃあ間違えてる人は「おぐろ」って打ってる訳なのか。

565 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 17:03:30 ID:???
又左が、同じ様に軽格から家老になった薩摩の調所広郷みたいに悲劇的な最後を
遂げないように願いたい。広郷は財政政権に尽くしたのに藩に使い捨てられたイ
メージが自分にはある。

566 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 17:18:38 ID:???
すいません。595です。財政再建を財政政権と打ち間違いました。

567 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 18:35:15 ID:???
小黒も大黒も「おぐろ」で出た
大を「おお」「お」と読むのか!

568 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 18:53:26 ID:???
>>567
あ ほんとだww


569 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 19:51:26 ID:???
東北で該当するのは米沢(上杉18万石)か庄内(酒井17万石)しかないな。
>>463
一応何人扶持ってーのは一日に配給される玄米(男5合X360日、閏月は知らん)のこと
多分切手払いだっただろう、該当者は当主のみ。
武士の家人(家来)は食事と一年に1-2回被服の支給が慣例。
ただ、時代の経年や地方により扶持の意味が異なる場合もあったらしい。
>>535
慶安の軍制によると一万石の大名は255人の家臣(足軽や家人も含めた総兵力)を持たねば
いけなかった。
4千石あったならば100人はいただろう、吉良邸の間取りを見たら判るがとんでもなく広い豪邸だ。
それでも当日は80人がおり、武士は22人で死者16人、負傷者23人だったとか。
従って武士以外の用人も被害に遭遇したんだろう、酷い話だな。w

570 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 20:17:34 ID:???
江戸時代は軍役の規定どおりの兵力を常時維持しているのは経済的負担が大きく
て儀式などで人数が必要な時には口入屋で中間や小者を調達していたと聞いた事
があるんですが?やっぱり、不逞浪人どもの襲撃に備えて臨時に浪人を雇ってたの
では?

571 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 21:46:33 ID:???
加賀百万石って、まさに特特特別だったんだなあ…
と、犬山城にあった石高一覧を見て思った。

572 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 22:09:13 ID:???
吉良の場合は、赤穂浪士の討ち入りに備えて人を雇ったり、上杉家から応援を貰ったりしていたと記憶しています。

通常は軍役そのままの人数は確保してないでしょうね。
中間などは、常時雇用じゃなく、必要なときだけ雇っていたみたいですし。


573 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 22:11:55 ID:???
>>571
なにしろ御家老も万石の知行を貰っている人も居るからね
まあ、これは加賀さまに限った事ではないが
>>570
渡り中間ならぬ徒士なんてのも居るらしいね。

574 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 22:18:58 ID:???
時代劇では大身の侍のくせに中間も小物もいないのがデフォ

575 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/28(水) 22:38:32 ID:???
大藩では家老や一門も大名並の石高を食んでるからよね。でも御三家の付家老
や徳島藩の稲田家とかは派閥争いや独立しようとしたりして、藩の不安材料
なっている気がするけど…。

576 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 00:15:47 ID:???
よしっ!明日に備えて、寝る!

577 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 08:40:55 ID:???
ちりとて珍の後の番宣でネタバレしてくれましたよnhk

578 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 08:47:53 ID:???
ドラマでは、又左は類に温かい酒でもとせびられて断るけど、
原作では金をせびられて五両ばかり渡すね。



579 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 08:49:16 ID:D4Cs16BT
放送日アゲ

580 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 10:44:37 ID:???
>>578
類から無心されて5両渡すのは果し合いの前日でそ


581 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 10:44:55 ID:???
原作はなんつーか、回想回想で時系列が少し混乱する。
果たし状が届くところからではなく、ふつうに青春時代から描いてもよかったと思う。
だとすれば、最後に親友から果たし状が来るということで大変ショッキングな出来事が最後にきたし。
流れとしては、ドラマのほうがいい。
ただドラマは説明不足な部分がどうしても出てくるけど。

あと、風景描写が少しくどいとこがあるかな。
連載小説だから仕方ないのか。

582 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 10:55:53 ID:???
321 名前:名乗る程の者ではござらん[sage] 投稿日:2007/11/23(金) 12:20:31 ID:???
>>221のサイト内から

「風の果て」の年代表
ttp://www.j-real.com/ta-san/fjsw/suuhen19.html

↑かなり詳しく調べてあるよ 又左衛門の年齢と履歴


「風の果て」の五日間
ttp://www.j-real.com/ta-san/fjsw/suuhen191.html

↑これは次回のネタバレになるかな?
又左衛門が市之丞から果たし状を受け取った日から対決の日までの行動まとめ


583 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 16:14:32 ID:???
今日がクライマックスだろ?
ネタバレを見ないで本日を迎えました
録画準備OK
さて、あと食い物を・・・

でも、過疎ってるな
日にち間違えたか?

584 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 16:37:47 ID:???
いや、ここはおっさんが多いから昼間の書き込みは少ないんだ。
まあ、俺は仕事中にちょくちょく書いてるけどw
正味40分ちょいなんで食い物とかいらんだろ、正座してみろよ。

585 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 17:27:26 ID:???
>>584
おれは、〜毎日が日曜日〜ではなくて、自宅で仕事してるんだが
曜日の感覚が麻痺しているようだ

仕事中にここへ来るのもなんだが、月末などの忙しいときほど
何故か、あっちこっち書き込みたくなるんだよな

コタツで菓子パンなどを食しながらお茶をすすり、良質の時代劇を見る
これほどの悦楽が他にあろうか?

586 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 17:43:08 ID:???
>>585
おぬしは拙者か!?

587 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 17:55:27 ID:???
>>585
ありゃ 俺は去年から「毎日が日曜日」だ
早めのリタイアしたのでな
毎日暇だからネットばかりしておる
昨日から昼は再放送の「転がしお銀」を見てるぞい←暇だから見る



588 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 17:57:07 ID:???
>>586
いや、女無しの市之丞だ!

589 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 17:58:53 ID:???
福士の時の、「風の果て」スレが落ちたので、ただ単に大事に書き込みしてるだけなんだけど俺…。

590 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 18:03:17 ID:???
>>588

 ('ω`)

591 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 20:00:10 ID:???
>>589
前スレのこと?なら1000レス満了だよ
始まるぞ〜

592 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 20:43:45 ID:???
あれぇ、決着つけずにこれで終わり?
そりゃぁないだろ

593 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 20:49:07 ID:???
大蔵原の開墾や政変を説明不足で駆け足でやったわりには
果たし状が来てから間延びしすぎ。
又左衛門も市之丞も、あんなにべらべら心情を語らなくていいのに。

594 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 20:49:37 ID:???
今日はテンポが悪くてつまんなかった気がする…

595 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 20:50:05 ID:T3tHONVZ
やっぱ能勢はいい!シブイ!

596 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 20:52:58 ID:Afa0r8In
今週は 寝間に若者が集ったところで、ポロリしてしまいました。
いよいよ 最終回か。。。。
いかったいかった

597 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 20:52:59 ID:???
寝ているシーンから果し合いのシーンへ。
夢でした。っていう落ちじゃないよね。


598 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 20:58:43 ID:???
庄六の「市之丞は頭も良いし腕も立つから不満を感じるんだ」に泣けた!


599 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:00:08 ID:???
夢の続きは来週へ
で、今週は「果たし状」、来週は「果たし合い」か?

600 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:01:02 ID:???
実際友のために何かしらしてきたのは中宇部絵の方だったのだな
早田は口だけ

601 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:02:19 ID:???
今日政権交代をやって、最終回に今日の内容と果たし合いとそれ以後をやればいいのに。
果たし合いは静かにずーんとくるから、勿体つけて演出されると逆に萎える。

602 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:11:17 ID:???
野瀬に切られたとこで目覚めた又左。
急ぎ果し合いの場所に行くが
死病の野瀬は既に琴切れていた。
画面の色調も変わっていたしやっぱり夢。
二人の対決は無い。と思う。

603 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:12:07 ID:???
あんなベタなところでつづくになるとはなー
親父とふたりで「ガァ!?」と叫んでしまったよ


604 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:13:30 ID:T3tHONVZ
あのシーン見てたら俺も昔の友人達や昔の自分を思い出して…
つい泣きそうになっちゃったよ〜\(゚д゚)/

605 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:14:07 ID:???
面白すぎるんだよ、このドラマ
NHKの時代劇は最高だな

606 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:16:50 ID:???
類の無心は哀れであった
ふきの店で働かせてやればいいのに


607 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:18:16 ID:???
>>600
忠兵衛は市之丞を手なづけるためにやったのかもしれんし、
育ちがいい忠兵衛は他人のために何かしてやることに慣れている。
又左衛門は育ちが悪いから他人に何かしてもらって見返りをもらうようなことは考え付かない。
しかし、一蔵の命日を忘れていたのは
又左衛門が自分の薄情さに気づく良いきっかけになっている。

608 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:18:20 ID:???
引き篭もってたのに又左衛門が来ると急にうきうきして窓を全開にしてしまう
忠兵衛のツンデレぶりにワロタ

市之丞の忠兵衛評もあたってるのかもな
「育ちが良い」ゆえに昔の仲間には悪ぶりたい、冷徹な権力志向ぶりを演じたいというか

609 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:20:34 ID:???
>>603
勝負の行方は市之丞が負けて死ぬのはわかっているから「つづく」でもいいんじゃまいか


610 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:25:02 ID:???
>>601さんの意見に賛成です。
今回の放送は又左が要職を自派で固めて杉山派を排除した部分は許せたけど、
市之丞との口論のシーンで激しく萎えた。原作では突如、果し状を持ってくる
から深いのに…。あと忠兵衛の甲冑の場面で苦笑してしまった。

611 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:26:09 ID:???
市之丞は頭も良いし腕も立つから不満を感じるんだ
市之丞は頭も良いし腕も立つから不満を感じるんだ
市之丞は頭も良いし腕も立つから不満を感じるんだ

俺が人生に不満なのは頭が良すぎるからかorz


612 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:27:00 ID:???
>>609
いやぁ、だからこそ、何故にあれでつづくなのかと

613 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:28:30 ID:???
俺、泣いちゃったよ
隼太が夢に出てきたところで
なんでだろ・・・


614 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:29:20 ID:???
哀れ市之丞、飼い犬だったのか・・・
忠兵衛のために今まで何人斬ったのだ
とすると、第四回「出世」のラストでの市之丞の涙の意味もまた深くなるな

615 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:35:07 ID:???
予告と本編が微妙に違うのやめてくれないかなぁ

616 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:35:13 ID:???
原作を読んでないけど
俺も同意だな ↓

「風の果て」市之丞の真意
ttp://www.j-real.com/ta-san/fjsw/suuhen193.html

>市之丞は、自分の人生を“なにか”に残すため、
>又左衛門に果たし状を送ってきた。


617 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:36:21 ID:???
市之丞が影の主役?
可哀そうで涙出る。
一番ピュアな心を持っていたんだね。

618 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:36:36 ID:???
確かにけっこう感動的な回だったような気もするけど
又左衛門が昔の自分(たち)を美化しすぎな感もあり
また演出もちょっとベタというか臭い気がした
(俺は汚れてしまったのか?と昔の自分に問いかけるところなど)

619 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:42:22 ID:???
>>617
同窓会に行っても、純粋に友情を信じてる奴が、一番出世せず、汚れ役を押し付けられて、尚、信じてる良い奴が多い…。
でも、生活水準が低くなってしまう。どうしても。(涙)

620 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:44:58 ID:???
>>619
聞きたくない、聞きたくな〜い!

