2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もし芸人に不思議な力があったら5

29 :名無しさん:2006/08/29(火) 17:14:10
幕間〜夢〜

――誰だって自分の無力さを知りたくはない、のに。

耳を叩く微かな風の音に、山里は重い瞼を開いた。
薄暗い白に染まった視界に一瞬混乱した後、
自分が雪の中に半分埋もれているのだと気付く。
随分と長い間倒れたままだったのか、冷たさも痛みも通り越し、
痺れたような感覚が全身を支配していた。
身体は鉛のように重く、起き上がる気力さえ湧かない。
寒さのせいなのか、頭の回転も酷く鈍かった。
ここがどこなのか、自分が何をしていたのか思い出そうとするのだが、
自分自身でも苛々してくる程に何も浮かばない――
まるで、頭の中までこの重苦しい白に、塗り潰されたような。
ただ朧げに、ここに来た覚えがあるという事だけを思い出す。
記憶を辿る事を早々と放棄した山里は、視界を覆う白から
少しでも逃れようと、ほとんど感覚のない右手を
のろのろと動かし、レンズに張り付いた雪片を払う。
だが、目に映る風景は少しも変わらなかった。
恐らく夜なのだろう、辺りが酷く薄暗い中、微かな光を反射して
鈍く光る、一面の白。
(――――)
なぜだか、ぞわりと背筋を悪寒が伝った。酷い圧迫感を感じ、
冷え固まった足や腕を半ば無理矢理動かして、身体を丸める。
遠慮なく心の奥に踏み込まれる事に比べれば、一人で居る事の方が
ずっと楽なタイプだと、そう思っていたけれど――この場所は。
誰も居ない。何もない。ただ、ひたすらに、白いだけの空間。
どうして恐れるのだろう。そんな必要は、ないはずだ。
この場所を、望んだのは自分自身なのだから。
――あぁ、そうだ。望んだのは自分だ。
空白に近い記憶の中に、それだけが余りに唐突に浮かび上がった。
けれどその不自然さには気付かずに、山里はぼんやりと考えを巡らしていく。

427 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)