621 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:45:49 ID:???
太蔵が原の開墾を夢見た若い頃の隼太も又左衛門であり
出世を願い権力を心地よいと感ずるのも又左衛門なのだ
政治は結果がすべてだ
賄賂を受け取ろうが人事で贔屓しようが
藩が豊かになって民衆が豊かになればいいのだ

市之丞はな〜〜〜んもわかっとらん


622 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:52:24 ID:???
>>613
> 俺、泣いちゃったよ
> 隼太が夢に出てきたところで
> なんでだろ・・・

おれは↓が思い浮かんで泣けた

草原の輝き 花の栄光
再びそれはかえらずとも
なげくなかれ
その奥に秘めたる力を見出すべし
(ワーズワースの詩の一節だが訳者思い出せず)

623 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 21:56:26 ID:???
>>619
ますます泣けるよ〜。
うえ〜〜ん。。。

624 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 22:16:20 ID:???
市之丞が病気なのを知って、庄六が「医者にかかれ、金はある!」って言ったのに泣いたよ…。
だって庄六、きっと金なんてないよ。
でも死なせたくないから、言っちゃうんだよな。
で、医者に行くとなったら、きっと必死に金を集めただろうよ。

625 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 22:21:40 ID:T3tHONVZ
誰かを見捨てたり裏切ったり、優越感や絶望感…
生きてりゃ似たような事、みんな思い当たることあるからなぁ
時代劇だけど普遍的なテーマをあつかってるのが良いなぁ


626 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 22:22:08 ID:???
>>624
まぁ泣けたんだが、市之丞は金持ってるしな
懐に20両あるはずだが

627 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 22:23:15 ID:???
しかし、杉山派て領袖の杉山以外に頭の切れる人間て居なかったのか?藩主の信任
を得て新しく執政を選任したばかりの又左に刺客を送って失敗して公になったら、
藩主の逆鱗に触れてしまう気がするんだけど。いくら名門でもただでは済まない
可能性が高いと思うんですけど…。



628 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 22:25:32 ID:???
先週盛り上がったから、今週は来週へ向けての
休憩の回だな。
最終回はそれぞれが感情をぶつけ合いそうで…

629 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 22:35:02 ID:???
女ですが杉山が好きです
若い時も今も

630 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 22:56:24 ID:???
忠兵衛も市之丞を貧しい厄介叔父のまま飼い殺しにせずに、庄六程度の禄高
で取り立てるなり、婿入り先を世話してやるなりすればよかったのに。筆頭
家老の後押しがあれば婿入り先ぐらいみつかるだろうに…。忠兵衛も残酷だ
よ。どうせ、「この様な大事を託せるのはお主しかおらんのだ。藩の改革の
為に力を貸してくれ。頼む。」とか上手い事を言って市之丞の自尊心をくす
ぐって汚れ仕事をさしてたんだよ。それに市之丞に鉛銀の事を又左に責めら
れると思わなかったと洩らしたらしいけど、政変で小黒派を叩き潰した忠兵
衛が政治の残酷さを知らなかったなんて白々しいにも程があるよ。



631 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 23:02:05 ID:T3tHONVZ
中村トオルの「またせてゴメン」

632 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 23:08:25 ID:???
俺は市之丞に同情なぞできんな
まして又左衛門に果たし状なぞハチャメチャな言いがかりだ


633 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 23:50:35 ID:???
>>632
江戸時代の世情を知れとまではいわないけど藤沢世界を理解しないとTVだけでは。
時代劇が好きなら佐伯泰英でも読めばいいと思う。ちょんまげライトノベル。


634 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 23:52:01 ID:???
名作だな!庄六良い奴すぎる('・ω・`)


しかし、来週の筋書き見たが、かなり不安だな。


杉山が桑山を叩き落とすのを手助けするのか、それとも苦境の桑山を助けるのか…うーん

635 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/29(木) 23:53:06 ID:???
市之丞は純情というか不器用というか、人が誰でも持っている野心や欲望に対
して厳しいですよね。


636 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 00:20:18 ID:???
>>630
同感です。
小黒派が闇討ちしてきた時に、市之丞は剣が立つからまだしも、
又左衛門は下手すれば死んでいたわけだし。

視聴者は傍観的且つ結果論はどうとでも言えるけど、本人にしてみれば
全て忠兵衛の思惑通りと分かった時点で、腸が煮えくり返ったどころでは
無いでしょうね。

637 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 02:49:03 ID:???
次週予告の
「帰る!(庄六)」「帰れ!(忠兵衛)」「帰る!(又左衛門)」
あまりのテンポの良さに笑ってしまった。


638 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 02:52:05 ID:???
市はずっと一蔵を討ったことに取り憑かれているからなぁ。
一番引きずりそうな人が討ち手となったのが悲劇だな。

639 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 03:10:29 ID:???
よしっ!
最終回に備えて、寝るっ

640 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 04:40:09 ID:???
>>639
おい、永眠するなよ
おれは徹夜だ!

641 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 05:53:46 ID:???
>>635
腐臭漂う権力に嫌悪を感じていても、その権力の手駒になっていた市之丞に
又左衛門の権力志向を責める資格はあるのかなぁ


642 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 07:08:30 ID:???
そりゃ自己嫌悪も投影されてるわな

643 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 08:20:57 ID:???
>引き篭もってたのに又左衛門が来ると急にうきうきして窓を全開にしてしまう
>忠兵衛のツンデレぶりにワロタ

ウキウキというか、敵の出現で気力が漲ってきたのだろう。
かつての忠兵衛より一段と迫力が増していたような気がした。




644 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 08:28:58 ID:???
>>616
>市之丞は、自分の人生を“なにか”に残すため、
>又左衛門に果たし状を送ってきた。

それ、ものすごくよくわかる。
市之丞は又左の孫が生まれたことになにか感傷的になってたし。
同門の友人が孫までいる人生を築いてきたのに、自分は何の為に生きてきたんだろうと。

また忠兵衛の市之丞評もよくわかる。
一蔵の件がなくても市之丞の性格から不満の人生を送っていただろうと。
市之丞は頭も切れるし腕も立つが、感受性が強く、デリケート過ぎるんだよ。





645 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 08:35:50 ID:???
五人のうち、どの人生を選べと問われたら、
迷うことなく嫁さんがいちばんきれいな忠兵衛を選ぶ俺はたんなる俗物だろう。


646 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 09:28:52 ID:???
>644
市之丞は隼人の子どもも可愛がっていたよね。
そこに何かあるのかなあ。

647 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 09:42:37 ID:???
武士階級は家を継ぐことできたのと
部屋住みでは雲泥の差だな

648 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 10:44:45 ID:???
>>645
本当の俗物は、自分が俗物だとは思わないのさー

649 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 10:51:44 ID:???
昨夜の視聴率
関東11.6 関西8.1 名古屋9.2 福岡8.9 札幌11.0 仙台10.9 福島10.1
新潟11.3 静岡9.1 岡山・香川9.7 広島12.4

やっぱりお笑い主体の関西では、重たいドラマは人気ないんだな・・・


650 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 13:01:30 ID:???
私は庄六の奥さんでいいや。
出世とは無縁でも、そのかわり追い落とされたりの危険もなく、
内職で忙しくても、夫婦仲が良いのが一番!

651 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 13:07:36 ID:???
うそこけ!しこめが

652 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 13:13:37 ID:???
>>627
形式的には果し合いなので杉山派は一切関知しないのだ

653 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 13:14:50 ID:???
昨日の感想。
満江イラネ。女がしゃしゃり出るのがいかにもNHK的で不愉快。
婆さんとのあれは中村家コントの世界。

654 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 13:21:13 ID:???
私は類がいい。
やりまくって金もらうよん。

655 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 13:25:32 ID:???
太蔵が原の開拓するから、タバコ代ください。50両。ただしひとりあたまで。

656 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 13:54:20 ID:???
太蔵が原を二千五百町歩ぐらい拓いても、藩財政や百姓の暮らし向きはさほど良くならなかったんだな。
結局、利を得たのは羽太屋だけではなかったのかと、又左衛門は思う。
商品経済の浸透しはじめた時代、幕藩体制、米本位制はどだい無理があったということ。

又左衛門の時代から、たぶん50年ぐらいあとに維新が起こる。
でも明治国家(戦前までの日本)も貧乏だったんだ。
日本が豊かになるのは戦後の高度成長期を迎えてから。

>>650
スーパーのレジ打ちパートに出る奥さんか、
小ベンツで幼稚園の送り迎えをやる奥さんになるかの選択だなw


657 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 13:56:25 ID:???
視聴率 
風の果て.... 12.9__11.0__*8.6__*9.7__*9.3__*8.9__11.6

なんで昨日はこんなに爆上げしたの?


658 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 14:17:20 ID:???
口コミ?
裏にたいしたライバルがいなかったから?

659 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 14:27:00 ID:jrIKJB1F
>>658
>なんで昨日はこんなに爆上げしたの?
19.6% 19:00-19:30 NHK NHKニュース7
13.8% 19:30-19:58 NHK クローズアップ現代

ニュース7、クロ現の視聴者がそのまま流れたのかも。

>>658
>裏にたいしたライバルがいなかったから?
12.2% 19:00-20:54 NTV モクスペ「世界のすんごい1位と世界のすんごいビリを全部見せちゃいますSP!!」
11.3% 20:00-20:54 TBS うたばん
15.2% 19:57-20:54 CX* 奇跡体験!アンビリバボー
14.5% 20:00-20:54 EX__木曜ミステリー・京都地検の女
*6.1% 19:59-20:54 TX__いざ、新生カカシ班出陣!NARUTO疾風伝スペシャル

テレ東の「テレビチャンピオン」がなかったから、その分上がったのかも。
同じくドラマ枠のテレ朝「京都地検の女」も上げているし。

14.5% 20:00-20:54 EX__ 木曜ミステリー・京都地検の女

660 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 14:30:21 ID:???
.>>649
どうしたら各地域の数字を検索できますか?
いろいろ試してみたのですができませんでした。

661 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 14:39:08 ID:iPN932S2
黒澤明監督と三船敏郎のコンビが1962年に放った傑作時代劇をリメークした、痛快時代劇エンターテインメント。
http://gamenews.i67.org/


662 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 14:43:59 ID:???
杉山の奥さんはゴルフ接待づけにならなかったのか。

663 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 15:02:19 ID:???
>>662
奥方のことは知らないがこのドラマ内容がタイムリーだよね。

>>658 >>659
いずれにしても視聴率アップはめでたい!
DVD化するかな。


664 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 15:13:01 ID:???
5人の中では庄六だけが善人、みたいな描写がいやだ。
女性は弱いもの、みたいな描写がいやだ。
悪いのはいつも身勝手な男たち、みたいな描写がいやだ。
それ以外はいいドラマだと思う。

665 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 15:26:58 ID:???
庄六は善人というわけではなく「足るを知る人」だろ。

666 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 15:32:05 ID:???
何故柳ユーレイなんだ?

667 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 15:42:18 ID:60wCafGW
>>664
誰も善人でも悪人でもないって、、話だと思ってたが・・。
女性は弱いって描写あった? 男尊女卑の時代ではあるけど。

668 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 15:59:08 ID:???
いかにもNHKらしく、無茶苦茶に女が強いのだが……
原作ではこんなに女はでしゃばらない

669 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 16:09:34 ID:???
満江がナレーションしてるのが嫌だ。

670 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 16:55:56 ID:???
>>451
うちの4歳の息子がその通りに歌ってる。
かぜのはげ〜う〜う〜

671 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 17:20:51 ID:???
>>668
原作知らないけど、ドラマで別に女性が出しゃばってる印象はないな。
登場はするけど。

672 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 17:35:34 ID:???
二話の冒頭で(杉山派に?)隠居の噂を流された桑山が
庄六の家を訪ねるシーンがあったけど、あれは果し合いより少し後のこと?
順番的に。

673 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 17:47:04 ID:???
ドラマ版の杉山は復活の機会を虎視眈々と狙っているっぽいけど、
筆頭家老を任命するのは藩主なわけだから、
藩主一族に疎まれたんじゃ無理でしょ。

桑山が筆頭家老就任後わずか二年で
他の執政の造反を招いたのは
派閥の人間で執政府を固めなかったから?

今回執政に任命された人の中に異議を唱えた人います?
一話見てないのだわ。

674 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 17:47:32 ID:???
>>652さん、>>627さんは多分、市之丞との果し合いの件ではなくて杉山派の松
波、楢岡の二人の元執政が又左衛門に刺客を送った事を言っているだと思いま
す。確かに、あの時期に又左衛門に刺客を送っても意味がないと思います。失
敗したら、お上が任命した筆頭家老を暗殺しようしたとして最悪、小黒家の二
の舞になっただろうし、成功してもお上や一門の逆鱗に触れて厳罰に処された
と自分は思います。それが分かっていたから忠兵衛は二人を抑えたのだろうと。
杉山派に出来る事は冷遇にひたすら耐えながら桑山派が政策に失敗するか分裂
するなどして求心力を失うのを待つ事だと思います。


675 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 18:09:16 ID:???
満江が悪妻ではなく、むしろ良妻なのは自分は嫌ですね。あれでは又左が昔の女
を愛人として囲っている優柔不断な助平夫に見えてしまう。

676 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 18:18:05 ID:???
桑山が偉くなろうとも嫁がな 杉山の方がいいわ

677 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 18:29:42 ID:???
本屋行くと同じ棚の他の作家はぴったり埋まっているけど、
藤沢周平の箇所だけ、2〜3ヶ所空いているのよね。
これって風の果ての影響かね?

ついでに、このドラマの原作本も風の果てなの?

教えてチャンで御免。

678 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 18:30:48 ID:???
脚本は殆どの登場人物感情の振り幅をちとでかくしすぎてないか?
市之丞が又左の長男の弔いに行けなかった事を気にしていたり、
忠兵衛が一蔵の墓たてたとか、
いやいや、果たし合いのシーンさえ妙な脚色しなきゃ、それで足る
(べきか?)

679 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 18:31:09 ID:???
NHKの番組予告には果し合い後、息絶えるとあるが息絶えるという表現は死ぬことなのに
その後も生きてるみたいだね?ようわからん予告だな。

680 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 18:31:46 ID:???
満江も裏ビデオの頃は腰もくびれて色っぽっかたが、
このドラマでは、時折、樹木希林に見えて、
ぎょっとすることがある。

681 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 18:32:44 ID:???
>>673
一話の冒頭部で若い中老?が二人ほど又左衛門に異議のようなことを言っていたが
造反とまではいってないし、又左衛門に「藩政を批判するなら対案を出せ」と一喝されておったような、、


682 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 18:38:11 ID:???
>>679
番宣では果し合いの模様を原作の文章を紹介しながらやっていた
ドラマでもそういう風になっていると思う


683 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 18:43:34 ID:???
(゜Ω゜) ん? もしかして>>679は果し合いで死ぬのは又左衛門だと思っておるのか?


684 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 19:08:20 ID:???
>>680
それだ!きききりん
体型がもう巨乳ちゅうより丸太っぽいんだよな

685 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 19:12:29 ID:???
http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/kazenohate/jidaigeki.asx

686 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 19:15:41 ID:???
>>680
着物の着付けのせいだろう。
巨乳女が着物を着るとき
くびれたウエストにタオルをぐるぐる巻きにするので
どうしてもドッカーンデブに見えてしまう。
石田の帯をシュルシュルしたら、
あのスタイルが飛び出すものと
俺は今だ信じたい・・・・。

687 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 19:29:43 ID:???
>>664
>女性は弱いもの、みたいな描写がいやだ。
このドラマ、滅茶苦茶女性強いんですが。
そう思えないのなら時代劇は向いてないです。

>>665
ですね、対比としてわかりやすすぎますが。

688 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 20:00:10 ID:???
3カメこんな時間にあちこち切り替えてる〜
ママンの背中のアップになった

689 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 20:01:38 ID:???
向いてるとか向いてないとかよけーなお世話だなー
間違った解釈したら時代劇見ちゃいけんわけ?

690 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 20:05:29 ID:???
市之丞みたいな人生を送っている俺・・・

691 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 20:07:42 ID:???
>>677
原作も「風の果て」という題名。なかなかの名作なので読んでみるといいかと


ちなみに同じ藤沢周平作品で「霧の果て」「闇の梯子」「暗殺の年輪」などもドウゾ

692 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 20:13:47 ID:???
>>689
不満が溜まるなら見ないのも一つの手だぞ、江戸時代は階級社会で格差社会だ
そして男尊女卑は当たり前、遊郭という女性限定の人身売買がおこなわれていたぐらい
武家に限らないが女は世継を生むためのみに存在しているようなもんだ

693 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 20:14:05 ID:???
688は誤爆っ太

694 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 20:23:35 ID:???
何を見ようと、見てどう思おうと人の自由、それに反論するのももちろん自由だが
向いてないなんてエラソーな判断する自由が687にはあるんか?
ちなみに自分は664ではないしこのドラマ観てストレスもない。


695 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 20:26:04 ID:???
>>690
美人な後家を愛人にしているのか 裏山シス

696 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 20:33:01 ID:???
そういえば石田えりってこのドラマだと他よりぶさいくに見える気がするけど、
あれはわざとそういうぶすっとした表情の演技をしてるのかなと思った。

697 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 20:52:23 ID:???
煙草代(お金)だったのか
煙草台(お盆のようなもの)だと思ってた
んなもん貰ってなにが嬉しいのかと

698 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 21:06:51 ID:???
>>692
人身売買は女性限定ではなかったよ。
男の子も売られたり攫われたりして陰間茶屋などで売色をさせられていた。

699 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 21:09:51 ID:???
>>696
石川えりはあまり好きな女優ではないけど
このドラマの満江の役ってつかみ所がなくて、難しいと思う。
ぶすっとした演技、上手いと思うよ。
予告で、次回の副題を言う落ち着いた声、気に入っている。

700 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 21:20:19 ID:???
石田えりは唯一このドラマで苦手。
そもそも原作じゃほとんど出番ないのに
ドラマじゃ無理に目立たせてるからストーリーの辻褄が合わないし
醜女という設定からいつもぶすっとしててあまり見たくない。

若い頃は醜女でもほっそりしててけなげそうで好感があったが
石田えりは重量感がありすぎる。

こういう役はコメディリリーフだったら我慢できるのだが。

701 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 22:08:01 ID:???
人身売買なら昭和20年代まで公然と行われてたじゃん。
つか今でもヤクザ絡みでソープに売られる話をちらほら聞く。
夏に放映された連ドラの「女帝」でも主人公の新人ホステスが
売られかけたような。加藤ローザだっけ

702 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 22:54:57 ID:???
生まれてねーよ

703 :名乗る程の者ではござらん:2007/11/30(金) 22:59:26 ID:???
桑山家長女は嫁行って出産
跡取り次男はどうしてんの?
果し合いについてったのは違うよね

704 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 00:54:21 ID:???
原作のあの絶妙な引きを、ドラマは出来るかのぅ
「帰る!」コントしてるようじゃ、期待は淡くしとくか

>>703
次男と長女の歳はあまり離れてな様子でこの時代女の方が早く外に出るし
長男は家でどこから嫁を貰うか時間を使ってても良いんじゃないかな
ちなみについて行ったのは青木藤蔵。

705 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 01:57:13 ID:uStuLkw6
鬱の果て〜  鬱の果て〜 ♪

706 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 02:20:21 ID:???
次男は近習組として江戸に駐在、長男は夭折。

707 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 08:59:45 ID:???
原作と違う!って言い続ける人がこのスレにいるけど
純粋にドラマとして楽しめないなら見るなよ。うんざり。

708 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 09:07:58 ID:???
【テレビ】“時代劇離れ”が加速?
NHKが「木曜時代劇」を来年3月で終了→土曜日に枠を移し30分に短縮
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1196457303/l50

とうとうきたか・・・
NHKはスポンサー関係ないんだから
視聴率競争に参入しなくてもいいのになぁ。

709 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 09:08:33 ID:???
青木・・・いやなんでもないw

710 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 09:13:46 ID:???
ミツエがナレーションなのはちょっと選択ミスかなとは思う。
フキも違うきがするし、難しいな。


それより木曜時代劇の枠がなくなって土曜日の30分枠になると
芸能ニュース板であったが、

そこで「風の果て」の話してるのがたった1人しかいないことに絶望した。

711 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 09:14:51 ID:???
>>697
藩主の定紋入りなら、金よりいいぞ。
藩主から定紋入りの羽織などを頂戴することは最高の名誉。
武士ならここ一番というときにそれを着て登城するし、何かの責めを負ったとき、その定紋入りが忠義の証となり救われることもある。
これは子孫にまで有効、それが封建時代。
百姓なら定紋入りの煙草盆でも名誉。


712 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 09:16:22 ID:???
>>708
自分も今よそのスレで見てきた
移動はともかく短縮とは・・・
NHKはヴぁかでねーの?自ら首を絞めるような真似をしやがるとは!

713 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 09:21:08 ID:???
>>708
NHKは昔から、なんにしろ番組づくりで叩かれる宿命にあるからな。
視聴率低くてもしっかりした作りでキャストも豪華なドラマを作れば
「税金を無駄遣いしている」と非難され、
視聴率目指して軽佻浮薄な路線をあえてとれば
「国営放送が税金つかっておいてこの有様」と非難され、
二者のバランスをとろうとしてみれば
「あってもなくても同じ局。誰も見てないよ」と言われ……。
だったら叩かれても儲かる方をとるのは自然な流れだ。

714 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 10:10:48 ID:YTmpi/Y0
そのくせ、愚にもつかない韓国ドラマを高いカネだして買ってくるしな。
日本の放送局なら日本文化にカネ払えっての。

715 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 10:14:49 ID:???
民放路線のドラマをNHKが作って20時台に放映しても誰も見んわな

716 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 11:29:03 ID:???
>>708
おれは、最初の5分で見るのやめたあの夏雲ショックから
未だに抜け出せないでいる
へたに若者に媚びるようなドラマを作るからこんなことになるんだ

717 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 11:33:13 ID:???
>>708
大河が視聴率狙いに走ってるのに対して
この枠は骨太な原作で良質な時代劇を作ってるなと思ってたのに
どうせ移すなら金曜日に戻せアホNHK

718 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 11:34:19 ID:???
時代劇板の住人にとっては大事件ですな<15分短縮

719 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 11:46:05 ID:???
>>718
ほんとにそうだよな

アホかNHK!
逆だろ!
15分伸ばして1h時代劇つくれ!

720 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 11:57:14 ID:???
30分に短縮して回数を今の1.5倍にするということか?
それならなんとか理解できるのだが

評価の高い?蝉しくれやこの風の果てにしても
ときどきダイジェスト版か?と思わせるところがあるからな

721 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 12:05:42 ID:???
しまつた
計算間違えた

× 30分に短縮して回数を今の1.5倍にするということか?
○ 30分に短縮して回数を今より増やすということか?

722 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 12:08:21 ID:???
回数を増やせば作品数は減る
時代劇の縮小化には間違いない
短くなった分回数を増やせばいいというのは短絡的な考えだな

723 :720 721名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 12:19:53 ID:???
>>722
なるほど、作品数が減るか
やっぱり、時代劇は縮小に向かうのか
残念でやりきれないな

724 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 12:40:45 ID:???
今更無駄だが、一言言いたい方は最終回終了後こちらにもどうぞ

☆読売 番組に関する意見を約200字で。番組名、放送日、住所(郵便番号も)
氏名、年齢、職業電話番号を明記。匿名・二重投稿は不可。
掲載分には薄謝を贈呈。
はがき→〒100-8055 読売新聞 文化部「放送塔」係
FAX→03-3217-8292
e-mail→HOSOTO@YOMIURI.COM
(※スパム防止のため全て大文字にしてあるが、実際送信する時は
小文字でお願いします)

☆朝日 番組の感想は最高170字程度が載りやすい?
住所、氏名、年齢、職業、電話番号、二重投稿は不可
掲載分には薄謝を贈呈
ハガキ→〒104-8011 朝日新聞東京本社 文化グループ「はがき通信」係
FAX→03-5541-8611
e-mail→TV@ASAHI.COM
(※スパム防止のため全て大文字にしてあるが、実際送信する時は
小文字でお願いします)





725 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 13:00:35 ID:???
>>707
うんざりするならこのスレ見るのやめたらどうだ。

726 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 13:22:14 ID:???
時間が3分の2に短縮でも制作費は3分の2ではおさまらないだろう
納めようとすれば画面がチープになるのは否めないな

727 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 13:36:37 ID:???
>>726
ドラマ1本の単価を抑える必要はない
でも本数が減るのなら当然1年間に時代劇につぎこむ制作費は減る

728 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 13:42:05 ID:???
本数が減るとは決まってないからな
4月に作品と役者が発表になるのを待つしか、なんとも言えん

729 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 13:51:26 ID:???
>>728
本数が変わらなかったら1作品の放送時間が減る
物理的にそうなるだろ
陽炎みたく長いのはできずに夏草ぐらいのものばかりかね

730 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 13:53:09 ID:???
来年度のラインナップいつ頃発表だろう?と思ってたら
こんな話題が先に来るとはね

731 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 14:05:43 ID:???
風林火山だって、合戦のシーンはスカスカだしな。

732 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 14:37:42 ID:???
又左衛門=風の果て なお足るを知らず
おれ=風吹かず なお吹くを待つ

733 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 14:40:14 ID:???
おれ=風吹きまくり。でも向かい風。つーか嵐。ダレカタスケテー

734 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 14:55:07 ID:???
若い層を取り込みたいのなら、今さらペの大作時代劇に大枚はたくなよと・・・

735 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 15:43:46 ID:???
>>708
……すげえショック……。
30分ってアンタ、アニメじゃないんだから。
1時間にしてほしいぐらいなのに

736 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 17:10:56 ID:???
地上波から時代劇が消える日も遠くないな。

737 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 17:14:23 ID:???
そこまでしても視聴率が取れないテレビ局
大昔じゃないんだから生活の中でテレビが占める比率も低下してるってのに

738 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 17:22:52 ID:???
30分で時代劇・・・ライオン丸か

739 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 17:42:29 ID:???
特に木曜時代劇は45分でも短く感じるほど面白いのに
30分!アニメみたいに実質20分でないだけいいのか

740 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 17:44:08 ID:???
>>738
おお、それいいかもなw
忍法、獅子変化っ!
あ、続編は間違っても作らないように

741 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 18:13:01 ID:???
4月以降は山田風太郎が原作か

742 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 18:15:33 ID:???
>>740
同意。

と言いたいが、続編のほうが実は燃えるんだな。
本放送当時、雌ライオンみたいでかっこ悪いと言っいてた自分を叱りつけたい気分だw
時専でやってるし、観てみるのも一興でっせ。

743 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 19:46:09 ID:WeVpr+kO
きっと、自分の命が残り少ないことを知って
市之丞は、又左衛門に着られて命を絶ちたいと思ったんじゃないかなぁ?
そんな考え、甘い?

744 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 19:54:12 ID:???
番宣で見たが
果し合いは短時間でケリが付かず双方ともヘトヘトになるまでやったようだな
両者ともぶっ倒れそれでもまたやりはじめた



745 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 20:16:33 ID:???
うん。
原作では果し合いというようなものではなく、
老いた元剣客たちのみじめな意地の張り合いのような感じ。
双方とも一合交えただけで息があがり、あとはふらふらの状態。


746 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 20:18:59 ID:???
>>743
そういう解釈もあるだろうね、解釈は自由だ。


747 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 20:36:40 ID:???
745は立派なネタバレじゃん

748 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 20:59:21 ID:???
745がネタバレなら文春文庫自体ネタバレじゃん

749 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 21:10:18 ID:???
大丈夫!解っていてもエンケンの市之丞には涙腺破壊される
つか、文章の力と画像の力、夫々互いにないもの持ってるし
楽しみだなー

750 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 22:05:31 ID:vrFzzcgN
時代小説の書き手多いんだから
オリジナル増やせ。
「転がしお銀」だっていろいろ言われたが
最後まで楽しめた。

751 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 22:21:08 ID:???
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/12/01/03.html

NHKが来年4月から時代劇のレギュラー放送を縮小することになった。
45分枠の「木曜時代劇」(木曜午後8時)を来年3月で終了し、若者をターゲットにしたドラマ枠を新設。
時代劇枠は土曜に移し、放送時間を30分に短縮する。

752 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 22:21:49 ID:???
さすがにガイシュツだったか。スマソ

753 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 22:22:25 ID:???
疑問、質問。いろいろあるなぁ。ここらで藤沢周平の「風の果て」
という小説を読むといいと思う。損は無い。


754 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 22:33:03 ID:???
藤沢周平の作品で一番好きなもの、という質問で「風の果て」を二人の女性作家があげていた。
一人は皆川博子で、もう一人は昔のことで思い出せないんだが。二人の作風からちょっと意外な
気がしたことが記憶にある。

755 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 22:36:42 ID:???
皆川博子は文庫本の解説を書いている。
しかしあってもなくてもいい「解説」だ。
かりにも文章家のはしくれなら短文でも読ませるものを書いて欲しい。

756 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 22:37:54 ID:vrFzzcgN
作家の人達にも市之丞ファンは多いみたい。


757 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 22:50:09 ID:???
でも市之丞はVシネマでヤクザばっかやってた俳優なのに、見事な演技といい雰囲気だったな。
NHKはさすがというべきか。
石田えりも言われるほどひどくなはい。

758 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 23:11:13 ID:???
市之丞が忠兵衛の手駒としてカネを受け取っていたのを知ってから
俺の中で市之丞がだんだん遠ざかっていくな

なんだかさびしいよ



759 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 23:43:47 ID:???
兄の息子の厄介になるより、忠兵衛の汚れ仕事を請け負ったほうがまだマシだろーが。
そこの微妙な人情がわからんのか?
どうせまともな人生ではないと考えてるんだし。



760 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 23:46:03 ID:???
「みじめな人生だったな・・・」
これは市之丞の自虐の詩だろ

761 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/01(土) 23:48:29 ID:???
お前らも汚れちまったな

762 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 01:26:38 ID:???
女もいなければ、剣の腕もたたない
市之丞な俺ですが、なにか・・・?


763 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 01:34:13 ID:???
一蔵よりはマシだよ……

764 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 01:53:14 ID:bG8uAi7j
でも市之丞の立場なら忠兵衛に養子先の斡旋や藩士への取立てを要求できたと思
うんですが?一時的な大金よりも下級藩士の家でも婿に入った方が長期的にみた
ら得だと思うんですが…。筆頭家老の権勢があれば婿入り話をまとめるのは、それ
ほど難しくないと思う。忠兵衛は汚れ仕事に使ってきた人間を登用するのは嫌だった
かもしれないけど。忠兵衛の弱みを知っているのは武器になると考えてしまった。

765 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 07:00:41 ID:???
過分な要求をすると、今度は市の字が社会的に抹殺されかねないからなぁ。
権力者は保身の為に鬼になるがな。

市の遠藤憲一は他のNHK時代劇でも渋くて色気のあるイイ演技をするんで、安心して観てられます。
寧ろ主人公が大河の組!鴨の悪人顔にみえて、慣れるのが大変でした。

燃えのエンジンがかかるのは遅かったけど、もう終わってしまうのが残念です。


766 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 08:19:51 ID:Agd12ASY
市之丞が焼き魚を食って
笑い泣きしながら『うまい』

あれって庄六のようにささやかな幸せすら得られなかった悔恨の現われ?

767 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 08:52:11 ID:CH/4NoeA
庄六「お前は頭もいいし腕も立つ。不満を持つのは当たり前だ」
あの魚を喰らうシーンは酷く泣けた。

768 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 08:57:07 ID:CH/4NoeA
>>766
私には互いを肯定しあえる友人の存在にほっとしたかのように見えたよ。

769 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 09:11:59 ID:???
類のような好色で美人の女と、少なくとも数年はやりまくった。
厄介とは当主と違って気楽な身分ともいえる。
忠兵衛の裏仕事で金に困った様子もなかった。
藩の頂点に立った忠兵衛や又左衛門にも横柄なタメ口をきく。
剣の腕もたち、みなに腫れ物にさわるように気をつかわれる。

どこが、みじめな人生かな?
おれの人生のほうがよっぽどみじめじゃい。



770 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 09:21:17 ID:???
ヨチヨチ( *´д)/(´д`、)アゥゥ

771 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 09:21:57 ID:???
庄六=普請組として人夫に混じって汗をかき、うまい飯を食う仕事
市之丞=裏の刺客として人を斬り、にがい酒を飲む仕事

772 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 09:28:43 ID:???
>>769
うまく言えないんだけど、ひしひしと身にしみてくる寂寥感は
きっとそんなモノでは購えないんだよ。

藤沢周平が描き出したのは、ひとの人生そのものなんだよね。
だから読者は、運命に翻弄される登場人物に感情移入できるわけで。
市之丞に共感できるひとは、そのひとなりの苦しい人生を歩いてきたんだろう。
苦しくない人生なんて無いと言われればそのとおりだけど。

>おれの人生のほうがよっぽどみじめじゃい。
がんがれ。

773 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 10:01:07 ID:???
>類のような好色で美人の女と、少なくとも数年はやりまくった。

↑を最初に挙げた>>769 ・・・・・ ('ω`)

774 :720 721名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 10:26:16 ID:???
>>773
> >類のような好色で美人の女と、少なくとも数年はやりまくった。
>
> ↑を最初に挙げた>>769 ・・・・・ ('ω`)

至極当然だと思う
それ以外の、気楽な身分、金、タメ口、気づかい等は
どうでもよい

と、やりまくれる女のいないおれは思う


775 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 10:31:12 ID:???
今更取り繕っても仕方あるまい
おれは769の潔さは好ましく感ずるか
773そこもとはそうは思われぬか?

市之丞の魚を喰うシーンは庄六の気遣いで胸がつまってなかなか
かぶりつけないのだと思いつつも、病のせいで食欲も落ちているんだなぁ……
涙出そうだったよ

776 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 10:58:57 ID:???
俺もそのシーンは泣いた。つか、市之丞が登場するだけで目頭が熱くなるw

>病のせいで食欲も落ちているんだなぁ……
ここまで読んでくれたら脚本家さんも本望だろうね。

777 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 15:49:18 ID:???
これは藤沢周平の最高傑作だな

778 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 15:50:38 ID:???
市之丞は一蔵を切った。
市之丞は一蔵を忘れることが出来ない。
死期の迫った今、又左衛門に切られて死後も自分を忘れないでいて欲しい。
そんな感じかな。

779 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 16:06:21 ID:???
>>778
それってなんてボーイズラブ!

780 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 16:18:23 ID:???
藩から一蔵への討手が出るにもかかわらず
自分たちの中から討手を出すことを提案したのは忠兵衛で
独身だからと言う理由で市之丞に仕向けたのも忠兵衛


781 :庄内の商人:2007/12/02(日) 16:55:27 ID:???
おレンチの先祖は、庄内藩の家中が着る、陣羽織や袴を作成し
卸してたそうです(藩御用達)、その当時は脇差しも許されたそうです、
いまは落ちぶれたかな!?。

782 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 17:28:07 ID:???
子孫が2ちゃんに出入りしているんだから、推して知るべしだろう
オレモナー

783 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 19:49:47 ID:VeDZFVBk
先祖を辿れ
1代遡り父母(親)は二人
2代遡り祖父母(親の親)は4人
10代遡れば先祖は1024人
20代遡れば先祖は104万8576人
25代も遡れば先祖の数は日本の人口より多い
皇室から乞食まで全部祖先

784 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 20:24:22 ID:???
キミオモシロイネ

785 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/02(日) 21:24:45 ID:???
庄内藩では黒鯛釣りを奨励していた。ウキも錘も使わない
フカセ釣りで、竿を持つ所作を刀とクロスオーバーさせた。

アイナメやソイといった根魚を錘を底にベタ付けして釣る
方法は、現地では邪道らしい。

786 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 00:51:43 ID:???
>>783
申し訳内でがんす、系図があるんで直系でがんす
がんばって計算ありがとでがんす、
うんめよ〜



787 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 01:18:27 ID:???
>>783の言いたいことはたぶん
日本の様に閉じた社会で交配が続けば統計の確率からいって
数代遡った先祖の血と赤の他人の血は同じってことでそ

俺の祖先は聖徳太子だと皆が言えるわけだな


788 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 03:58:48 ID:???
>>780
元々の討手二人では一蔵がどんな目に遭うか…みたいなことを言ってたが、
案外、市之丞が出向くよりは粛々と事が進んだかもしれない

市が相手だからこそ、一蔵は最後の逃走の心境になったとも言えるような

789 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 08:26:06 ID:???
先祖の大元をたどればアフリカのサルに行き着く

790 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 08:46:59 ID:kLy8ZAfY
もっとたどればミジンコとかになるわけか。
人類、というか生物みな兄弟だな。

791 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 09:00:33 ID:???
もっとたどれば宇宙空間に漂ってる原子だ

792 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 09:14:45 ID:???
いよいよ最終回か
原作は読んだこと無いが
終わってからも暗い気分になるのは嫌だから
いろいろあったが最後は心地よく終わってほすい


>>787
ああ それね 何かで調べたことあるよ
確率を計算すると8代遡ると赤の他人と同じ血縁だそうだ
つまり8代前のご先祖様と街ですれ違った赤の他人と同じとういわけ




793 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 10:01:40 ID:???
再放送しないかなー、DVDの販売しないかな
またしょうもない映画「蝉しぐれ」と同じになるのかな〜
これは、ご勘弁願いたい。
良い題材をほしがっている映画界だから飛びついてくるだろうな
止めてほしい お願いします 2時間に縮めないで、どうしようもない俳優使うな。


794 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 11:42:05 ID:???
>>783
この考え方は、あっているようで、的を得ていない場合もある
仮に7代で1カップルずつが一人しか産めなかったまたは、病気・飢饉・戦争などがあって一人しか
育たなかった、2人以上を育ってもその他独身だった 先祖254人の子孫は、現在一人だけになる、
簡単な計算ではいまを語れない、それだけ歴史は重いのである。

795 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 11:49:40 ID:???
なるほど。

796 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 12:06:07 ID:kLy8ZAfY
的は得るものじゃなく射るものだけどな。

797 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 12:18:18 ID:???
じゃが広辞苑には的を得るも正しいと書かれておるがのぅ

798 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 12:30:33 ID:???
>>796
「的を射る」こそが間違い。
これはよく流布している無知からきています。射撃の場面を想像して「的を得る」はずがない、
「的を射る」ものだ、という誤解です。これは漢語に由来する表現であることを知らず、日本
語として「的を得る」はずがない、と思ってしまうのです。 語源の『大学』・『中庸』にあるように、
「正鵠(せいこく)を失う」という表現からきています。 この場合の正鵠は「正も鵠も、弓の的の
まん中の黒星(『角川漢和中辞典』)」のことで、射てど真ん中の黒星に当てることができたか
どうか、当たったら「得た」といい、はずれたら「失う」と表現していたのです。矢で的を射るのは
当り前としても、必ずしも的に、まして正鵠に当たるかどうかは示していない表現が「的を射る」
です。たとえば、“[中庸、十四]子曰く、射は君子に似たる有り。諸(こ)れ正鵠を失するときは、
反って諸れを其の身に求む。(平凡社『字通』白川静著)”と「失する」という表現をしています。
「失」の反対は「得」であり、「射」ではないのです。そうでなくても、もともと「得」という字には「あた
る」という意味があります(白川静の前掲書)。 いつのまにか「正鵠」という分かりにくいことばを
使わず「的」に省略し、「的を射る」という悪貨が「的を得る」という良貨を駆逐していて、日本の
国語辞典にも浸透しています。


799 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 13:05:23 ID:???
失礼、このネタは荒れるんだった・・・。

いちおう、すべての辞書においては「的を射る」が正しく、「的を得る」は誤りとある。
だが>>798みたいな意見もあるので、どちらが良貨でどちらが悪貨かは、それぞれが
判断してくれ。

800 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 13:34:36 ID:???
>>798

801 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 13:39:12 ID:???
「的を射る 当を得る」でググッたら3220件でてきたワwww

802 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 13:42:19 ID:???
まあ、当節の
「的を得る」正しいよ論ってのは、
「ディスクトップ」はマイコンピューターの上、つまりディスクトップの頂上にあるから正しいよ、
てなことと同じくらいの後付けの説明なんだよな。

それにしても、なんで「正鵠を得る」という言葉が残らなかったんだか。

803 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 13:48:51 ID:???
的を得たは、少なくとも10年くらい前までは、正鵠を得たがあるから正しい言葉、なんて説全くなかったしなあ。

>>797
今見たけど載ってなかったお
嘘言うなお

804 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 13:54:28 ID:???
ttp://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%AA%A4%F2%C6%C0

ということで、スレ違いだからもうこの話題やめるぞおまいら。

805 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 13:59:08 ID:???
>>802
ディスクトップって何?w

806 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 14:07:16 ID:???
>>794 を書いた者ですが

ATOKを使用してまして『的を得る』を変換したら誤用と出てたのを
無視して表示しました、こんな騒ぎになるとは、すみませんでした、
これにてお開きください。


807 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 15:12:13 ID:???
>>799
お前はホントに全ての辞書を調べたのか?

808 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 16:04:41 ID:???
映画化だけはやめて欲しい(蝉しぐれの前例が)
イメージの固着した役者を簡単に使うからな
観る方の情報にも因るんだけど

809 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 21:44:34 ID:???
時代劇ヲタらしいといえばらしい

810 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 22:52:20 ID:jedCIa0m
>>794
この考え方は、あっているようで、的を得ていない場合がほとんど
子孫の場合は子供が出来ない場合や逆に子沢山の場合もあるけど
先祖の場合は男と女の2人がいないと子は生まれない
例外として先祖の系譜が途中で交わっている(簡単に言えば近親相姦)の場合は2のべき乗にはならない

811 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 22:57:43 ID:???
エンケンの市之丞は俺には馴染めん。
彼は【花と蛇】での森田幹造のイメージが強烈すぎる。

812 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 23:03:17 ID:???
早く木曜日にならんかのう
正月よりまちどうしい







813 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 23:26:25 ID:???
遠藤憲一は、無名塾出身なんだね出来が違うね。






演技は苦労しないと出てこないね。







814 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/03(月) 23:53:38 ID:???
>>812
ダイジョーブ、正月より早くくるから

815 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/04(火) 00:24:56 ID:???
>>813
「無名塾を経て」って大抵のプロフに書かれるけど10日間しか在籍してない。
10日で辞めたことに関しては諸説あるけど。
どっちにしても遠藤憲一の演技は素晴らしい。

816 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/04(火) 01:07:23 ID:???
ドラマでオリジナルの後日談を描くけど、又左が若い世代の執政たちとの政争
に敗れて家禄削減の上で隠居とかのありきたりで、安直な結末だったら嫌なん
ですが…。こういう意見は私だけでしょうか?

817 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/04(火) 02:33:48 ID:???
>>816
添加のケケ山先生が渾身の力で書き下ろすオリジナルということで
今から胸が恐怖と祭りの期待でwktkしておりますぞ!

818 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/04(火) 07:01:04 ID:???
エンケン下手とは思わんけど声が聞き取りにくい上ヤクザ声すぎる
下町のクリーニング店の親父やってても更生したヤクザにしか見えんかった

819 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/04(火) 14:38:33 ID:???
>>818
エンケンは地声は良いからナレーションとか色々してるよ。
役柄からああいう風に絞って声を出してると思う。
>下町のクリーニング店の親父
て「特急田中」見てたんかいw
俺もだww

820 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/04(火) 17:44:47 ID:???
市之丞は忠兵衛の走狗として汚れ仕事に従事して日々の糧を得て、荒んだ生活
をしてきた人物だからアウトサイダーの哀愁が醸し出せる遠藤先生の演技がシ
ックリくるよ。本当に素晴らしいと思いまする

821 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/04(火) 23:36:13 ID:???
次回で太蔵くんともお別れか

822 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 00:41:40 ID:???
そういえば刺客請負人のナレはエンケンだったな。

823 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 00:52:32 ID:???
新コマの「座頭市」、テレビでチラッと写った舞台に市之丞はんがおいでどした。

824 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 01:10:37 ID:???
「慶次郎縁側日記」の時は、実直そうな岡っ引きやってた
今思えば、「ああ良い顔と声した俳優さん」と思っていたのか
記憶の奥からぼこぼこ出て来る
そういえば、「アンフェア」でもナレーションしてた

825 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 03:14:47 ID:???
ココの人たちなら、判ると思うけど、「椿三十郎」のリメイクどう思う?
糞だと思うけど。

脚本は同じなのに、織田&森田ファンが、違う自分達の作品っていってるが、
監督達は???所詮山師なのかもな。
http://jp.youtube.com/watch?v=jui44pjEQG8

826 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 07:16:16 ID:???
>>825
どうせ地上派降りてくるからわざわざ見に行かないお

827 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 08:25:06 ID:???
>>825
今回は吉本興業のりでしょう、三船敏郎 仲代達矢 黒澤明
申し訳ないと思わないのかな、今回は糞・ゴミレベルだな
テレビで予告編も止めてほしい、急に出てくるから 腹が立つ
風の果ても 絶対映画化は拒否したい 変な監督が台本変えて映画会社もって行くのだろうな


828 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 09:37:14 ID:???
自分から同士になろうと持ちかけた和田中老を切ったけど、
その嫡男を中老にあげたり、
御用人の息子を執政入りさせたり、
次席家老にはおよそ野心のなさそうな男を抜擢したりと、
又左衛門もなかなかうまい閣僚人事を考えたな。
原作によると和田家はもともと名門だし、御用人の家もかなりのものだろう。
家中の上士と良い関係を作りながら、御連枝の後ろ盾も得て、なにより藩主からの信頼が厚い。

又左衛門の座は磐石のような気もするけどねぇ。
実際的な経済効果は別として実高を相当に増やしたことは子々孫々の手柄になるしね。
戦国で言えば城を落とし領地を増やしたぐらいの手柄。
仮に又左衛門が失脚するにしても忠兵衛がふたたび執政入りすることはないだろう。
まあそんな感じ。



829 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 09:43:31 ID:???
ああ、ついでに「的を射る」の件だが、おれは「的を得る」は使わない。
なんか意味的にしっくりこないし、違和感があるしね。
ただ他人が使っているのを見ても、別に突っ込みはしない。
つーか、おれは他人の誤字誤用はほっとくしね。
ただプロには「的を得る」などと書いて欲しくないな。
若手や新人作家など平気で使ってるのもいるようだけど。

さすがに藤沢周平は「的を得る」などと書いてないだろうw

830 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 17:07:08 ID:???
しつこいな

831 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 18:44:19 ID:???
>>829
小黒さま、執念は立派ですが
このスレが荒れますので、別スレでお願いします
この件は、お開きになっております。




832 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 21:17:08 ID:???
明日の放送の詳しいあらすじを某新聞が載せていた
読んでしまった意気地のない己がぁ……
漫画だけ読もうとしたのに

833 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 21:21:34 ID:h1TsQc/C
おい、明日最終回だし、もっとなんか書き込めよ。
明日の放送終了後もスレが埋まらず、そのまま落ちるんかよ?
という俺自身、原作も読んだし書きたいことはたいてい書いてしまったけどな。


834 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 21:39:11 ID:???
じゃあ書き込むよ♪
DVD 2008年3月21日発売だって!


835 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 21:42:32 ID:???
公式サイトには「現在のところDVD発売の予定はありません」とかあるが

836 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 21:50:09 ID:???
公式サイト よくある質問 参照
更新されてるよ


837 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 22:22:08 ID:???
NHKのサイト内にもあらすじ載ってるとこあるんだよね
好奇心でつい読んじまった

838 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/05(水) 23:42:13 ID:???
又左も自派の執政に政権を禅譲して隠居したらいいのに…。桑山家を継いだ次
男も六百三十石の当主として然るべき役職を与えられるだろうし、又左自身も
桐の間出仕の年寄として藩政への影響力を確保出来るとおもうんですが…。
自分が選任した人間なら、大きく方向性は変えないだろうし。

839 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 00:03:01 ID:???
六百三十石は中老就任時の加増だろ?
実際、家老、筆頭家老とその後も出世してるんだからなんぼなんでも石高がそのままちゅーことはないだろ。


840 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 01:41:21 ID:???
又左みたいに元々の家格以上に出世し、それに伴って大幅に加増された場合
でも、禄高は代々受け継がれるの?もしそうなら、加増なんてそうそう出来ない
と思うんだが。他に減封や取り潰しをして無理やり帳尻合わせるんだろうか?


841 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 02:19:40 ID:???
>>840さん
享保期以降は足高の制という制度があった。各役職に基準となる石高を定めておいて
それ以下の禄高の者が就任する際に在職中のみ不足している役料を補い、その職を辞
せば元に戻すという制度。原作では確か、足高の制の記述はなかった気がするから桑
山家の家禄が加増されたんじゃないでしょうか。政変での小黒家の改易とかで禄に余
裕があって不思議ではないし。

842 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 02:29:52 ID:???
>>832>>837

>>531

843 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 02:53:52 ID:???
よしっ、今夜に備えて寝るっ!

844 :825:2007/12/06(木) 03:09:05 ID:???
>>826-827
違う話題なのにレスどうも有り難うございました。
私も黒澤監督を大好きですし日本の重鎮だと思いますので、嬉しかったです。
時代劇普段見ないくせに、にわかが、凄い暴れっぷりなので、「椿三十郎」の板では、
常に黒澤監督を普通に知っている人との論議というか喧嘩が絶えません…。
木曜時代劇好きなので、明日楽しみにしてます。
最終回か…早いですな。ではお休みなさい。

845 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 12:53:59 ID:???
最終回に8時間切ったとゆうのに、盛り上がりに欠けているぞ
こんだと再放送がトンズラするぞ、燃やせ燃やせ最終回
人生のむなしさを語り合おう。


846 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 12:59:15 ID:???
NHKは海鳴りの映像化を視野に入れてそうな悪寒。

847 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 13:43:40 ID:???
今 番組覧の予告を見たら最後のシーン?が書いてあった
原作を読んでないけど、こういう終わりかたは違うのではないかと思う








848 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 15:06:03 ID:nQAwtRJp
>>778
そうだきっとそのとおりだ。そうあってほしい。
778うまいこと言いやがる

849 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 15:46:43 ID:???
>>848
同感
死に場所を、友に求めたのかもしれない、
武士らしくし、死にたかったのかもしれないな、
この時代は戦もないから、市之丞は早く楽になりたかったんだろう、
死んで悲しむ家族もいないからな。


850 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 17:12:00 ID:???
市之丞が果し合いに勝ってたらどうなるんだw


851 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 18:00:07 ID:???
よしっ、今夜に備えて寝るっ!

852 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 18:07:28 ID:???
最後のシーンがどうなるのか見ないと解らないが
あああああ、かなりの脚本捏造展開だな(オリジナルとも云うのか)
どうしてくれよう
いや、全ては全部見てからだ

853 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 18:09:47 ID:BuGomPUv
わははは。後2時間ー

854 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 18:44:42 ID:???
終わったら解説サイト見に行こっと

855 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 18:45:59 ID:???
我が分身市之丞の最後を看取ってやろう


856 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 19:11:06 ID:erZg7+eq
あと1時間…!

857 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 19:38:53 ID:???
そろそろ全裸待機。

858 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 19:48:22 ID:???
俺としては「尚、足るを知らず」な又左衛門で終わってほしい


859 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:10:41 ID:???
金子と貝谷

860 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:29:10 ID:vjaH4/Zr
なぜここまでつまらなくするのか
原作どおりのストーリー、配役になぜしない

861 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:43:54 ID:???
つまらん

862 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:44:01 ID:???
無難に着地したって感じ
鞍馬天狗の予告こなかったな

863 :858:2007/12/06(木) 20:45:18 ID:???
まぁ こんなもんだな
良い終わり方だったな

864 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:46:23 ID:???
結局、又左は影響力を保持したまま隠居か…。桑山家を相続した次男もスムーズ
に昇進出来るだろうな。政権を禅譲された新筆頭家老も遠慮があるだろうから、
組頭か中老に登用されるかも…。

865 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:47:12 ID:???
食えぬ男よのう。

866 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:48:05 ID:???
よく第3回目までの大不評から復活したな!

867 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:49:45 ID:???
もう一回欲しかったな


868 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:50:13 ID:???
あれって杉山はナントカ先生のことを知っていたってこと?
逃がしたのは杉山なの?

869 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:50:18 ID:???
原作を穢さないでくれ!
・・・・・・わやにしおった

870 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:50:23 ID:rllY4ZHF
これって”老い“がテーマなの?

どうでもよいけど来週から二回やるドカタの最期?クソだな

871 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:50:35 ID:???
>>869
しつこいよお前w

872 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:53:05 ID:???
>>869
お前 第一回からそればっかりだろ



873 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:53:40 ID:???
今日は最初の10分だけでもよかったな

874 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:53:45 ID:???
盤嶽の一生見れば良かったorz

875 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:55:25 ID:???
最後、老人問題になるのはなんか違う気がした。
見た目もエネルギッシュな佐藤浩市が老いたと言われても違和感が。
これからバリバリ働くぞと言う方が良い。

876 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:56:55 ID:???
陽炎の続編も期待出来そうだな。あ、でも
これからは30分時代劇か・・ orz

877 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:59:34 ID:???
予告見たとき、陽炎のスペシャルかと思って武者震いしたが
新撰組!!だった。

878 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 20:59:57 ID:???
市之丞が息絶えた処で終わりにしておこ……

879 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 21:02:24 ID:???
>>878
そのMADをニコニコに上げてくれ。

880 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 21:13:06 ID:???
最後の方蛇足すぎる
隠居で終わりって、全体のカラーまでも変わるだろうが
ケケ山が原作と終わり方変えると言っていたのはこれか

881 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 21:17:46 ID:???
足るを知らずとは、隠居して楽しく第二の人生を歩くということかw
NHK的ぬるい団塊の世代向け応援番組で、深みも何もないよ・・・。

882 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 21:23:23 ID:???
政治や隠居の話は蛇足だったと思うけど、
生き残った3人が、長年黙っていた本音を出したような感じはよかったと思う。
庄六が特に。


883 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 21:32:54 ID:???
杉山家は家中屈指の名門だし、その程度の情報収集力があっても不思議ではな
い気がします。あの学者(?)は現職執政が擁護する程の大物だし、脱藩やその後
の事態は公然の事実だったのでは?

884 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 21:36:09 ID:???
忠兵衛との会話ではまだまだ隠居せんぞって感じだったのになあ


885 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 21:41:42 ID:???
庄六が最後に魅せたなぁ

886 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 21:49:11 ID:???
庄六ええ人やあ
忠兵衛は「帰れ!!」ばかりでワロタ

887 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 21:50:48 ID:???
>>881
>団塊の世代向け応援番組
同じことオモタ

杉山との喧嘩シーンがあったので「やっぱ隠居するわ」ってのが唐突で肩すかしくらった感じ

888 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 21:55:04 ID:???
庄六の目線=藤沢周平だな


889 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:05:53 ID:???
又左、キレてケンカするくらい元気なんだから、
まだまだ働けるだろ!て思った
せっかく必死で生きてきたのに・・・・・・

890 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:11:23 ID:???
毎回45分間の中で
気がつくと画面に吸い込まれるように見入ってる時があった。
いい作品見せてもらった。

891 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:11:33 ID:???
良い最終回だったんでは?蝉しぐれや馬の骨みたいに色々と解釈が別れる作品だし。

「原作を汚した」とか喚いてる方もいますが、これも一つの作品ですし肩の力を抜いて、原作を忘れて見れば違った見方もできるかと



>>888
たぶんそうかと俺も思う。彼は権力とかそういうものを毛嫌いしてた節があるし

892 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:13:51 ID:???
忠兵衛と話してたら、意地張ってというか、むきになって
「まだ辞めん!」と言っちゃったんじゃないかな。
あれは、あの二人らしい決裂の仕方だったと感じた。
実際はあの場面でも、辞めてもいいという気持ちはあったのだと思う。
それが野瀬の言葉を思い出したり、庄六と話したりする中で、
どこかふっきれていって、最後のシーンにつながっていったのではないかという気がした。

893 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:25:11 ID:???
俺は脚本家の「風の果て」読後感想文を8週に渡ってみて
たんだな。「人生の引き際を考えましょう」という・・。



894 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:25:14 ID:???
最終回も涼風真世が登場 乙


895 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:25:24 ID:???
結局時代劇ながら、中身は現代の企業っぽいやりとりな気がした。

ふきとの別れが一番グッと来た。

896 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:27:55 ID:???
>ふきとの別れ

大人の男女はこんなふうに別れるものなのかと
しみじみ参考になりました

897 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:28:18 ID:???
ドラマの又左は恬淡として且つ最良の退き際だよな。政争で傷つく事もなく、
主君の信頼を保ったまま引退したんだもんな。政権を譲った執政たちも、暫く
は又左に遠慮してくれるだろうし。会社でいうなら社長職を退いて取締役相談
役に就任したようなものか?桑山家も藩政の枢機に参画する家格になったみたい
だし、理想的の出処進退だよ。

898 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:30:13 ID:???
又左が隠居の決断は、ふきが原因


899 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:37:38 ID:3ZhDNBU1
突然ですけど
原作に近い形で「たそがれ」作ってくれんかな。
NHKなら山田に遠慮はいらんだろ。



900 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:45:53 ID:N1h6EeZV
>>899
それ大いに賛成。
山田は妙な思い入れを無理やり突っ込むからドラマがつまらなくなる。


901 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:51:55 ID:???
さらば……
このスレ凄く居心地良かったよ
楽しかった

902 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:52:16 ID:???
みなさんは又左衛門と庄六のどちらの生き方をりそうとしますか?自分は剣も
出来なければ女も居ない市之丞です。しかも、欲も捨て切れない為に他人の思
惑に踊らされ右往左往している情けない小物…。


903 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 22:57:22 ID:xoVfpDpP
毎回食い入るように見てた。
こういうドラマはどこか人生の糧を与えてくれるような気がする。
さすがNHKと思っていたのにまさか来年から放送枠が短縮されるとは。
もう失望の極みだよ。
何が若者向けに、だ。
ここに骨太時代劇好きの若者がいるわけですが、そうですか無視ですか。
もし民放のように幼稚化するならもうNHKも見ないよ

904 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 23:05:33 ID:???
面白かったわ
ラストはヌルくなったが、NHKだし、こんなもんかな
原作読んでないけど、友達全員失っても権力の座は心地イイものだってな
終わり方するんだろ?

905 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 23:18:52 ID:???
満江が入れた『桜湯』は、人間も桜のように散り際、引き際が肝心・・・って言いたかったの?


906 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 23:19:19 ID:RLWPkNKQ
とりあえず全話録画しながら楽しんだよ。
面白かった。哀しかった。
十年たったらもういっぺん見ようと思う。
きっと違った楽しみ方ができると思うから。

907 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 23:21:54 ID:???
>>905
あーそういう意味だったのか!


908 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 23:22:22 ID:???
毎週が楽しみだった。
と言うことは、オレにとってはいいドラマだったってコトだな。

909 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 23:33:35 ID:???
>>905
そうか。そういうことでしたか。
こんなことに気付けなかったことが悔しい。

まあ散り際考える前にまず花咲かせなきゃならない立場なんで
しょうがないということにしとこ

910 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 23:55:56 ID:???
脱藩したヤツを斬り損ねた日が、たまたま市之丞の命日の前日なんて・・・
最後に作り話くさくなった


911 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 00:18:27 ID:b4HsrtX5
毎週楽しみにしてた俺も10代の若者なんだけどな
てか友達みんな見てたよNHKおかしくねー?

912 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 00:25:48 ID:???
桑山と杉山の言い争いのシーンが、何だか子どものケンカみたいで
可愛かった

913 :449:2007/12/07(金) 00:28:45 ID:???
庄六はいい奴だな
又左衛門と忠兵衛はお互いの葬式に行かない可能性があるけど
庄六の葬式には絶対に駆けつけるだろ



914 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 00:39:29 ID:???
庄六が普請組の上役に陰湿で執拗なイジメを受けて抗議の自害をしたら、又も
忠も、その上役を叩き潰す為に協力しそう。

915 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 00:45:56 ID:???
なんか庄六の通夜の夜、位牌の前で過ぎた日を懐かしみながら二人で酒
を酌み交わす老いた二人の姿を想像してしまった。

916 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 00:47:37 ID:???
脚本家は、原作を読んで納得できなかった部分を
自分なりに解釈して描き直したかったんだろうな

917 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 00:49:42 ID:???
やっと仕事から帰ってきたよ。やれやれ。
最終回、今から観る。

918 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 00:50:04 ID:???
仲村トオルも最初は?と思ったけど最終回まで通して見てキャスティングに納得がいった。
良い役者が揃って良い演技をして良いドラマになったね。
短い間だったけど堪能させて頂きました。

919 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 01:51:12 ID:???
>>905
そうかー!
桜湯になんか意味はあるんだろうとは思ったけど
それが何なのか気になってたんだよ。
なるほど、なるほど。

>>912
若い頃の付き合い方に戻ったようで。


920 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 01:56:14 ID:???
俺は高校生です。
この8週間の木曜8時は夜遊びに行かないで家にいて
爺ちゃん婆ちゃんと必ず見てました。

爺ちゃんが原作を文庫で持ってたから今週から読み始めたけど
自分が読めない字が多いことにいまさらだけど気づいた。

921 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 02:01:03 ID:???
又左と市の丞。
又左が「すまない」と謝って、
市が真正面向いたまま、つーっと涙が流れるのは
胸がつぶれた。
又左に切られる市を見て、
泣きたいような、よかった。と
微笑みたいような気持ちになった。

922 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 04:12:35 ID:???
>>920
自分も藤沢作品は高校時代にであったからのんびりお読みなさい

ドラマは一番地味に終わりそうな庄六が存在感あってよかった

923 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 09:18:53 ID:???
人生の含蓄が多く含まれた良い作品でした。DVDが出たら買います(`・ω・´)


あと、「風の果て〜老いても〜春の夢」の全文わかる方いますか?

924 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 11:01:53 ID:???
あがくジジィを新選組!で「ジジィはすっこんでろ」と言った佐藤浩市にやらせたのも面白かった。

925 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 15:09:18 ID:???
なんか付けたしのようなどうでもいい最終回だったな。
開墾の開始から御前会議で杉山失脚までのあたりが最高に面白かった。



926 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 15:19:31 ID:???
最初の頃はガキの演技ばかりで我慢できずチャンネルを変えてしまっていた
それでも佐藤が出てきて、エンケンも出てきて、やっと観るようになった
杉山との対決が山だったなぁ…よかった、その前のタイゾウヶ原の開墾で
殿様から褒美をもらったあたりの映像もよかった、事実なら凄いぞ。

927 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 16:13:17 ID:???
桜湯か・・・
ではなく又左のせりふは散り際か・・・
ぐらいにしておかないと、ほとんどの人間がわからんぞ、NHKよ。
説明っぽいのは幻滅なんだろうが、格好をつけると気づかんやつが多いぞ。

なんとなく桜そのものを見上げるような場面なら、いわゆる暗喩となるだろうけど。


928 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 16:26:27 ID:???
すみません、
刀で切られて水を呑むのは自殺行為なのですか?

929 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 17:15:07 ID:???
>>903
俺も30だから若者じゃないかも知れんが
骨太ってのには強く引かれる。

ハゲタカも凄く良かったし、
風林火山も評判いい見たいだし、
ドラマに関してはこのまま行けば良いのになと思う。

ただなぁ、殺陣がしょぼいのは駄目だわ。
少なくともカメラワークでごまかすくらいやって欲しかった。

930 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 17:58:49 ID:???
>>928
瀕死者に水を飲ませると死ぬとは言うな
だから、戦時中原爆直後に被害者とかに水を飲ませるなとかいう話があったような

931 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 18:14:20 ID:???
>>927<又左のせりふは散り際か・・・ぐらい

そんなモッサイのイヤー。
別にいいと思うよ、はっきり言葉に出さなくても。
桜湯を見て何かを感じたぐらいがわかれば。

932 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 18:36:34 ID:???
体が冷えて心拍数が下がるぐらいしかわからん
練習中は水を飲むなと同じような言い伝えではないのか

933 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 18:54:13 ID:???
風の果て 11.9

平均10%超えオメ

934 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 18:54:46 ID:???
>>930 それは爆撃での火傷せいじゃなかったかな。
あと「水欲しい」の一念で生きてるから、水を与えると安堵でポックリ逝くとか。

935 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 18:56:11 ID:???
>>912 「ああ対等になった!」と感慨深かった。

936 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 19:08:44 ID:???
佐藤浩市 47歳
エノケン 46歳
仲村トオル42歳

仲村トオルはちょっと若いな、けど7回、8回の放送ではなかなか迫力のある演技だった。


937 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 19:15:44 ID:???
俺はてっきり死に水を取ってやるのかとおもた。

938 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 19:36:47 ID:???
エノケンというと

村中で一番のモボ

939 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 19:55:05 ID:???
>>937
オレも

940 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 20:15:10 ID:???
腹を斬られたとか撃たれて腸に損傷を受けたときに
水を飲むと拙いんじゃないかな


941 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 21:15:50 ID:???
今日、原作の最後の方だけ立読みしたけど、テレビの方が良かった
特に又左が忠兵衞をはめる一連の流れは、テレビの方が伏線作りの点で巧かった

942 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 21:29:35 ID:???
語りはマヨにすれば良かったのに
妖しげ女からクタビレおばさんまで
役者やノォ

943 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 22:10:23 ID:???
>>942
カワイ子ブリッ子も追加して

944 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/07(金) 22:35:14 ID:???
〉〉938
笑うと年がばれてしまうw

945 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 00:59:08 ID:???
来週からあのedが聞けなくなると思うと寂しいな

946 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 01:22:33 ID:???
>>941
『秘太刀馬の骨』のときにもそう思った。
ドラマが面白かったので原作も読んでみたんだが、いまいちでした。

947 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 02:50:23 ID:???
>>946
自分も同感…というか、原作をドラマ開始の
半年前に買って、読んでみたんだが
下巻に到達できずに挫折。
途中で読むのやめるなんて、藤沢作品ではじめてだった。
ドラマ終わったので、再挑戦してみようかな

「馬の骨」は、あの劇画タッチが受け付けないという
声もずいぶん聞くけど、
結構おもしろいドラマになってたと思う。
なにより役者陣ががんばってた

948 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 03:03:04 ID:???
最終回を堪能した。
青春を共にしたことはその後の人生がいかに違おうと大きい、
老境にさしかかった時、ふと甘えたり弱音を吐いたりしてしまう。
市の丞は隼太に俺を切ってくれと甘えた
桑山は杉山に弱音を吐きにいき、かっての日々のようにじゃれあった。
庄六にはみんな甘えていたな
それが 庄六の矜持を支えていたのかもしれないが
庄六はみごとに生きたな、と思う。



949 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 04:42:48 ID:???
>>947
馬の骨は推理物仕立てだから答が分かって読むとつまんないんだよ
でも原作はラストが好きだからドラマは悪いけど物足りない

950 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 06:14:11 ID:???
気持ちよくスレ交換したこの板も、もうすぐ落ちそうだな…。ありがとよ。寂しいよ。
HDD明日見るまで残っててくれ。記念にコピッとこ。

951 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 08:01:59 ID:???
板は落ちないだろう
レス交換したスレは終わりに近づいているが

952 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 09:27:26 ID:c9ef/Jjw
次スレを立てておいてもいいんでねえの?
再放送あるだろうから

もうすこし回数を増やして欲しかったな
12話くらいで
清左衛門残日録は14話
腕におぼえあり一部は12話




953 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 11:28:10 ID:GwDyFz2a
>>993
平均視聴率は、10.5%だった。
内容が地味で、裏のもうひとつのドラマ枠(京都地検の女)が好調の中、平均二桁は健闘したほうか。

風の果て.... 12.9__11.0__*8.6__*9.7__*9.3__*8.9__11.6__11.9(終)___平均 10.5

参考までに好評だった陽炎の辻

陽炎の辻..  11.8__13.0__12.6__11.0__*9.7__*8.6__13.0__11.4__11.4 _12.6__11.4(終)___平均11.5

954 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 12:20:42 ID:???
陽炎は放送編成ががたがただったのがかわいそうだったね
金曜の時はさすがに見逃した
しかしまぁ、それなりのもの作ればなかなかの数字は出るのに30分とはなぁ

955 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 12:33:56 ID:???
NHKが視聴率にこだわった編成になるのはおかしいよな。

受信料払ってるのはほとんどが若者じゃないんだし、
こういう番組を縮小しても、意味ないどころかますます反感かうよ。

956 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 12:42:43 ID:???
見る前から言うのもなんだけど
30分なんてまともなものを作る気が感じられない
二兎を追うものはなんとやら、だな

957 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 12:47:16 ID:???
>>949
「風の果て」も推理仕立てだよ。
まず又左に親友からの果たし状が届く。
その理由、動機はなんなのかと全編を通して読者は推理してゆく。

最初に犯人が明らかにされ、その動機の謎の解明をしていくタイプの推理小説もある。


958 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 13:34:01 ID:l5MXpQQw
野瀬は桑山が1人で立ち会ってくれたから斬られる事選択で
もしあれ大勢だったりしたら桑山毎斬り殺していたのかな?

959 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 13:45:04 ID:???
かもね。
けど当時の50歳過ぎというのはもう老人だから、逆に取り囲まれて討ち取られただろうね。


960 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 14:07:59 ID:???
原作よりTVの方が良かった、言ってる人がいるが
良い悪いは別として、原作があるからTVがあるので
原作があるから、観られる事ができる、
生前藤沢さんは、TV・映画化にするのは快く思っていなかった。


961 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 15:23:38 ID:???
又左衛門は何故果し合いを受けたのかな?

原作ではこのあたりどうなの?


962 :961:2007/12/08(土) 15:28:53 ID:???
何故又左衛門は果し合いに応じたのか

963 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 15:43:17 ID:???
それを考えるのが楽しいわけで。


964 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 15:52:17 ID:x1Reraox
>>962
基本は応じるしかない。
付随する理由は観ていて汲み取るしかないよね。
つーか、判れ。

965 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 16:01:46 ID:vnjRhUZu
エンケン、良かったけどこれに限らず、
たまに台詞が聞き取れないことがあってイラっとする。

966 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 18:31:06 ID:???
便乗して言ってもよかですか
エンケンの白髪交じりのそろえた前髪がイヤだwww

967 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 18:35:13 ID:+7wOf6nc
>>965
確かに聞きづらい時があるね 声が良いだけに残念
>>966
おー自分もそれ思ってたよ!老けたトッチャンボウヤw

968 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 20:44:01 ID:???
>>948
うーん。禿同

969 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 22:45:10 ID:???
NHKの枠、短縮は残念だけど
小説→数年後→ドラマ化で楽しむより
小説で十分楽しんでる私にはあまり影響ない。


970 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 22:49:04 ID:???
庄六役の人うまいね
又左衛門に俺お前で話そうと言われて
言葉遣いだけでなく声も変った

971 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 22:49:58 ID:???
オリジナル時代劇に力を入れて
視聴率よければNHK出版から
本を出しベストセラーという
パターンはどうですか?

972 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 22:55:32 ID:???
>>970
同意、良い役者さんだね。
他の役も含めてキャスティングが本当に素晴らしかった。
もう来週から見れないかと思うとかなり寂しい。

973 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 22:59:22 ID:EIV5RiWE
ドラマ放映最初の頃にほとんどストーリーのわかる番宣番組を見てしまい、
「これ、ドラマ見なくてもいいんじゃ?」って一瞬思ってしまったが、
やはり考えなおして見てよかったと思えるドラマでした。
今思えばNHKの人も出来に自信があるからこそ、
けっこう中身の濃いダイジェスト版みたいなVTR作ったのかなと。

974 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 23:08:46 ID:???
原作ありの番組ですから
ねたばれ番宣、ダイジェスト気にせんでも
いけたと思う。

975 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 23:20:32 ID:???
>>952
同意
もっと回数増やしてじっくりと描いてほしかったな

976 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/08(土) 23:53:18 ID:???
>>970
うん。 庄六役、良かった。
自分は初めて見る役者さんだったけど
NHKはこういうメジャーでないけど、イイ役者を起用するのが上手い。
っていうか、スポンサーにお伺いをたてなくいいNHKだからこそなんだけど。


977 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 00:44:05 ID:Z/+8oX0F
野添義弘を初めて見た人が居るんだ・・・・・

978 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 02:02:25 ID:???
>>977
え?え?有名な人だったの?
オレ、限られたドラマしか見ないから、よく知らないんだ。

979 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 09:19:37 ID:???
>野添義弘を初めて見た人が居るんだ・・・・・

そりゃあ、普通にいるだろう。
佐藤浩市をはじめてみたひとだっているだろう。
世の中、いろんなひとがいるし、いちいち珍しがって書き込むほどのことなのか?



980 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 10:41:28 ID:???
単に知ったかぶりしたいだけでしょ
相手にする必要ないよ

981 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 10:47:53 ID:???
別に気にする事はないと思う・・・俺だってエンケン知ったのは、
この時代劇だったしね。

つーか、今見てるアニメのナレータもエンケンだったとは思わんかったよorn



982 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 11:17:41 ID:???
時代劇のエノケンは初めて知った。
やくざものしか知らなかったので、あんなにいい役者だとは思わなかった。
まあ、Vシネマでも存在感はあったけどね。

983 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 11:27:58 ID:???
エノケンだと違う人になるわけだがw

自分もこのドラマでエンケンの名前と顔が一致した。
舞台の方でも見かけるゾ。上のほうで座頭市を書いていた人がいたが、
来春の蜷川演出『さらば、わが愛「覇王別姫−はおうべっき−」』
にも出るらしい。

984 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 12:16:19 ID:???
市之丞の若いころを宮迫が演じれば良かったんじゃね?

985 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 13:04:12 ID:qYVEuK29
隼太の実家の兄は出世してからまったく登場しなかったね?
原作でも下巻には出なかったような気がする。
筆頭家老にまで出世した隼太に対して、どういう態度を示すのかみてみたかった。
ただ、婿養子になることが決まったとき、今後は桑山殿と呼ばなければ、とかいってたかな?


986 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 17:22:05 ID:???
原作と佐藤浩市が好きで見ていた。
庄六の中の人は初めて知ったよ。
録画しておけば良かったよ。
また見たい。

987 :一夜づけ:2007/12/09(日) 18:41:43 ID:???
>977
大森さんって、ものしり〜

988 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 20:35:26 ID:???
このスレももうすぐ終わるなあ。
ドラマの結末のせいもあるのか、なんだか妙にしんみりした気分になってしまうよ(´・ω・`)
こんな気分になるなんて今までなかったから正直びっくりしてるんだがw


989 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 20:35:39 ID:???
庄六の中の人はズラじゃなければ判る人が多いかも。
三宅主催のスーパー・エキセントリック・シアター所属で
ちょい役でテレビによく出てるよ。


990 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 20:37:06 ID:???
>>981-983
遠藤さんはいろんなお仕事してますよね〜。
ナレーター、声優、舞台、時代劇、2時間ドラマ、Vシネマ・・・などなど。
ほんとすごい仕事量だよな〜と思います。
こないだ映画「クローズZERO」観たら、映画の冒頭が遠藤さんのアップで、ビビリつつも喜んだ。

庄六役の野添義弘さんは、どっかで見た人だよな〜とググッたら、劇団スーパー・エキセントリック・シアターの人だと知ってびっくり。
今年のSET本公演「昭和クエスト」 私、観に行ったのに全然気づかなんだ・・・orz
「昭和クエスト」での野添さんは、全身タイツ(黄色)着て大活躍でしたよ。
庄六役とのギャップがすごいわ〜〜w
本人ブログによると、NHK−BSで放送されるらしいから楽しみだ。

991 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 20:58:57 ID:???
再放送はBSかね どちらでも良いが早めにお願いしたい!
わがままかな


992 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 21:00:31 ID:???
次スレ立てようと思ったけど規制?で立てられなかったorz
どうせ再放送あるだろうから 次スレ立ててもいいんじゃね?
だれか立ててちょ


993 :親切な人:2007/12/09(日) 21:13:24 ID:???
ほい

【木曜時代劇】風の果て【佐藤浩市】其の三
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/kin/1197202305/

994 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 21:17:24 ID:???
>>993
ありがとん

995 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 21:33:40 ID:???
映画「あずみ」にもエンケンが出てたね
ちょっと笑ったのを覚えてる

996 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 21:35:14 ID:???
時代劇2板が見つからん。

997 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 21:45:00 ID:???
おれ、測量家が来た回からしか、しっかりみとらんのよ。
隼太時代がみてえ、みんなNHKに再放送リクエストしてくれ。

998 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/10(月) 00:22:47 ID:e+C+Hzit
なんとなく1話を見たんだけど、
誰が誰かわからないし地味だし、全然期待してなかった。
いまでは、見続けて良かったと思う。
次作はどうだろうか…

999 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/10(月) 00:25:51 ID:VaXtoOl2
次作は、まあまあでしょう。

1000 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/10(月) 00:57:54 ID:???
尚、足るを知らず

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

245 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)